• 関連の記事

「タイヤ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイヤ」に関する情報が集まったページです。

タイヤを転がし続けて16年!? マルゼンCMが令和にバズる CM誕生のきっかけや16年継続した理由を本人に聞いた
センターの兄ちゃん……社長になったんか!(2024/6/1)

脱炭素:
住友ゴムと山梨県がタイヤ製造の脱炭素化で協業、水素製造装置を白河工場に導入
山梨県と住友ゴム工業は、カーボンニュートラルの実現に向け、水素製造システム「やまなしモデルP2Gシステム」で生産したグリーン水素を利用して、タイヤ製造の脱炭素化や水素エネルギー社会の構築に共同で取り組むことで基本合意した。(2024/5/28)

CAEニュース:
タイヤと車両の相互振動で生じるノイズの予測手法を開発
住友ゴム工業は、タイヤ転動シミュレーションの利用により、タイヤと車両の相互振動で生じるノイズの予測手法を開発した。静粛性能の向上により、快適性の改善及び開発工数削減などによる省資源化が期待される。(2024/5/23)

研究開発の最前線:
ブリヂストンがNanoTerasuを活用し材料や効率的なゴムリサイクル技術の開発を加速
ブリヂストンは、東北大学青葉山新キャンパス内に設けられた3GeV高輝度放射光施設「NanoTerasu(ナノテラス)」を活用しタイヤ材料の研究開発を開始した。(2024/5/20)

でかぁぁぁい! 車体よりも大きなタイヤを装備したカスタムバイクがモンスターすぎる
見た目のインパクトが強い……!(2024/5/21)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラは日本で受け入れられるのか? オーナーズクラブ代表に聞く「これまでの10年」と「これから」
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、Tesla歴10年余のベテランユーザー安川洋氏に、日本におけるTeslaの歴史や今後の展望などについて話を聞きました。(2024/5/9)

どうなってんだ!? 横回転するタイヤで前進するバイクに「美しい作品」「車輪を再発明」の声
乗りこなせれば自由自在に走ります。(2024/5/9)

モビリティサービス:
タイヤの摩耗を手軽に3次元で検知、村田製作所と住友ゴムが共同開発
村田製作所はタイヤの摩耗を3次元で可視化するタイヤ摩耗検知システムを住友ゴム工業と共同で開発し、2025年から住友ゴムのダンロップ直営店で実証を開始する。(2024/4/11)

空気入れのタイミングをお知らせ:
エッジAIを「自転車」に! STのマイコンと開発ツールを利用
STマイクロエレクトロニクスは2024年4月3日、同社のマイコン「STM32F3」およびエッジAI(人工知能)開発ツール「STM32Cube.AI」が、パナソニック サイクルテックが提供する電動アシスト自転車「ティモ・A」に採用されたと発表した。空気圧センサーを使わずに、モーターの回転数などから空気圧を推定し、タイヤの空気入れのタイミングを知らせる機能を実現したという。(2024/4/8)

自動車のタイヤに「液体窒素」を入れて走ったら……? 超スリリングな実験動画の“衝撃の結末”に驚きの声【海外】
ソワソワしながら見た。(2024/4/8)

AIに作らせた“ミニ四駆の最速セッティング”が参考になる……? タイヤが車体外に飛び出た前衛的マシンが好タイム
ネタかと思いきや参考になる部分も多数。(2024/4/4)

材料技術:
多様なトレッドパターンで耐久性や排水性を高めたオールシーズンタイヤ
コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、東京都内で記者会見を開き、同年2月15日に発売したオールシーズンタイヤ「AllSeasonContact 2(オールシーズン・コンタクト・ツー)」の製品特徴について発表した。(2024/3/18)

製造マネジメントニュース:
NTTとブリヂストン、デジタルツインなど3領域で技術共創
NTTとブリヂストンは、「デジタルツイン」「サステナビリティ」「タイヤを介した環境および人にやさしい街づくり」の3領域で、技術共創の取り組みを開始した。テーマごとに共同実験を進め、可能な領域については2024年から順次、社会実装を進める。(2024/3/11)

パンクしないタイヤ、いよいよ公道実証実験へ──ブリヂストン コンセプト発表から11年
ブリヂストンは、空気を充填しない次世代タイヤ「エアフリー」の実用化に向け、公道での実証実験を3月中に始めると発表した。(2024/3/6)

車の前でおしりを見せる牛、立ちはだかって…… タイヤを使った荒業に「かゆいw」「他のみんなも順番を待ってる」【英】
おしりをかくのも一苦労だね。(2024/3/5)

CAEニュース:
タイヤ付近の空気抵抗を可視化するシミュレーション技術を開発
住友ゴム工業は、タイヤ付近の空気抵抗を可視化するシミュレーション技術「タイヤ空力シミュレーション」を発表した。AIを活用し、走行車両のタイヤ付近の気流を可視化することで、空力性能を最適化するタイヤ形状の開発を進める。(2024/2/28)

ミニ四駆の動力をタイヤ1つに集約したら…… 嘘みたいな魔改造マシンに「普通に速い」「フロッピーディスクみたい」驚きの声
どうしてこうなった。(2024/2/19)

「冬用タイヤ装着」「急なハンドル操作や急ブレーキは避けて」 トヨタや国土交通省などが雪道に対する注意を呼びかけ
雪道での運転にはご注意ください。(2024/2/5)

EVのタイヤ摩耗、ガソリン車比で4〜5倍か また一つ課題が浮上した
電気自動車(EV)に関してまた一つ課題が浮上した。タイヤの摩耗がガソリン車に比べて4〜5倍だと米紙が報じ、話題になっている。これが事実なら、環境への配慮が売りのEVにとっては「不都合な真実」だが、実際はどうなのか。(2024/2/2)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラの運転支援「オートパイロット」って実際どうなの? 「モデル3」オーナーが感じた“能力の高さ”とは
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。(2024/2/1)

材料技術:
TOYO TIREがサステナブル素材の使用比率が90%のタイヤを開発、CO2由来のゴムも採用
TOYO TIREはサステナブル素材の使用比率が90%のコンセプトタイヤを開発した。(2024/1/19)

まるでヘビのような動き タイヤ200個を連結させたレゴ・ロボットに「とてもおもしろい」「なめらかな動きだ」
例え斜面であっても、スイスイ動きます。(2024/1/11)

自転車のタイヤを“スニーカー6足”に → ある意味案の定な結果に 走りはするものの……
お尻が痛そう!(2024/1/2)

届いたはずの新品タイヤ4本が見つからない…… 探してみるとまさかの場所に「きれいに入ってて草」の声
まさかそこにあるとは思いませんよね。(2023/12/28)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に潜む「ファントムブレーキ」という“幻影” オーナーが実際に体験した一部始終
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、関越道で自動緊急ブレーキを食らった話、Teslaの自動運転、「Hey Siri」でModel 3を操作する、といった3件のネタを取り上げます。(2023/12/17)

マテリアルズインフォマティクス:
タイヤ内のゴムとスチールコードの接着老化が発生する仕組みを解明
横浜ゴムは、タイヤの耐久性に関わるタイヤ内のゴムとスチールコードの接着部で劣化が起こる仕組みを解明した。接着老化が起こりにくい材料配合や新素材の開発を進め、タイヤの耐久性向上に活用する。(2023/11/22)

材料技術:
住友ゴムが水の有無で硬さが変わるタイヤ用ゴム材料の開発プロセスを語る
住友ゴム工業は、あらゆる道にシンクロする開発中のタイヤ用ゴム材料「アクティブトレッド」の技術説明会を開催し、開発のプロセス、設計思想、メカニズム、性能確認の手法を紹介した。(2023/11/17)

「廃タイヤ」を使ったグローブが発売 どんな商品なのか
廃タイヤをアップサイクルするブランド「SEAL」から、廃棄されたタイヤチューブと本革を組み合わせたグローブが登場する。(2023/11/11)

ジャパンモビリティショー2023:
タイヤの状態を検知するセンサーやパンクしても走れる“シール”付きタイヤ
横浜ゴムは、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、開発を進めるタイヤ内面貼り付け型センサー、高負荷小径タイヤ、エアロダイナミクステクノロジー、セルフシールタイヤ、未来のプレミアムスポーツタイヤを参考出品した。(2023/11/10)

ジャパンモビリティショー2023:
宇宙での走行を実現するオール金属タイヤ、接地体はらくだの肉球をヒントに開発
ブリヂストンは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で開発を進める月面調査用タイヤのプロトタイプや給電タイヤを披露した。(2023/11/2)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマ発が考える、二輪車の楽しさと四輪車の安定性のベストバランス
四輪車の開発を凍結したヤマハ発動機から、“複数のタイヤがあるモビリティ”のコンセプトが再び登場した。(2023/10/31)

TM NETWORKの代表曲「Get Wild」をAIでイラスト化した結果…… 「アスファルトタイヤを切りつけるモンスター」が誕生してしまう
愛のパズルを解けなかった世界線。(2023/10/30)

ジャパンモビリティショー2023:
低温下や水分でゴムが軟らかくなるタイヤ、乾いた路面にもシンクロ
住友ゴム工業は、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、サステナブル原材料比率が80%のコンセプトタイヤとあらゆる道にシンクロする開発中のゴム「アクティブトレッド」を用いたタイヤを披露した。(2023/10/26)

組み込み開発ニュース:
2種類の発電デバイスを活用し、幅広い速度域で安定電力を得るタイヤ内発電技術
住友ゴム工業は、タイヤの内側に静電気を利用した2種類の発電デバイスを取り付け、電力を幅広い速度域で安定的に供給することに成功した。実車による実験で、タイヤ空気圧監視システムの稼働を確認している。(2023/10/24)

そうはならんやろ! “スリッパ”をタイヤの代わりにした自転車が誕生 海外YouTuberが自作
想像したのと違った……。(2023/10/17)

動く姿は魔獣のよう 大きなタイヤがついた四脚ショベルカーのデモンストレーションがすごい
わくわくしちゃう……!(2023/10/2)

工場ニュース:
太陽光発電システムや再エネ電力を用いたEV専用タイヤの生産を開始
横浜ゴムは、太陽光発電システムや調達する再生可能エネルギー由来の電力を用いたハイパフォーマンスタイヤの生産を開始したと発表した。愛知県の新城南工場を「カーボンニュートラルモデル工場」にする考えだ。(2023/9/21)

材料技術:
CBとPBを890ナノ秒の時間分解能で計測に成功、タイヤゴムの劣化要因の解析で貢献
東京大学大学院、茨城大学大学院、住友ゴム工業は、タイヤのゴムに使用されるフィラーの1つであるカーボンブラックとポリブタジエンの動く様子を、世界最高クラスの速度である890ナノ秒(10億分の1秒)の時間分解能で計測することに成功したと発表した。(2023/9/6)

電動化:
ブリヂストンがEV向け技術を備えたタイヤをモータースポーツに初投入、MCN比率は63%
ブリヂストンは冠スポンサーを務めるソーラーカーレース「2023 Bridgestone World Solar Challenge」の概要について発表した。(2023/8/30)

長瀬智也、突然タイヤのカスをぱくり…… まさかの奇行に「ビックリしたんだけど」
もぐもぐ。(2023/8/11)

材料技術:
住友ゴムがタイヤセンシング技術を2024年に発売、米国企業と故障予知サービスも開発
住友ゴム工業は独自のタイヤセンシング技術「センシングコア」を自動車メーカーに新車用のソフトウェアとして2024年に販売開始する。現在は米国車両予知会社のViaductとセンシングコアを用いたトータル故障予知ソリューションサービスの開発を進めている。(2023/8/10)

製造マネジメントニュース:
日本ミシュランタイヤが群馬県に本社を移転、多様な働き方と通勤方法に対応
群馬県太田市内にあるR&Dセンター「太田サイト」に本社を移転し、2023年8月1日に登記を完了したと発表した。(2023/8/4)

これが未来の乗り物……? 18個のタイヤで走る虫みたいなバギーが爆誕 特許を取得して製品化を目指す
走破性は素晴らしいのですが……!(2023/7/31)

マテリアルズインフォマティクス最前線(2):
住友ゴムのMIはレシピ共有でスタート、今はタイヤのライフサイクル全体を対象に
本連載ではさまざまなメーカーが注力するマテリアルズインフォマティクスや最新の取り組みを採り上げる。第2回では住友ゴムの取り組みを紹介する。(2023/9/1)

金属3Dプリンタ:
日本ミシュランのAM共創拠点が地元企業と金属3Dプリンタ活用、新規事業を拡大へ
日本ミシュランタイヤは太田サイト内に開設した金属3Dプリンタによる積層造形技術の共創拠点「ミシュランAMアトリエ」を報道陣に公開した。(2023/7/13)

リサイクルニュース:
ブリヂストンが使用済みタイヤのリサイクル熱分解試験を開始
ブリヂストンは、イノベーション拠点「Bridgestone Innovation Park(東京都小平市)」内に実証機を導入し、使用済タイヤを熱分解することによって分解油や再生カーボンブラックを生成する取り組みを開始したと発表した。(2023/6/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ人は「激安タイヤ」を買うのか アジアンタイヤの存在感が高まるリスク
アジアンタイヤが日本で存在感を増している。大きな理由として「安い」ことが挙げられる。しかし、本当にそれでいいのかというと……。(2023/5/20)

材料技術:
革新的なタイヤ基盤技術「ENLITEN」を採用したタイヤが新型「エルフ」に採用
ブリヂストンは、いすゞ自動車の新型「エルフ」の新車装着用タイヤとして「R202」を納入する。環境性能と運動性能を兼ね備えたタイヤの装着により、環境負荷の低減や生産性向上を図る。(2023/5/18)

製造マネジメントニュース:
横浜ゴムがスウェーデンのタイヤメーカーを買収、OHT事業の拡大を図る
横浜ゴムは、スウェーデンで農業機械用と産業車両用タイヤなどの生産と販売を行っているTrelleborg Wheel Systems Holding ABを買収した。(2023/5/9)

“四角いタイヤ”の自転車 どうやって走るのかと思ったら…… 「いや、そう動くんかい」
とても現実感がない映像に見える。(2023/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。