• 関連の記事

「マネタイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マネタイズ」に関する情報が集まったページです。

ニコ動「クリエイター推奨プログラム」で2段階認証が必須に リスト型攻撃などを受け
ニコニコ動画の「クリエイター奨励プログラム」で2段階認証の設定が必須となる。不正ログインによる被害を防止する。(2021/12/28)

ディズニーの戦略に迫る【後編】:
ディズニー・マジックを生み出す方法 ウォルト・ディズニー・ジャパンのチョイ社長に聞くリーダーシップ論
ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。(2021/12/25)

「月額5000円乗り放題」にKDDIが“相乗り”する背景 MaaSの将来性と公共交通ならではの課題
KDDIと高速バス大手のWILLERが、オンデマンド型モビリティサービス「mobi」(モビ)を共同で始める。「月額5000円乗り放題」が特徴的だが、通信大手のKDDIが参入する背景と課題とはなにか。(2021/12/24)

ディズニーの戦略に迫る【前編】:
ウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長が明かす動画配信サービス戦略 「Disney+」で日本アニメを配信する狙い
ディズニープラスの新たな戦略とは何か。ITmedia ビジネスオンラインはウォルト・ディズニー・ジャパンのキャロル・チョイ社長に単独インタビューを実施。その狙いを聞いた。前後編でお届けする。(2021/12/24)

Marketing Dive:
Twitterの新CEOは“黒歴史”を払拭できるのか
新たにTwitterのCEOに就任したパラグ・アグラワル氏は、プロダクトに注力する姿勢を鮮明にしている。TwitterをZ世代や彼らをターゲットとする広告主にとって魅力的なプラットフォームにするためには、イノベーションが不可欠だ。(2021/12/24)

Spotify、ラジオ番組をPodcastに変換するツールのWhooshkaaを買収
Spotifyは、ラジオ番組を簡単にPodcast化するツールを手掛けるWhooshkaaを買収すると発表した。昨年買収したPodcast広告プラットフォームのMegaphoneに統合し、Podcastクリエイターの収益化を促進する。(2021/12/17)

Social Media Today:
「Pinterest」アクティブユーザー1000万人減 どうしてこうなった?
Pinterestの使用状況について見てみると、MAU(月間アクティブユーザー)の総数は第3四半期に4億4400万に減少し、直前の報告期間から1000万減少した。もっとも、困難な市場状況にもかかわらず、同社の収益は安定している。(2021/12/17)

ICT:
三菱地所が新会社を設立、歩き旅向けコンテンツサービスの提供を開始
コンテンツサービス会社の膝栗毛は、地域のにぎわいやコミュニケーション、コミュニティーの形成と活性化をサポートするサービス「膝栗毛」を開発した。(2021/12/17)

コネクテッドTV(CTV)、ポッドキャスト、スーパーアプリ他:
マーケターなら知っておきたい2022年モバイル市場における5つの予測
2022年のモバイルアプリ市場はどうなるのか。Adjust日本法人のゼネラルマネージャーとAdjust本社の各リーダーが解説する。(2021/12/17)

パナソニック、テレビの開発機種16%削減 生産委託で合理化
パナソニックは14日、ユーザーのニーズに即した商品開発に集中するため、今年度中にテレビの開発機種を16%削減することを明らかにした。テレビ事業では、これまでに欧州などの生産拠点撤退や低価格機種の生産委託を進めており、開発機種も絞ることで黒字定着へ向けて事業体制の再構築を図る。(2021/12/15)

マカフィーが発表:
2021年の10大セキュリティ事件、1位は?
McAfee Enterpriseが、2021年の10大セキュリティ事件を発表。クラウドの設定不備を狙った事件や、(2021/12/14)

ねとTube:
粘土で作った実寸大ポケモン「ナエトル」がすごいクオリティー ゲームの中から出てきたみたい!
ポケモンを粘土で造形しているねんどよしりんさんにお話を聞きました。(2021/12/12)

Meta、Facebookにユーザー収益化の「professional mode」と「Stars Store」
Metaは、Facebookのクリエイター向け収益化ツール「professional mode」と「Stars Store」を発表した。professional modeは個人アカウントでページ同様に収益化できるモード、Stars Storeは昨年から提供している投げ銭を購入できるストアだ(いずれも日本での対応は未定)。(2021/12/9)

モバイル決済で店舗改革:
ドコモに聞く「d払い」の店舗向け戦略 カギを握る「決済手数料」と「メルペイ」
NTTドコモのd払いの戦略について、同社ウォレットビジネス部長の田原務氏に話を聞いた。ドコモは9月1日以降に加盟した場合は13カ月間、手数料を無料にする施策を打ち出した。加盟店が急拡大している背景の1つとして、メルペイとの共同展開が挙げられる。(2021/12/9)

車載ソフトウェア:
ステランティスとフォックスコンが半導体を共同開発、グループ需要の8割をカバー
ステランティスは2021年12月7日、コネクテッドカーに関するソフトウェア戦略を発表した。コネクテッドカー関連で、2030年までに年間200億ユーロの売り上げ拡大を目指す。(2021/12/8)

製造マネジメントニュース:
中長期視点で事業の種を育てる企業に、パナくらし事業本部 CEOの品田氏
パナソニック くらし事業本部は2021年11月26日、報道陣による同社 くらし事業本部長 CEO 品田正弘氏への合同取材に応じ、パナソニックが2022年4月に予定している持ち株会社移行後の成長戦略などをテーマに説明を行った。(2021/12/8)

ゲーム感覚で設計:
たった1時間で設計ができる? 「家づくりアプリ」がいろいろスゴい
納期を劇的に短縮できる次世代の家づくりサービス「Nesting(ネスティング)」が22年春にローンチ予定だ。手掛けるのは建築テック系スタートアップ「VUILD(ヴィルド)」と共創型戦略デザインファームのBIOTOPE(ビオトープ)。ヴィルドの秋吉浩気CEOに「ネスティング」の構想を聞いた。(2021/12/6)

視点:
韓国エンタメ業界に学ぶグローバル成功の鍵
韓国のエンタメ業界がこれまで以上に世界規模で大成功を遂げているのには、アーティストやタレントの才能、作品性の高さは言うまでもなく、それに加えてエンターテインメントの事業としての成功要因を隅々まで押さえていることが背景に存在する。(2021/12/6)

アーカイブビジネスで収益化:
『AKIRA』大友克洋の初監督作品も上映 「角川映画祭」が新たなファンを獲得する理由
角川映画45周年を記念した「角川映画祭」が開催中だ。過去の作品をリバイバル上映する映画祭は、ビジネスとして収益をあげているだけでなく、名作を次世代に継承する意義もあるという。(2021/12/3)

Twitterの「スーパーフォロー」、Androidでも設定可能に
Twitterは、9月にiOSアプリで提供開始した「スーパーフォロー」をAndroidアプリでも設定できるようにした。スーパーフォローはフォロワーから月額料金を受け取ることができる収益化サービス。まだ一部のユーザーの間でのテスト段階だ。(2021/12/3)

TikTok、クリエイター収益化ツールを拡充 投げ銭などが可能に
TikTokがクリエイターのための収益化プログラム「Creator Next」を発表した。また、コンテンツにギフトを贈る機能と、クリエイターにチップを投げる機能も追加した。(現在、日本は対象外。)(2021/12/2)

3つのフォーマットを用意:
Facebook上の動画コンテンツにインストリーム広告を挿入可能に ブランドとクリエイター双方のメリットは?
Facebook上の動画コンテンツの前後や途中に挿入できる広告であるインストリーム広告を日本で提供開始。(2021/12/1)

かわいすぎる放送事故! 人間に化けたたぬきがネット配信する漫画が「和んで最高」「本当にあったら即登録する」
モフモフモフモフ(2021/11/27)

Gartner Insights Pickup(234):
データとアナリティクスを収益化する3つの方法
Dow Chemical、Turku City Data、ZF Group――3社はどのように発想を転換し、データの収益化に成功したのか。(2021/11/26)

新国立劇場の動画配信「当面は無料で」 オペラ、演劇など
新国立劇場は22日、主催公演の動画を配信する「新国デジタルシアター」を開設した。公演をより多くの人に届けるため「当面は無料」とする。(2021/11/24)

Twitterの投げ銭機能「Tips」、Androidアプリでも設定可能に
Twitterの投げ銭機能「Tips」がAndroidにも対応した。iOSでは9月から使えていた。Androidアプリの「プロフィールの編集」で有効にできる。(2021/11/20)

DX人材が足りない:
優秀なエンジニアを確保するために何をすべきか ニチガスに聞く“2025年の崖”を超える方法
ニチガスでは、もともと自社業務のデジタル化を目的に作った社内システムが、社外向けのサービスの開発につながった。その際、どんなハードルがあったのか。事業責任者に話を聞いた。(2021/12/14)

「炎上してもかまわない」 元Apple社長・原田泳幸氏がYouTuberデビュー 裏話や経営指南も
現Apple日本法人や日本マクドナルドホールディングスなどで経営トップを務めた原田泳幸氏がYouTuberデビューした。チャンネルでは過去の裏話や経営ノウハウなどを発信していく。(2021/11/16)

「炎上してもかまわない」元マクドナルド社長・原田泳幸氏、ユーチューバーデビューで独占告白 アップル、マック、ベネッセ時代の裏話や経営指南も
 アップルコンピュータ(現アップル)日本法人や日本マクドナルドホールディングスなどで経営トップを務めた原田泳幸(えいこう)氏 (72 )がユーチューバーデビューした。「プロ経営者」として実績を残した一方、批判も少なくなかった。私生活でのトラブルもあったが、何を発信していくのか。本人を直撃した。(2021/11/15)

日本でのMaaS普及、“ラストワンマイル”はデータ連携? Uberや国交省などが議論
国交省が旗振り役となって進めている“日本版MaaS”。交通事業者やデジタルプラットフォーマー、自治体が参加して進めるが、“日本版”たる日本特有の事情から、各プレイヤーが共通して抱える課題が明らかになってきた。(2021/11/15)

三木谷氏「楽天モバイルの23年単月黒字化は十分可能」と自信、povo2.0の影響は「ほぼない」
楽天グループが11月11日、2021年度第3四半期決算説明会を開催した。売上収益は前年同期比で12.6%増となる4069億円となったものの、基地局建設などモバイル事業への継続的な投資の結果、前四半期に続き営業損失を計上。三木谷社長は、単月黒字化は2023年に十分達成可能だとの見通しを示した。(2021/11/12)

Japan IT Week 秋:
ECショップ開設、どこまで簡単にできる? 「65歳の母でも使えるシステム」目指して
「飲食店を営んでいる65歳の母親から、ネットでも販売したいという相談を受けた」と話すのは、WIREBASE代表取締役CEO、中村伸志さんだ。母の願いを受け、中村さんは「ネコカートショップ」を開発した。どのようなサービスなのか?(2021/11/9)

Social Media Today:
YouTubeはクリエイターに毎年100億ドルを支払っている――急拡大「経済圏」で本当に儲けているのは?
YouTubeが世界経済への貢献を概説する新しいレポートを発表した。(2021/11/5)

Meta(旧Facebook)、クリエイター向け“Apple税”回避ツール提供開始
Meta(旧Facebook)は、Facebookページのクリエイター向けに「サブスクリプション」の購読料徴収で“Apple税”を回避するツールの提供を開始した。「Appleの30%手数料はクリエイターの収益化を困難にしてる」とザッカーバーグCEO。(2021/11/4)

急成長するBNPLの業界見取り図:
なぜペイパルはPaidyを選んだのか?  国内BNPLの今後の展望を歴史からひも解く
前編では、なぜBNPLと呼ばれる「後払い」が急速に伸びているのかを、その課題と共にチェックした。後編では、日本国内における「後払い」の特徴をその歴史からひも解きながら考察してみたい。(2021/11/3)

スピン経済の歩き方:
「日本のアニメ」は家電や邦画と同じ道を歩んでしまうのか
技術や品質が「下」だとみくびっていた相手に、いつの間にか追い抜かれてしまう。そんな悪夢がやって来るのだろうか。白物家電や邦画が追い抜かれたように、「日本のアニメ産業」も負ける日がやって来て……。(2021/11/2)

郵便局に初のファミマ店舗 無人決済、全国に拡大検討も
人件費を抑えたコンビニを併設することで郵便局の利便性を向上させる。日本郵便は全国の郵便局の生活インフラとしての活用と収益化の方策を模索しており、その一環。(2021/11/1)

「100万円も夢じゃない」朝倉未来、新たに立ち上げたチャンネルの収益を公表 全額募金を予定
目下好調とのこと。(2021/10/30)

オリエンタルランドの上期決算:
「トイ・ストーリー」のホテル、舞浜に22年4月開業 変動価格チケット制は「今後もバランス検討」
オリエンタルランドは、映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにしたホテルを2022年4月5日にオープンする。10月にはチケットの価格変動制も見直すなどしていて、来園者1人当たりの収益増を狙う。(2021/10/29)

スマホを持って移動するだけでポイント付与 「Miles」が成り立つのはなぜ? 社長に聞いた
スマートフォンを持って移動するだけでポイントがたまる「Miles」が日本上陸した。Milesはポイントシステムを使った提携企業への送客サービスとしてB2Bビジネスを展開している。(2021/10/29)

「5G」でのマネタイズの難しさ
「『5G』値下げ競争」早くも勃発 それでも通信事業者が稼ぐ“奥の手”とは
通信事業者各社は「5G」を刺激剤に、新たな伸びを見せようとしている。アジアを中心に早くも料金の値下げ競争が起こる中、5Gを安定した収益源とするために通信事業者が取り得る策とは。(2021/10/27)

朝倉未来がガチ回答「収益募金ってしないんでしょ」「なんのメリットがあるの」 急上昇ダブルランクインの新チャンネルが話題
10月14日にスタートしたばかり。(2021/10/26)

Facebook決算、「Appleの影響で」予想を下回る売上高 リーク文書による批判記事は「虚偽を描いている」とCEO
Facebookの7〜9月期決算は、売上高も純利益も2桁増ではあったが、AppleのiOS変更の影響で売上高は予想を下回った。第4四半期からはメタバース関連を別セグメントで報告する計画も発表した。(2021/10/26)

Twitter傘下のRevue、タイムラインからニュースレターを直接サブスクできるサービス開始
Twitterが1月に買収したRevueがツイートにニュースレターの購読ボタンを表示する機能を追加した。「購読する」をクリックするだけで直接そのニュースレターをサブスクリプションできる。Twitterによるクリエイター収益化の取り組みの一環だ。(2021/10/23)

3つの主要な能力が今後どうなるか:
2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大
Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。(2021/10/21)

製造業DX:
PR:進化を続けるサブスクビジネス、導入成功には経営陣の長期視点も必要
製造業にも求められるDXを推進する上で重要な要素になっているのがサブスクリプションビジネスの導入である。モノ売りからコト売りへの移行の実現に役立つだけでなく、顧客のサービス利用状況などを分析し、顧客満足を高めることにも貢献できるからだ。このサブスクリプションビジネスの導入の有力なソリューションとなるのが、タレス(Thales)のソフトウェア収益化ソリューション「Sentinel」である。(2021/10/25)

「鬼滅の刃」家庭用ゲームに配信ガイドライン、BGMなど楽曲を含む動画は削除対象に
アニプレックスは、家庭用ゲームソフト「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」の生配信や動画・画像の投稿に関するガイドラインを発表。権利の都合上、楽曲を含んで配信された動画は削除対象になるという。(2021/10/13)

「ハイブリッドワーク」への移行に挑む
テレワーク特需で稼いだZoomは、自社の“脱テレワーク依存”をどう進めるのか?
Zoomは自社のWeb会議ツールを使って、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワーク移行に取り組もうとしている。テレワーク特需の恩恵を受けた同社が考える、ハイブリッドワーク移行のポイントは。(2021/10/13)

Google Cloud Next '21で発表:
Googleのエッジ/オンプレミスはAWS Outposts型に移行? 「Google Distributed Cloud」発表の狙い
Google Cloudが、オンプレミス/エッジで「AWS Outposts」のような製品を発表した。 これまではソフトウェアオンリーの製品を展開してきた同社。 ハードウェア/ソフトウェア一体型の製品で、方向転換をするのだろうか。(2021/10/13)

あらゆるビジネスを「as a Service」に:
2021年のサブスクリプションエコノミーとZuoraの戦略
サブスクリプションへの取り組みはあらゆる業界で進むが、進捗の度合いはさまざまだ。Zuoraは、どのステージにあるビジネスでも支援できるよう、製品ポートフォリオを整えている。(2021/10/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。