• 関連の記事

「マネタイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マネタイズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
「かっこいい未来都市」ではない 正念場を迎える日本型スマートシティー
「スマートシティー」には先端技術が詰め込まれた未来都市というイメージもあるが、日本で主流になるスマートシティーはこうした未来都市とは別のタイプだと筆者は予想する。先進国だけでなく新興国でも進むスマートシティーとの比較から浮かび上がる、「日本型スマートシティー」の課題とは。(2022/6/24)

100秒1000円で脳波を買い取り、入場無料のイベント開催 主催企業の目的は?
アート企業のコネルが、来場者の脳波データを100秒当たり1000円で買い取るイベントを開催する。会場に専用の機材を設置。その場で100秒間脳波を計測するという。同社の目的は。(2022/6/23)

Marketing Dive:
Netflixで広告を見たい? 岐路を迎えた急成長企業の裏事情とは……
10年ぶりに会員数が減少に転じたNetflixの心変わりは、広告主やアドテク業界にも影響を与えている。(2022/6/23)

Meta、クリエイター向け収益化ツールの使用料徴収開始を2024年まで延期
MetaのザッカーバーグCEOは、クリエイターからの“Meta税”徴収を2024年まで延期すると発表した。また、「リール」クリエイターへのボーナスプログラムやブランドとのマッチングサービスの計画も紹介した。(2022/6/22)

ホロライブの切り抜き“公認”に切り抜き師は? 人気切り抜き師「なめたけニキ」に心境やこだわりを聞いてみた
驚異のアーカイブ検索能力の謎や編集時間など気になるアレコレを深堀り。(2022/6/23)

TelegramのMAUが7億人突破 サブスク「Premium」提供へ
メッセージングサービスのTelegramのMAUが7億人を超えた。サービス維持を目的に、サブスク版「Premium」の提供を開始する。アップロードできる容量やフォローできるチャンネル数などが2倍になる。(2022/6/20)

Snowflake、新アプリケーション群を発表 トランザクションデータの統合分析や開発者向け機能などをリリース
Snowflakeは、トランザクションデータと分析データを統合活用できる「Unistore」や、ネイティブアプリの開発や収益化が可能になるフレームワーク、Pythonのサポートを中心とした開発者向け機能などをリリースし、データプラットフォームを拡充した。(2022/6/21)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
モンスト脱却目指すミクシィ、ゲームの次が公営ギャンブルとスポーツ事業なワケ
今回取り上げるのはミクシィです。もともとは社名の通りでSNSの「mixi」として成長してきた企業ですが、その後は「モンスターストライク」が大ヒットしてモバイルゲームが中心の企業となっています。(2022/6/20)

「データを集める」より重要なことは? データドリブンな組織に共通する「7つ」の特性――ガートナー
ガートナーは、データドリブンな組織に共通して見られる7つの特性を発表した。データドリブンな組織を作るために多くの人が「まずはデータ集めだ」と考えるが、同社はそれよりも重要なことがあると指摘する。(2022/6/20)

最大の阻害要因は「変化に対抗しようとする組織文化」:
「データドリブンな組織に共通した7つの特性」、ガートナーが明らかに
ガートナージャパンは、データドリブンな組織に共通して見られる7つの特性を発表した。同社は、データドリブンな組織になるためには、何のためにデータドリブンになるのか、その目的を明確にすることが重要だと指摘する。(2022/6/20)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
「スイッチ買ったばかりなのに、もう次のハードが出るの?」 任天堂を悩ます次世代機の投入タイミング
4回に渡りゲーム企業の決算を取り上げて、日本のゲーム業界の現状と今後について考えていきます。今回取り上げるのは任天堂です。もちろんご存じの通りで「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」などのハードも製作していますし、「スーパーマリオ」や「どうぶつの森」などのソフトも製作している日本を代表するゲーム企業です。(2022/6/17)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
4年間で15%→36%に カプコンの営業利益率はなぜ急上昇したのか
今回取り上げるのはカプコンです。モンスターハンターやバイオハザードなどの人気ゲームを提供している企業で、家庭用ゲーム機向けのゲームソフトをメインに提供しています。営業利益の推移を見ると、20年3月期は大きく伸びていて右肩上がりで成長を続けています。どうして利益率が伸びていたのでしょうか?(2022/6/16)

製造マネジメントニュース:
脱炭素化などエネルギー変革が追い風、大型買収でさらなる成長を図る
日立製作所(以下、日立)は2022年6月13日、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに発足した「グリーンエナジー&モビリティセクター」の事業戦略を説明した。(2022/6/16)

ホロライブが「切り抜き動画」のガイドライン制定 制作者に登録求め、収益化も認める
有料コンテンツは特別に許可がない限り切り抜き動画は禁止。(2022/6/15)

VTuber事務所「ホロライブ」のカバー、切り抜き動画にガイドライン 順守すれば収益化もOK
バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは、同社のタレントやを使い作成される「切り抜き動画」のガイドラインを新たに制定した。(2022/6/15)

トランザクションと分析のサイロを崩す:
Snowflakeが新展開、トランザクションアプリのサポートとネイティブアプリケーションフレームワークを発表
DWHのSnowflakeが、新機能を通じてトランザクションアプリの開発をサポートすると発表した。また、Snowflakeの機能を活用したデータアプリを迅速に開発できるアプリケーションフレームワークを発表した。(2022/6/15)

Marketing Dive:
イーロン・マスク氏のTwitter買収は広告にとって「吉」か「大凶」か
TeslaのCEOは「言論の自由」を守ることを使命とし、有害だと不評を買っているTwitterのコンテンツモデレーションポリシーを緩和すると述べている。(2022/6/15)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
リアルマネートレードを収益化? スクエニがブロックチェーンゲームの本命といわれるワケ
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。今回取り上げるのは、スクウェア・エニックス・ホールディングス(以下スクエニ)です。ご存じの通り、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーで知られている企業です。(2022/6/15)

「LINEクリエイターアカウント」開始 著名人の収益化を支援
LINE公式アカウントに「LINEクリエイターアカウント」が新設。著名人やクリエイター、インフルエンサーの収益化をより強力に支援する。(2022/6/14)

所ジョージ、YouTubeチャンネルの閉鎖を発表 チャンネル登録者数17万人超えも「今日でおしまい」
お疲れさまでした!(2022/6/12)

クロスプラットフォーム開発の動向を解説:
FlutterとReact Native、どちらに勢いがあるのか そしてDartは
調査会社のRedMonkはオープンソースフレームワーク「Flutter」の動向を分析、解説した。Googleが後押しするFlutterが、Metaが率いる「React Native」よりもクロスプラットフォーム開発で好まれているという。これがFlutterのベースとなっている「Dart」言語の伸びにもつながっていると分析した。(2022/6/10)

みんなの銀行開業1年 デジタル駆使 若者に浸透
「国内初のデジタルバンク」をうたう「みんなの銀行」が開業から1年を迎えた。デジタル技術を駆使して若年層を中心に支持を広げ、スマートフォンアプリのダウンロード数は100万件、口座開設は40万口座に上る。(2022/6/10)

Twitter、新製品発売予告ツイートにリマインダーボタンを付けられるテスト開始
Twitterは、新製品発売予告ツイートに発売日のリマインダーボタンを付ける新機能「Product Drops」のテストを米国で開始した。ツイートを見て製品を欲しいと思ったユーザーは発売日に通知を受け取り、買い逃さずに済みそうだ。(2022/6/9)

5Gの普及には「ミリ波」が不可欠の理由 通信速度だけでないメリット、Qualcommが解説
Qualcommは2022年6月8日にメディア向けラウンドテーブル「Qualcomm NOW」を開催。クアルコムジャパンの須永順子代表社長は、ミリ波はモバイルネットワークの費用効率化と品質向上をもたらすことを説明。5Gのポテンシャルを発揮できるミリ波を早期普及させることが不可欠だと力説した。(2022/6/9)

日本のカントリーマネージャーに聞く:
Pinterestで広告出稿、ブランドにとってのメリットは?
Pinterestが日本国内で「Pinterestアド」を開始。Pinterestが提供する広告商品は他のプラットフォームのそれとどう違うのか。あらためてPinterestの提供価値をおさらいしつつ、基本の部分から解説する。(2022/6/7)

みんなの銀行開業1年 デジタル駆使 若者に浸透
デジタル技術を駆使して若年層を中心に支持を広げ、スマートフォンアプリのダウンロード数は100万件、口座開設は40万口座に上る。(2022/6/6)

6つのオープンソースPaaS製品を比較【後編】
オープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の違いとは?
オープンソースPaaS製品を利用すれば、ベンダーロックインを避けつつ、クラウドインフラの構築や管理を効率化できる可能性がある。2つのオープンソースPaaS製品「Porter」「Rancher」の特徴を説明する。(2022/6/1)

シェアサイクル「Charichari」(旧メルチャリ)が熊本進出 経済活性化に市が期待、利用環境には課題
旧メルチャリこと「Charichari」が、熊本市でシェアサイクルサービスを始めた。同市初のシェアサイクル事業とあり熊本市は地域経済の活性化に期待を掛けるが、利用環境を見てみると普及には課題もありそうだ。(2022/5/27)

三陽工業とダイキンに取材:
白髪のおじさんがキュートに踊る? 企業がTikTokをやってみて、分かってきたこと
TikTokで採用活動を行うのはアリなのか、本当に効果があるのか。大手空調メーカーのダイキンと、「おじさん」TikTokを運営する三陽工業に話を聞いた。採用広報のニュースタンダードを考える。(2022/5/27)

「ニコニコ動画」と「YouTube」、どちらが稼げるか論争 ドワンゴCOOの見解が「めっちゃ真理説いてる」などと話題
動画クリエイターにとって、主要な動画投稿サイト「ニコニコ動画」と「YouTube」のどちらが稼げるのかという論争に関して、ニコニコ動画の代表で、ドワンゴの栗田穣崇COOの見解が「めっちゃ真理説いてる」などと注目を集めている。(2022/5/26)

Retail Dive:
Amazonの新サービス「Buy with Prime」 小売業者への“わな”か、それとも福音か?
Amazonが自社サイト「Amazonマーケットプレイス」以外からの購入時にもプライム特典を利用できるサービスを開始した。「これは小売業者にとって『わな』だ」との指摘がある一方で、小規模な小売業者にとってはメリットがあるとの声も上がる。その理由とは。(2022/5/25)

データで導くプライシングの技術(4):
収益力を考えた価格管理は何を優先すべきか
今稼ぐ力を最大化するための価格管理において何を優先すべきだろうか。価格決定に影響する要素から何をどう優先するかその判断指針を整理する。(2022/5/31)

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

「ファスト映画」投稿者3人に5億円の巨額損害賠償請求 東宝、日活など大手13社が提訴
YouTubeでの動画再生数は1027万回に及び、被害額は20億円とも言われています。(2022/5/19)

Marketing Dive:
「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高額な手数料設定の背景にはどのような事情があるのか。(2022/5/19)

「チャージマン研!」配信の公式YouTubeチャンネル、収益化はく奪解除、プレミア動画配信再開へ
5月12日に動画の収益化をはく奪されたことを公表していました。(2022/5/17)

「チャージマン研!」配信の公式YouTubeチャンネル、収益化はく奪される ネット「ジュラル星人のしわざに違いない」
配信会社は再審査請求するとのこと。(2022/5/13)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

動画バブル時代のマーケティングメソッド:
B2B動画マーケティング 「オウンドメディア」だからこそできること
マーケティングファネル全体で動画を活用するならば、YouTubeやSNSだけでなくオウンドメディアの活用が不可欠。これはとりわけB2Bにおいて重要です。(2022/5/9)

グリーンモビリティの本質(3):
勝ち残るためのCASEを超えて、社会コストを低減する「全体最適」への協力を
本章では、社会コストの低減に向けた全体最適の実現の考え方と最新トレンドの見立てを紹介する。(2022/5/9)

TikTok、クリエイターに収益分配の新広告サービス「Pulse」
TikTokは初のクリエイター収益分配広告サービス「TikTok Pulse」を発表した。フォロワーが10万人以上のクリエイターに、広告収益の50%を分配する。(2022/5/5)

『不思義の国のアリス』手掛ける:
HYDEが心酔した画家・金子國義 美術を守り続ける息子の苦悩と誇り
L'Arc-en-Cielのhydeさんが“心酔”した画家が、2015年に78歳で亡くなった金子國義画伯だ。金子画伯は、『不思義の国のアリス』などを手掛け、退廃的で妖艶な女性の絵画を多く残した。その作品を管理し、販売している金子画伯の息子である金子修さんに、アートビジネスの現場の苦労と、芸術を受け継いでいく難しさを聞く。(2022/5/7)

Social Media Today:
YouTubeがもっと稼げる機能を追加 ライブ配信強化は切り札になるか
YouTubeがライブストリーミングにまつわる機能を強化している。他のプラットフォームにできることはYouTubeにもできるとなれば、ユーザーもクリエイターも選ぶのは当然……。(2022/5/2)

「Web上に記事が残らない」ことは何が問題なのか
Engadget日本版の記事が4月末に全て削除されてしまうことで、Webから記事が消えてしまう問題が大きく取り上げられた。西田宗千佳さんがこのテーマについてまとめた。(2022/4/28)

Meta(旧Facebook)は1桁増収2桁減益 メタバース収益化は長期計画とCEO
Meta(旧Facebook)の1〜3月期決算は、増収減益だった。売上高増が1桁になったのは上場以来初。FacebookのDAUは増加に転じた。(2022/4/28)

製造マネジメントニュース:
日本電産はE-Axleを2023年度に黒字化、ステランティスとの合弁事業も貢献
日本電産は2022年4月21日、2021年度(2022年3月期)の連結決算を発表した。売上高は前期比18.5%増の1兆9182億円、営業利益が同7.2%増の1715億円、当期利益が同12.2%増の1369億円で、いずれも過去最高を更新した。(2022/4/22)

売り上げ、利益過去最高も:
永守氏が日本電産CEOに復帰、業績「満足できるものではない」
日本電産は2022年4月21日、2022年3月期(2021年度)通期連結決算の説明会を開催した。売上高は前年比18.5%増の1兆9182億円、営業利益は同7.2%増の1715億円、純利益は同12.2%増の1369億円でいずれも過去最高を更新した。同社は、同日付で会長の永守重信氏がCEO(最高経営責任者)に復帰するとも発表。永守氏は、現在の株価や業績について「満足できるものではない」と語った。(2022/4/22)

定額乗り放題サービス「mobi」がエリア拡大 au限定にせず、“新たな移動の目的”を作る
WILLERとKDDIの合弁会社Community Mobilityは21日、相乗り交通サービス「mobi」が展開予定の全国22エリアを発表した。(2022/4/21)

製造マネジメント メルマガ編集後記:
ハード開発でもソフト開発でも変わらぬ「モノづくりの本質」
一見、縁遠く見えても、実は根っこの部分は同じなのかもしれません。(2022/4/19)

Weekly Memo:
DX推進「出島」方式はなぜ消えた? 失敗があぶり出した経営と現場の温度差
全社でDXに取り組み始めたものの、どうすれば成果を挙げられるのか。こんな暗中模索の企業も少なくないのではないか。日本IBMのDXコンサルタントから聞いた話を基に、その解決策について考察したい。(2022/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。