• 関連の記事

「生産体制」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

セーレン・川田会長の革命【前編】:
「このままではつぶれる……!」 繊維業界の常識を壊して倒産危機を救ったセーレン・川田会長の革命
明治維新以降、日本の基幹産業だった繊維は、1970年代ごろから衰退の一途をたどった。染色加工が中心だったセーレンもそのあおりを受けて倒産寸前に。この窮地を救ったのが、当時社長に就任したばかりの川田達男氏だった。同氏が起こした「革命」とは。(2022/1/19)

工場ニュース:
中国武漢市に生産能力年12万台のEV専用新工場を建設、2024年稼働開始予定
本田技研工業は、中国において四輪自動車の製造と販売を手掛ける東風本田汽車が、EV専用の新工場を建設すると発表した。完成車の高効率な一貫生産や、再生可能エネルギーの活用が可能なスマート工場となる。(2022/1/18)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(4):
【第4回】人口減時代を乗り切る、地場ゼネコン2社の“サステナブル・モデル”事例報告
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第4回は、地場ゼネコン2社の他には無い好対照の独自ビジネスモデルを例にとり、地方建設会社がいかにして持続可能性のある事業展開ができるのかを考察していく。(2022/1/12)

3月22日出荷分から:
大王製紙、「エリエール」商品を15%値上げ 約2年半ぶり、原材料価格の高騰などで
大王製紙は「エリエール」ブランドで販売するティッシュやトイレットペーパーなど家庭向けの紙製品を、3月22日出荷分から15%値上げすると発表した。同社は原材料価格の高騰や、物流コストの上昇を要因としている。(2022/1/11)

泡立ちも改善:
アサヒ、「生ジョッキ缶」生産体制を強化 昨年の5倍に
アサヒビールが「生ジョッキ缶」の生産体制を強化。年間製造数量は約1290万箱で、昨年の5倍に相当する。泡立ちもよくして、飲み口全体が泡で覆われるまでの時間を半減させる。(2022/1/10)

「生ジョッキ缶」生産量5倍に 泡立ちすばやくリニューアル
アサヒビールは、自然に泡が発生する「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の生産体制を強化、今年は去年の5倍を出荷すると発表した。商品もリニューアルする。(2022/1/7)

ホンダが武漢に初のEV専用工場建設へ 年内着工で24年稼働開始
ホンダの中国現地法人が中国湖北省武漢市でEVの専用工場を建設すると発表した。世界最大の自動車市場である中国ではEVの販売拡大が見込まれており、ホンダは工場の新設など事業拡大へアクセルを踏んでいる。(2022/1/7)

「カレーパングランプリ」で“どら焼き”が受賞!? 「和菓子かどうかも怪しい」どら焼きを作った富山の和菓子屋さんの挑戦
未知の領域への挑戦、その背景は。(2021/12/29)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「半導体」「品質不正」以外に、脱炭素やパナ動向も読まれた
2021年の製造マネジメント記事ランキングの補足です。(2021/12/28)

工場ニュース:
富士電機、システム事業拡大に向けてプラントシステム棟を新設
富士電機の東京工場に新設された「プラントシステム棟」が稼働を開始した。現地再現性を高めた検証システムを充実させており、プラントシステムの開発、生産体制を強化してシステム事業を拡大する。(2021/12/28)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

JFE柿木社長を直撃【前編】:
JFEホールディングス柿木厚司社長を直撃 高品質の鉄鋼製品を安定供給できるメーカーに
国内の鉄鋼需要が減少する中で、大手鉄鋼メーカーは生き残り策を模索している。本業の鉄鋼生産は二酸化炭素を多く発生させるため、大幅な削減策の実行を迫られている。今の時代を「創業以来の最大の変革期」と捉え、この数年で過剰だった製鉄設備を再編するなど大胆な社内改革を実践している柿木厚司JFEホールディングス社長にインタビューした。(2021/12/24)

高根英幸 「クルマのミライ」:
旧車ビジネスが拡大するワケ レストアでクルマは新車状態に
日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。(2021/12/20)

IIoTの課題解決ワンツースリー(8):
トヨタの具体事例から見えてくる、データ動線整理の重要性
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介している。第8回では、「IoT活用に向けたデータ動線整理」について、トヨタ自動車の工場へのSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)導入事例を通して解説したい。(2021/12/20)

工場ニュース:
中国子会社に積層セラミックコンデンサーの新工場を建設、2023年稼働予定
太陽誘電は、中国江蘇省の子会社、太陽誘電(常州)電子に、積層セラミックコンデンサーの新工場を建設する。将来の需要増への対応、省エネや創エネなどを通じた温室効果ガス低減に貢献する環境配慮型の最先端工場になる。(2021/12/16)

アナログLSI、トランジスタの生産強化:
ローム、マレーシア工場での新製造棟建設を決定
ロームは2021年12月14日、マレーシアの生産拠点に新しい製造棟を建設すると発表した。(2021/12/14)

ドローン:
安全安心な国産ドローンは蒼天を駆けるか、ACSLが「SOTEN」を発売
ACSLがNEDOの公募事業「安全安心なドローンの基盤技術開発」の下で開発を進めてきた小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」を発表。2021年12月7日からドローン本体とオプション品の受注を開始しており、2022年に国内外での販売を進めて1000台規模の販売台数を目標に置いている。(2021/12/8)

サプライチェーン改革:
オリジナルG-SHOCK作成サービスを実現したカシオのサプライチェーンDX
キナクシスは2021年12月1日、サプライチェーンマネジメントのデジタル化をテーマとしたイベント「BIG IDEAS in Supply Chain|JAPAN」をオンラインで開催した。本稿では当日のプログラムから、カシオ計算機が展開する時計ブランド「G-SHOCK」のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を支えるDXを解説したセミナーを抜粋して紹介する。(2021/12/6)

品薄だったファミマの「ファミチキ」、12月14日に供給体制整う クリスマスチキンの予約も再開
製造国のコロナ禍が影響。(2021/12/2)

スマート工場最前線:
FA難民を救え! サイバーとフィジカルだけじゃないヤマ発のスマート工場【前編】
二輪車大手のヤマハ発動機は、スマート工場プロジェクトでPoCから前に進めないという苦い経験を経て、実際にモノづくりを行う現場の人々にとって実利の得られる形で工場をスマート化する取り組みを進めている。ヤマハ発動機 生産技術本部 設備技術部長の茨木康充氏に、プロジェクトを推進の考え方や仕掛けについて聞いた。(2021/12/2)

積層セラミックコンデンサーを生産:
太陽誘電、太陽誘電(常州)電子に新工場を建設
太陽誘電は、子会社の太陽誘電(常州)電子(中国江蘇省常州市)に新工場を建設し、2023年より積層セラミックコンデンサーの生産を始める。投資額(建屋のみ)は約170億円の予定。(2021/12/2)

工場ニュース:
世界的な需要増に対応すべく、CTA製人工腎臓の一貫生産工場を共同で新設
ニプロは、大館工場内にCTA製ダイアライザの一貫生産工場を東洋紡と共同で新設する。東洋紡が原料から製造した中空糸を、ニプロがダイアライザに加工して製品化する一貫生産体制とすることで、生産効率を飛躍的に向上させる。(2021/11/29)

「5つのムダ」から取り組むDX時代の真のカイゼン(2):
まずは「部分最適に固執する意識」をカイゼンしよう
本連載では製造業が取り組むべき、DX時代の「真のカイゼン」について解説する。第2回では生産現場でのカイゼンを通じて、企業全体でのDXを実現するために意識すべき点を紹介したい。(2021/11/26)

クラウドファーストを転換するケースも
“クラウドスマート”なHCIの狙いとは オンプレミスを再重視した三井化学の意図
「HCI」は製品の機能追加とともに、使われ方も多様になっている。クラウドサービスの利用が広がる中で、どのような点に注目すべきなのか。三井化学の事例を交えて紹介する。(2021/12/9)

メイドインジャパンの現場力(33):
“多様性”を改善の発想力へ、障害者雇用を強みに変えるオムロン京都太陽
日本の製造業でも働き方改革やダイバーシティが求められる中、障害者雇用で新たな改善のノウハウを蓄積しているのがオムロン京都太陽である。オムロン京都太陽が進める人中心の働き方構築への取り組みについて紹介する。(2021/11/24)

1Dモデリングの勘所(1):
モデリングとは何か? 設計プロセスと製品設計を通して考える
「1Dモデリング」に関する連載。連載第1回は、いきなり1Dモデリングの話に入るのではなく、そもそもモデリングとは何なのか? について考えることから始めたい。ものづくり(設計)のプロセス、製品そのものを構成する要因を分析することにより、モデリングとは何かを明らかにしていく。(2021/11/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自己流では勝てない。セオリーを学び、プロフェッショナルを目指せ
『世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた』に学ぶプロフェッショナルの戦い方。(2021/11/18)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(2):
日本の自動車産業はEV開発で出遅れていても商機を失ったわけではない
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「自動車産業」に光を当てる。(2021/11/11)

工場ニュース:
半導体製造プロセス向けガス精製装置の新棟を建設、生産能力1.6倍に強化
日本パイオニクスは、神奈川県の平塚工場内に、半導体製造プロセスで用いるガス精製装置の製作棟を建設する。新棟の建設により、生産能力は現行比1.6倍になる見込みで、大型ガス精製装置の需要増に対応する。(2021/11/10)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
テスラも仲間入り 「1兆ドルクラブ」の華麗なる面々
膨らむ株式市場の期待は、テック企業の先輩を凌ぐスピード。(2021/11/8)

工場ニュース:
電動アシスト自転車の生産能力を3割増強、パナソニック サイクルテックが柏原で
パナソニック サイクルテックは、大阪府柏原市にある柏原工場の生産体制強化に伴う設備投資を実施し、併せて環境負荷低減型設備の稼働を開始した。国内市場での電動アシスト自転車の需要増に対応する。(2021/11/2)

接種で生かされた「カイゼン」:
これも日本の技術力! ワクチン接種に生かしたスキルとは
国内で新型コロナウイルスワクチン接種を2回以上を終えた人は26日、全人口の7割を超えた。当初は各地でトラブルも目立った集団接種だが、改善を重ねてスムーズに進展。その裏には、日本の製造現場で培われた知恵が一役買っていた。(2021/10/27)

電気自動車:
EVの価格競争は「100万円以下のクルマを必要とする5億人」のためにある
日本電産は2021年10月26日、オンラインで2022年3月期第2四半期(2021年4〜9月期)の決算説明会を開催した。(2021/10/27)

工場ニュース:
高性能半導体向けパッケージの生産能力増強のため、設備投資を実施
新光電気工業は、高性能半導体向けフリップチップタイプパッケージとセラミック静電チャックの生産能力を増強するため、設備投資を決定した。今後、拡大が想定される半導体市場に向けて、設備投資を重点的に展開していく。(2021/10/19)

スマートファクトリー:
PR:「生産技術のインテリジェント化」を目指しIoTネットワークを構築した日産自動車
最先端の技術で「クルマの未来」を提案し続ける日産自動車。同社は、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の新開発パワートレイン生産ラインにおいて、IoTを活用した生産技術の革新に取り組んでいる。このIoTを制御するネットワークに採用されているのがシスコシステムズの製品だ。IT(情報技術)とOT(運用技術)を融合させた新たなネットワークは、次世代のクルマづくりのコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を実現する上で欠かせないインフラとなっている。(2021/10/11)

ホンダ、中国への新車種投入は全て電動車に 2030年以降
ホンダが、2030年以降に中国で新たに投入する四輪車は全てEVやHVなどの電動車にする計画を発表した。中国でEVシリーズを今後5年間で10車種投入し、生産体制の拡充へEVの工場も新設する。中国から世界の各市場に輸出することも視野に入れる。(2021/10/15)

電気自動車:
ホンダが新型EVとコンセプトモデルを披露、中国から他地域へのEV輸出も視野
ホンダは2021年10月13日、オンラインで「中国電動化戦略発表会」を開催した。(2021/10/14)

ホンダ、中国2030年電動化 工場新設 EV5年で10車種
【北京=三塚聖平】ホンダは13日、2030年以降に中国で新たに投入する四輪車は全て電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車にする計画を発表した。中国では初となるホンダブランドのEVシリーズを今後5年間で10車種投入し、生産体制の拡充へEVの工場も新設する。中国から世界の各市場に輸出することも視野に入れる。世界最大の自動車市場である中国はEV拡大へかじを切っており、ホンダは取り組みを加速させる。(2021/10/14)

モレックス 5G25シリーズ:
小型でEMI性能の高い25GHz対応RFミリ波コネクター
モレックスは、最大25GHzの高周波数帯に対応したFlex-to-Board RFミリ波コネクター「5G25」シリーズを発表した。小型で耐環境性が高く、5Gミリ波アプリケーション用のRFアンテナモジュールやモバイルデバイスに適する。(2021/10/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
パナソニックの優秀人材流出、早期退職制度は人材の“焼畑農業”だ
パナソニックは10月1日、9月末で1000人以上の従業員が早期退職制度を利用して退職したことを発表した。“特別キャリアデザイン”というキレイな名称も、結局は対象の社員に「給与を下げるか、お金をもらって辞めるか」という選択を強いているものに過ぎない。この制度で、活躍が期待されていた優秀人材まで退職してしまったという寓話のような顛末となっていることも気がかりだ。(2021/10/8)

電気自動車:
カワサキが二輪やオフロード四輪を電動化、大型バイクはEVより水素エンジンが有力
川崎重工のモーターサイクルとエンジンの事業を承継したカワサキモータースは2021年10月6日、事業方針説明会を開いた。新会社はカーボンニュートラルの実現、急成長するオフロード四輪車への対応に加えて、ブランド力や商品力の向上など持続的な成長に向けた取り組みを強化する。(2021/10/7)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
2020年度に“グローバルシェアトップ”パナソニックの次なる換気事業戦略、中国とベトナムに製販一体の新工場稼働
パナソニック エコシステムズは、1928年に換気扇の生産を開始して以降、国内外で換気事業を展開し、2020年度には換気扇の台数ベースでグローバルシェアNo.1に至った。現在はコロナ禍での換気ニーズも後押しし、中国や東南アジアの旺盛な需要に応じるべく、生産拠点を強化するなど、次の100年を見据えた事業戦略を展開している。(2021/10/5)

スマートファクトリー:
ダイキン工業が描く日本型デジタルファクトリー、グローバル地産地消で必要なもの
2021年9月8〜10日までオンラインで開催されたイベント「第1回 スマート工場 EXPO オンライン」で、ダイキン工業 役員待遇 空調生産本部 副本部長 兼 生産技術部長の長谷川功氏が基調講演に登壇。「グローバル展開のための日本型デジタルファクトリーの構築」をテーマに講演を行った。(2021/9/30)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(7):
クラウドは便利、でもエンジニアの学ぶ機会が減ってしまった――クラウド技術が運用者にもたらした功罪とは
運用者目線で見たクラウド技術のメリット、デメリット、今後求められる運用者像とは何か。オンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」で行われたパネルディスカッション「クラウド技術、自動化技術が基盤“運用者”にもたらした効果と功罪」、その内容の一部を紹介する。(2021/9/29)

いまさら聞けない自動車業界用語(17):
トヨタ系、日産系、ホンダ系……「ケイレツ」の今とこれから
今回は日本自動車業界の特徴の1つ、「ケイレツ」について解説します。(2021/10/4)

PR:自由なスタイルで生産性アップと創造力のひらめきを支援する16型2in1ノートPC「Summit E16 Flip」の魅力
エムエスアイコンピュータージャパンの「Summit E16 Flip」は、2in1タイプのPCながら16型の大画面に、Intel最新CPUの第11世代Core i7-1195G7、さらにNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPUを内蔵したハイパフォーマンモデルだ。ペン操作も可能なユニークな製品の狙いを聞いた。(2021/9/28)

積層セラミックコンデンサーを増産:
太陽誘電、マレーシアの生産子会社に新工場棟建設
太陽誘電は、積層セラミックコンデンサーの需要増に対応するため、マレーシアの生産子会社「TAIYO YUDEN(SARAWAK)」に新工場棟を建設する。竣工は2023年3月で、投資額(建屋のみ)は約180億円を予定する。(2021/9/24)

秘密は「快適性」と「見た目」:
「ごめん、売り切れたみたい」 5時間で完売したシャープの立体型マスクは何がすごいのか?
シャープが発売した「クリスタルマスク」が発売5時間で売り切れて、現在も品薄状態続いている。一時は高騰していたマスク市場も落ち着きを取り戻し、マスク需要も落ち着きを見せていたが、なぜここまで売れているのだろうか?(2021/9/21)

製造ITニュース:
「改善」をサービスとして提供、iSTCが現場見える化を経営に生かす2つの新製品
i Smart Technologies(iSTC)は2021年9月10日、同社の5周年イベント「iSTC Evolution2021」において、同社の現場見える化ツール「iXacs」で得られる現場データをより幅広く活用し製造業経営に生かすため「IoT経営ダッシュボード」と「KaaS(Kaizen as a Service)」という2つのサービスを開始すると発表した。(2021/9/14)

ガッキー起用で“ぬくもり”表現:
アサヒ、28年ぶりに「アサヒ生ビール」復活 11月には黒生も
アサヒビールは9月8日、飲食店で樽生のみ展開している「アサヒ生ビール」の缶を同14日から全国で発売すると発表した。(2021/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。