• 関連の記事

「旭化成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「旭化成」に関する情報が集まったページです。

25卒学生に人気の企業、金融業界1位は「日本生命保険」 他業界のランキングは?
マスコミ業界、商社業界など、全15業界別にランキングを発表した。(2024/4/11)

生成AI 動き始めた企業たち:
書面の監査業務「25→12時間」に半減 生成AI、旭化成の活用策は?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第18回は、旭化成の取り組みを紹介する。各事業分野に特化した独自のAIモデルの構築を目指すという同社。どのような価値観のもと、生成AI活用を進めているのか。(2024/4/11)

スピン経済の歩き方:
物流2024年問題で叫ばれる「多重下請撤廃」 それでも“水屋”がなくならないワケ
物流の「2024年問題」がいよいよ本格化していく。全日本トラック協会が「多重下請構造」について「2次下請までと制限すべき」と提言しているが、筆者はそう簡単になくならないと考えている。なぜかというと……。(2024/4/3)

プログラミング基礎解説:
「脱COBOL」が示す生成AIによるレガシープログラミング言語からの移行
製造業の基幹システムのプログラミングにも広く用いられてきたCOBOLからの移行を模索する「脱COBOL」の動きが活発になっている。このCOBOLに代表されるレガシープログラミング言語からの移行において力を発揮するのが、生成AI技術を活用した「ぺアプログラミングツール」や「Copilot」と呼ばれる支援ツールだろう。(2024/4/3)

材料技術:
ミリ波/マイクロ波帯を活用した微小金属検査システムを開発
旭化成は、ミリ波/マイクロ波帯の技術を活用し、製造ラインを流れる対象物などに含まれる微小金属を検知する技術を開発した。従来の装置と比較して、フィルムで64分の1、繊維で100分の1の体積を検知できる。(2024/3/25)

生成AI 動き始めた企業たち:
ライオン、生成AIで社内データを継承 開発の狙いは?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第17回は、ライオンを紹介する。同社は現在、生成AIと検索サービスを組み合わせた「知識伝承のAI化」ツールの自社開発に取り組んでいる。どのような生成AIの活用戦略を描いているのか。(2024/3/25)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AIが経営分析をサポート 名古屋鉄道の利用法は? 1000時間超の業務削減も
名古屋鉄道は法人向けChatGPTサービスを導入。これまでにグループ400人が利用。業務削減効果は1000時間超を達成した。先端技術を活用し、従来の業務をどのように変革しているのか。(2024/3/18)

スイッチング周波数の高速化が可能に:
100ナノ秒の高速応答、低発熱の自動車向け電流センサー
旭化成エレクトロニクスは、自動車向け電流センサー「CZ39」シリーズの量産を開始した。化合物ホール素子を用いていて、高速での応答が可能だ。SiC(炭化ケイ素)、GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスのスイッチング周波数を向上する。(2024/2/29)

磯部孝のアパレル最前線:
ファミマの「服」は実際どうなのか ユニクロやワークマンと比較して見えた“矛盾点”
コンビニでアパレル商品が売れている。ファミリーマートが展開する「コンビエンスウェア」や、ローソンが人気セレクトショップとコラボした「インスタントニット」は軒並み人気商品となった。なぜ、コンビニで扱われるアパレル商品がこれほど人気なのだろうか。(2024/2/29)

音響解析機能、わずか34μAで動作:
AKM、低消費電力のA-DコンバーターICを開発
旭化成エレクトロニクス(AKM) は、極めて小さい消費電流でガラス破壊音などを検知できる機能を搭載した、モノラル16ビットA-DコンバーターIC「AK5707ECB」を開発した。防犯用スマートセンサーやセキュリティカメラ、スマートウォッチなどの用途に向ける。(2024/2/27)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
リチウム電池爆発問題を解決する、日本発の検査技術への期待
日本発の新たな検査基準や標準化などに期待です。(2024/2/13)

材料技術:
爆発するリチウムイオン電池を見抜く検査装置を開発した神戸大・木村教授に聞く
製造したリチウムイオン電池が爆発するかを見抜ける検査装置「電流経路可視化装置」と「蓄電池非破壊電流密度分布映像化装置」を開発した木村建次郎氏に、両装置の開発背景や機能、導入実績、今後の展開などについて聞いた。(2024/2/8)

MONOist 2024年展望:
脱炭素や品質などデータ共有の仕組みで主導権争い、取引条件が変化する2024年
製造業DXが進む中で、企業の枠を超えた形で自由なデータ流通を安心して行える「データ流通基盤」の重要性が高まっている。既に欧州などで動きは出ているが、2024年はその仕組み作りや主導権争いが進み、ある程度の形が定まってくる1年になる見込みだ。(2024/1/23)

材料技術:
ヨネックスがPLAスパンボンド不織布をテニスラケット用包装材に採用
エム・エーライフマテリアルズは、開発したPLAスパンボンド不織布「エコライズ」が、スポーツ用品メーカーのヨネックスが販売するテニスラケット用の包装材に採用されたと発表した。(2024/1/23)

BEAMS COUTURE×Ziplocコラボ商品が新発売 リボン×ピンクがかわいいデザインバッグにトートバッグなどのコラボグッズも登場
ピンクのリボンがかわいい。(2024/1/18)

MONOist 2024年展望:
マテリアルズインフォマティクスの教育と成果の現在および未来
2023年は素材産業をはじめとするさまざまなメーカーがマテリアルズインフォマティクスの取り組みや効果について発表した1年だった。それらを振り返りながら、2024年以降のマテリアルズインフォマティクスのさらなる浸透と拡大で重要な役割を果たすであろう教育方法や導入効果について考察する。(2024/1/11)

研究開発の最前線:
AlN系UWBG半導体材料で、理想的な特性を持つpn接合の作製に成功
旭化成は、窒化アルミニウム系材料を用いた半導体デバイスにおいて、理想的な特性を持つpn接合の作製に成功した。絶縁破壊電界強度は7.3MV/cmで、高電圧に対する耐性を有する。(2024/1/11)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ DX eマガジン 2024冬」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/1/5)

材料技術:
旭化成の素材戦略、次世代半導体のパッケージ材料や水電解システムに重点投資
旭化成は、東京都内とオンラインで説明会を開催し、マテリアル領域における事業ポートフォリオの転換、成長事業の取り組みについて紹介した。(2023/12/28)

分布型分極ドーピング手法で形成:
名古屋大ら、AlN系材料で良好なpn接合を作製
名古屋大学と旭化成による研究グループは、窒化アルミニウム(AlN)系材料を用い、極めて良好な特性を示すpn接合を作製した。次世代の高周波デバイスやパワーデバイスに向けて、AlN系材料の応用が期待される。(2023/12/28)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(6):
排水中の窒素化合物を除去/回収する技術の現在地
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。前回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術を紹介しています。今回は廃水処理用技術を説明します。(2023/12/20)

製造マネジメントニュース:
アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱うカナダのスタートアップに出資
旭化成は、アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱う、カナダのスタートアップ企業Ionomr Innovationsに出資参画することを発表した。ノウハウを提供するなど研究開発分野での連携を深め、膜の性能強化も支援する。(2023/12/18)

マテリアルズインフォマティクス:
旭化成のDX戦略、MIで従来品の2倍の性能を実現し共創型MIの基盤も構築
旭化成は、東京都内とオンラインで説明会を開き、マテリアルズインフォマティクス(MI)の導入やデジタル人材の育成など、DXに関する同社の取り組みを紹介した。(2023/12/14)

25卒学生に人気の企業、総合1位は「伊藤忠商事」 業界別のランキングは?
2025年春に卒業予定の学生が、就職したいと考えている企業はどこか。文化放送キャリアパートナーズが調査結果を発表した。(2023/12/14)

石炭からLNGへ、企業の燃料転換を加速 大ガス社長インタビュー
大阪ガスは、企業が工場の燃料として使用している石炭や石油を、二酸化炭素の排出がより少ない液化天然ガスに転換するため、設備の更新を手がける取り組みを加速させる。(2023/12/12)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

2025年卒業予定の学生に人気の企業 3位「日本生命」、2位「博報堂」、1位は?
2025年卒業予定の学生が注目する企業は?過去10年以上に渡り調査を行う文化放送キャリアパートナーズは、最新版の調査結果を発表した。(2023/11/28)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(5):
排ガスなどに含まれる窒素化合物の除去・回収技術の現在地を知る
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術をご紹介します。まずは排ガス用技術です。(2023/11/28)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
蓄電池も後に続くか、関西がとてつもなく強かった2023年
経済面でも関西の盛り上がりに期待しています。(2023/11/27)

技術選定の判断軸を持つために重要な視点:
旭化成の事例から学ぶ「クラウドネイティブ」の実践法 「アジャイル内製チーム」がカギとなる理由
旭化成の西野大介氏は、@ITが開催した「Cloud Native Week 2023秋」で、同社での取り組みや事例を通じて「クラウドネイティブ」の理解をどう促進し、実践しているのか解説した。(2023/11/20)

工場ニュース:
旭化成がリチウムイオン電池用セパレータの塗工能力を2.4倍に、日米韓の拠点増強
旭化成は、リチウムイオン電池用セパレータの米国、日本、韓国における塗工能力を増強することを発表した。(2023/11/6)

【後編】徹底リサーチ! 旭化成の人的資本経営:
「他社と比べても無意味」 旭化成が独自のエンゲージメント調査を作った理由
旭化成は独自のエンゲージメントサーベイを用いて、従業員の状態を調査している。多くの企業が悩むのが、結果を人事施策にどう活用しているのかだが、同社ではどう取り組んでいるのか。(2023/10/26)

【中編】徹底リサーチ! 旭化成の人的資本経営:
エンゲージメント調査の“賞味期限”は2カ月──旭化成がスピード感重視で現場に戻すワケ
旭化成は独自のサーベイ「KSA」で従業員のエンゲージメントを測っている。サーベイの結果は実施から2カ月未満で現場に対し公開するというが、なぜそこまでのスピード感を持って取り組むのか。また、どのようにして活用しているのか。(2023/10/26)

【前編】徹底リサーチ! 旭化成の人的資本経営:
旭化成「多角化経営」のカギ 独自の人材戦略を読み解く
経営を多角化させてきた歴史を持つ旭化成。新規事業の創出や既存事業の強化に貢献できる人材を育成していく目的で、ある制度を設けている。制度の内容や運用方法とは?(2023/10/25)

材料技術:
3Dプリンタ用フィラメントを北米で試験販売開始、初弾はPPE樹脂
旭化成は北米で3Dプリンタ用フィラメントを試験販売開始したことを発表した。まずは変性ポリフェニレンエーテル樹脂製品である「ザイロン」のフィラメント製品から提供を行う。(2023/10/23)

プロジェクト:
石神井公園団地の一括建て替え、「Brillia City 石神井公園 ATLAS」竣工
東京建物、旭化成不動産レジデンス、URリンケージが進めてきた「石神井公園団地マンション建て替え事業」で、新築分譲マンション「Brillia City 石神井公園 ATLAS」が竣工した。(2023/10/19)

工場ニュース:
コロナ禍で急増した国内工場の閉鎖、ピークは去ったものの食料品関連が増加
東京商工リサーチは、上場メーカーの国内工場、製造拠点についての閉鎖/縮小調査の結果を公開した。その結果、2022年に国内工場や製造拠点の閉鎖、縮小を開示したのは28社で、前年の40社を下回る結果となった。2023年も8月末までで14社にとどまり、減少傾向が続いている。(2023/9/26)

SAPジャパンがシステム移行を支援する新サービスを発表 旭化成の活用事例とは
基幹システムの移行を支援するために、SAPジャパンはクラウドサクセスサービス事業を開始した。本稿はその取り組み概要と旭化成の活用事例を紹介する。(2023/9/20)

旭化成 AK5816:
ミリ波レーダー向けトランシーバーIC
旭化成エレクトロニクスは、ミリ波レーダー向けトランシーバーIC「AK5816」のサンプル出荷を開始した。7GHzの周波数変調回路と高速かつ高精度のADCを内蔵し、複数人を検知しながら2.2cmの距離分解能で検出できる。(2023/9/13)

製造マネジメントニュース:
「価格転嫁は許さない」中小企業との価格交渉で積水化学とトーエネックが最低評価
経済産業省 中小企業庁は、受注側中小企業の立場で価格交渉のしやすさや価格転嫁の現状についての評価を公開し、積水化学工業とトーエネックが価格交渉のしやすさについて最低評価となった。(2023/8/31)

材料技術:
世界初、4インチ窒化アルミニウム単結晶基板の製造に成功
旭化成は、米国ニューヨーク州にある子会社のCrystal ISが4インチ(直径100mm)の窒化アルミニウム(AlN)単結晶基板の製造に世界で初めて成功したと発表した。(2023/8/25)

パワーデバイスへの応用に期待:
4インチAlN単結晶基板の製造に成功、旭化成子会社
旭化成の子会社である米Crystal ISが、4インチ窒化アルミニウム(AlN)単結晶基板の製造に「世界で初めて」(旭化成)成功した。今後は、外販も視野に入れ、4インチAlN基板の商業化を目指す。(2023/8/23)

新ドープ法でLiCを安価に製造:
旭化成、LiCに関するライセンス活動を本格展開
旭化成は、リチウムイオンキャパシター(LiC)の設計と製造技術についてライセンス活動を本格的に始める。独自の新ドープ法により、LiCの容量や入出力性能が従来品に比べ向上。汎用的な部材や設備が利用できるため、製造コストを削減することも可能になるという。(2023/8/2)

福原遥、京言葉で「あきまへん」「あきまへん!!」 ジップロック新Webムービーが表情豊かすぎ
かわえ……。(2023/7/28)

ハンガリーの家庭料理“冷製フルーツスープ”がおいしそうで食べてみたい 「あまりにもおいしい苺ミルク(塩気ゼロ)」
日本の夏にもピッタリかも。(2023/7/28)

脱炭素:
生産ラインや製品単位のRE100認定で推進される日本の脱炭素化
アート&エコロジー 代表取締役の竹内孝明氏による講演「なぜ、製造ラインや製品単位での“RE100”認定が必要なのか」の内容を紹介する。(2023/7/24)

首位との差を詰めた:
オープンイノベーションに積極的な大企業 3位は「ソニー」、2位は「トヨタ」、1位は?
プロジェクトニッポンは、経済産業省と共同で「イノベーティブ大企業ランキング」を発表した。スタートアップとの連携を通じてオープンイノベーションに積極的な大企業……(2023/7/14)

加速するデータ共有圏と日本へのインパクト(1):
製造業の「データ共有圏」、2023年の最新動向と5つのポイント
本連載では、「加速するデータ共有圏(Data space):Catena-XやManufacturing-Xなどの最新動向と日本への産業へのインパクト」をテーマとして、データ共有圏の動向やインパクト、IDSA、GAIA-X、Catena-X、Manufacturing-Xなどの鍵となる取り組みを解説していく。(2023/7/11)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 2023夏」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2023/7/3)

竹中平蔵氏とLIXIL、旭化成、日揮が語る「企業間連携DX」の現在地
DXは企業間で連携することによってさらに大きな効果を生み出す。企業間あるいは国や自治体も含めた連携は現在、どのように進んでいるか。また、今後さらに推進するためには何が必要か。LIXILと旭化成、日揮の事例から解き明かす。(2023/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。