• 関連の記事

「旭化成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「旭化成」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
都市共同化事業を採用したマンションが東京・品川区で竣工、旭化成不動産レジデンス
旭化成不動産レジデンスは、東京都品川区で開発を進めていた新築分譲マンション「アトラス北品川」が2022年1月31日に竣工したことを公表した。今回は、旭化成不動産レジデンスが地元地権者9人と共同で行う都市共同化(等価交換)事業を採用し、RC造地上11階建てで、総戸数52戸(店舗2区画含む)の分譲マンションを開発した。(2022/5/17)

プロジェクト:
愛知県名古屋市で延べ4.5万m2の新築分譲マンションが竣工、NTT都市開発ら
野村不動産は、旭化成不動産レジデンス、NTT都市開発、長谷工不動産、長谷工コーポレーションとともに、「錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」の一環で、愛知県名古屋市中区錦二丁目で開発を進めていた新築分譲マンション「プラウドタワー名古屋錦」が竣工したことを公表した。プラウドタワー名古屋錦に関しては2020年2月から分譲を行っている。(2022/5/11)

「旧帝大」と「早慶」目指す企業はどう違う? 23卒学生、就職希望企業ランキング
ディスコは、23年卒業予定の学生を対象に調査した「キャリタス就活2023就職希望企業ランキング」を発表した。大学のカテゴリーごとの希望企業のランキング結果は? 「旧帝大」と「早慶」目指す企業はどう違うのか?(2022/4/25)

脱原油 ごみ・植物・廃油から化学品、環境負荷を削減 最大手ら技術開発急ぐ
化学大手が、植物をはじめとするバイオマス原料から樹脂などの化学品を作る技術の開発を急いでいる。(2022/4/20)

産業動向:
太陽光パネル施工管理システムの試験運用を開始、旭化成ホームズ
旭化成ホームズは、太陽光パネルの施工を効率化する「ボルト管理システム」を開発した。今後は、太陽光システムの設置数増加を見据え、施工精度の向上と施工・管理の省力化を同時に達成し、脱炭素社会の実現への貢献を目指す。(2022/4/18)

就職人気から占う今後のIT業界:
学生に聞く、SDGs観点で選ぶ「働きたい企業」 パナソニックが総合2位 上位だったIT関連企業は?
SDGsへの積極的な貢献と持続可能な成長を続けるイメージがあり、学生自身が働きたいと思える企業はどこか。人材育成のためのSaaSサービスを提供するVISITS Technologiesが調査した結果、3位は凸版印刷、2位はパナソニックとなった。(2022/4/4)

一生懸命働いた台所スポンジがこちらです…… 使用後の衝撃の変化が「闇堕ちしてる」「めっちゃ恨みを吸収してる」
もし暗い中で見たら声を上げそうになるくらいには怖い。(2022/3/22)

製造業IoT:
進む製造業のDX、ソニー、リコー、コマツ産機、旭化成の取り組み
日本マイクロソフトは2022年3月15日、製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援への取り組みを説明すると共に、ソニーやリコー、コマツ産機、旭化成と共同で取り組むDXの事例を紹介した。(2022/3/16)

旭化成ファーマ、中国で製造・販売へ契約調印 抗生物質「エクサシン」で
中国市場での需要拡大が見込まれることから、安定供給を図るため原薬から製剤まで一貫して製造できる態勢を整える。(2022/3/14)

全1.3万社からTOP100を発表:
2023卒向け一流ホワイト企業ランキング 3位「AWS ジャパン」、2位「Facebook Japan」、1位は?
ホワイト企業の調査・評価を行うホワイト企業総合研究所が、就活生の企業選びの指標となるデータとして「2023年卒版 一流ホワイト企業ランキング TOP100 」を発表した。(2022/2/28)

第二新卒が選ぶ「待遇と成長を両立する」企業ランキング 2位「アマゾン ウェブ サービス ジャパン」、1位は?
対象データは「OpenWork」に投稿された会社評価レポートのうち、中途入社の20代現職社員の回答3万360件。(2022/2/24)

【期間限定】ジップロック×ディズニーの新作登場 ミッキー&フレンズがアウトドアを楽しむ爽やかデザイン
ミッキーたちと一緒にピクニック気分!(2022/2/12)

海外戦略でらつ腕:
アサヒグループHD勝木社長は、オーストラリアで「スーパードライ」の売り上げをいかにして5倍にしたのか
オーストラリアでの赴任当時、企業買収をテコにして「スーパードライ」の売り上げを5倍に躍進させたアサヒグループHDの勝木敦志社長。日本、オーストラリア、欧州の3極を軸に海外を重視した経営戦略を展開する勝木社長に、その狙いと勝算を聞いた。(2022/2/10)

プロジェクト:
旭化成不動産「ATLAS」コンセプト一新、渋谷にマンションギャラリー
旭化成不動産レジデンスは、マンションブランド「ATLAS」を新コンセプトでリブランディングし、コンセプトを体感できる「アトラスギャラリー渋谷」を渋谷マークシティ内にオープンした。(2022/2/4)

就職人気から占う今後のIT業界:
日本のホワイト企業ランキング、トップ10中5社がIT系 2位はFacebook Japan 1位は?
日本で最も「ホワイト」な企業はどこか。就活スクールを展開するAvalon Consulting内の「ホワイト企業総合研究所」が調べたところによると、1位はグーグルだった。(2022/1/26)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒理系学生の「希望の就職先」、人気度でGoogleを超えたIT企業は?
2023年に卒業予定の大学生・大学院生が「将来はここに就職したい」と考えている企業はどこか。学情が文系・理系別で集計、トップ30を発表。IT系の業種では、文系・理系ともにアマゾンジャパンがトップ(それぞれ22位と12位)だった。(2022/1/20)

いまさら聞けない自動車業界用語(19):
2020年以上に大変だった、コロナ禍2年目の自動車業界を振り返る
一難去ってまた一難、2020年以上に苦しくなった1年でした。自動車業界では一体何が起きていたのか。実際の現場視点で、この1年をまとめます。(2021/12/28)

製造マネジメント 年間ランキング2021:
半導体供給網はいつ落ち着くのか、品質不正問題にも注目が集まった2021年
MONOistの年末恒例企画である年間ランキングの発表企画。製造マネジメントフォーラムにおいて、閲覧数の多かった記事を順番に紹介していきます。(2021/12/24)

2023年卒の「就職先企業の人気ランキング」 理系1位は「味の素」、文系の1位は?
学情は、2023年卒の「就職企業の人気ランキング」を発表した。文系1位は「伊藤忠商事」、理系1位は「味の素」という結果に。2位以降は? また、文系と理系でそれぞれどのような特徴があったのか?(2021/12/23)

FA 年間ランキング2021:
半導体不足に右往左往させられた製造現場、スマート工場化の“隙間”にも注目
2021年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について解説。2021年のランキングは、現在も多くの企業が頭を悩ませている半導体不足に関する記事が上位に食い込んできたことが特徴となりました。(2021/12/22)

第4次産業革命の現在地:
旭化成のDX戦略は展開期から創造期へ、全従業員4万人がデジタル人材に
旭化成がDX戦略について説明。同社は「デジタル導入期」を経て現在は「デジタル展開期」にあり、2022年度からはさらなる高度化を図る「デジタル創造期」に入る。2024年度からは全従業員のデジタル活用が当たり前にある「デジタルノーマル期」となるため、2023年度には全従業員に当たる4万人をデジタル人材に育成する方針を掲げた。(2021/12/22)

旭化成・小堀秀毅社長を直撃【後編】:
旭化成・小堀秀毅社長を直撃 事業分野を見直し、脱炭素に積極的に取り組む
多面的な事業展開をしてきた旭化成。その一方で、時代にそぐわない分野も出てきている。大胆な事業分野の見直しを断行すると同時に、企業の生命線になったカーボンニュートラルな社会実現のための事業には積極的に取り組む考えだ。小堀秀毅社長にインタビューした。(2021/12/22)

旭化成・小堀秀毅社長を直撃【前編】:
旭化成・小堀秀毅社長に聞く「DXを成長戦略に据える理由」 社内外にコネクトして新規分野を開拓
旭化成がマテリアル、住宅、ヘルスケアの3領域で多彩な事業を展開している。その事業戦略に早くからDXという横串を差し込んで新規事業を伸ばそうとしているのが特色だ。DXを成長戦略のカギと位置付ける小堀秀毅社長に話を聞いた。(2021/12/21)

コロナで変わるSaaSツール定着法:
PR:旭化成がグループ50社の経費精算システム刷新 対面レクチャーなしでどう展開したか
旭化成が経費精算業務の共通化を目指した大規模なSaaS導入を短期間で成功させた。コロナ禍で移動が制限される中で2万8千人にSaaSを定着させ、従業員の操作ミスを劇的に減らしたという。(2022/1/18)

満足度の高いリフォーム会社ランキング 2冠を獲得した企業は?
調査は過去5年以内にリフォーム会社を利用したことがあり、かつリフォーム会社の選定に関与した20〜84歳を対象に実施した。(2021/12/8)

旭化成ネットワークスとNEC、ローカル5G活用の無線ネットワーク基盤を構築
旭化成ネットワークスとNECは、旭化成ネットワークスが宮崎県延岡市で運営するデータセンターで、スタンドアロン方式・Sub-6帯無線周波数のローカル5Gを活用した無線ネットワーク基盤の構築を始めた。(2021/11/16)

ニトリホールディングス、コンカーのクラウド経費でグループ全体の間接業務を省力化
ニトリホールディングスは、経費管理の抜本的な変革に向け、コンカーの経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入。店舗勤務の社員を含む約6000人に導入する他、海外を含むグループ会社全体に展開する。(2021/11/16)

プロジェクト:
都市共同化事業を採用した延べ1.5万のマンションが築地で竣工、旭化成不動産レジデンス
旭化成不動産レジデンスは、東京都中央区築地で開発を進めていたマンション「アトラス築地」が2021年10月下旬に竣工したことを公表した。(2021/11/1)

高機能スーツ続々:
洋服の青山、1万円を切る「ゼロプレッシャースーツ」 秋冬モデルを発売
洋服の青山を展開する青山商事は10月29日、セットで1万円を切る機能性スーツ「ゼロプレッシャースーツ」の秋冬シーズン向けモデルの先行販売を開始した。(2021/10/29)

統合型PRと広報効果測定のデータ活用【後編】:
Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成功事例として、旭化成HPの「Ziploc」フリーザーバッグのマーケティング戦略についてご紹介します。(2021/10/28)

より高い予測精度を可能に:
AI技術を活用、材料開発を少ない実験回数で実現
物質・材料研究機構(NIMS)と旭化成、三菱ケミカル、三井化学および、住友化学は、強度や脆さといった材料物性を機械学習で予測する時に、少ない実験回数で高い予測精度を実現できるAI(人工知能)技術を開発した。材料の構造から得られる情報を有効に活用することで可能にした。(2021/10/28)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
半導体不足に対するルネサスの答え
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、長引く半導体不足に対してルネサスエレクトロニクスがどう考えているか、について紹介する。(2021/10/25)

統合型PRと広報効果測定のデータ活用【前編】:
「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合型PRと、DXが進む広報効果測定に関する基本知識とメソッドをご紹介します。(2021/10/21)

和田憲一郎の電動化新時代!(44):
日本の自動車産業がとるべき戦略は「返し技」にあり
最近、EV(電気自動車)に関する記事が急激に増加している。特に掲載されている記事は、欧米中で起きている環境規制強化や、それに伴う自動車メーカーや電池メーカーの動きといった情報が多い。日本の自動車産業は大口市場である欧米中の動向を無視してはビジネスが成り立たない。では今度どうすべきであろうか。欧州を中心とした規制強化の現状や、それに対応する日本の自動車産業の再生戦略について、筆者の考えを紹介したい。(2021/10/13)

工場ニュース:
半導体不足の遠因となった、旭化成の半導体工場火災で起こったこと
旭化成は2021年9月14日、2020年10月に起きた宮崎県延岡市の旭化成エレクトロニクス 半導体製造工場の火災について事故調査報告書をまとめたと発表した。建屋棟の損傷が激しく火災原因の特定には至らなかったが、発火場所の推定と、再発防止策などの調査結果を公開している。(2021/9/27)

工場ニュース:
旭化成がリチウムイオン電池用乾式セパレータの合弁会社を中国に設立
旭化成は2021年9月22日、中国におけるリチウムイオン二次電池用乾式セパレータの合弁会社の設立について各国当局より認可を得られたため事業を開始すると発表した。(2021/9/24)

産業動向:
在宅勤務と室内環境に関する意識調査を実施、半数がリビングダイニングで在宅勤務
旭化成建材と快適空間研究所は、2021年1〜2月に在宅勤務を経験した30〜59歳の男女を対象に、在宅勤務と室内環境に関する意識調査を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の54.1%が「リビングダイニング」で主に在宅勤務をしていることが判明した。(2021/9/22)

ワークスーツ市場は右肩上がり:
洋服の青山、“1万円を切るスーツ”を増産 新色投入で需要を取り込む
「洋服の青山」を展開する青山商事は、7月に発売した機能性スーツ「ゼロプレッシャースーツ」に新色を加え、9月16日から順次追加販売する。(2021/9/17)

旭化成が「キャンペーンモデル」の起用を終了 松嶋菜々子ら選出
旭化成は「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用について、2021年度で終了する。(2021/9/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
半導体不足や部材高騰、物流停滞など、製造業を襲う“不透明感”の嵐
半導体だけではなく樹脂や銅、木材なども不足が深刻化しています。(2021/8/5)

日本人の生活様式を変えたい:
売り切れ続出の「ファミマソックス」はなぜ誕生したのか 目指したのは“雨でぬれた時に買う”商品からの脱却
今、若者の間で「ファミマの靴下」が売れている。ファミリーマートが展開する「コンビニエンスウェア」の一つ、「ラインソックス」だ。なぜファミマは衣料品の展開に力を入れたのだろうか。(2021/7/29)

各社の動きは?:
洋服の青山、セットで1万円を切る機能性スーツ発売 「2着目スーツ」として訴求
洋服の青山を展開する青山商事が、上下セットで1万円を切る機能性スーツ「ゼロプレッシャースーツ」を発売すると発表した。(2021/7/7)

製造マネジメントニュース:
深刻化する半導体不足、納期が1年以上、価格が20〜30倍に跳ね上がるものも
半導体や電子部品の通販Webサイトなどを手掛けるコアスタッフは2021年6月30日、不足が叫ばれている半導体に関する考察と、これらの状況に対する同社の取り組みについて発表した。(2021/7/1)

DX銘柄2021発表 「伊藤レポート」伊藤邦雄氏が語る経営責任としてのDX
「DX銘柄2021」が発表された。企業のDXの実践状況を基に事業の成長性を投資家向けに示す取り組みだ。今後予定されるデジタルガバナンスコード改訂では、経営者陣の中のDX人材の有無などの情報開示を求められる見通しのため、株式市場に参加する企業はいよいよ経営課題としてDXを推進する必要性が高まる。(2021/6/8)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄2021」グランプリに日立、Lumada事業が高評価
経済産業省は2021年6月7日、東京証券取引所と共同で「DX銘柄」を選定し、「DX銘柄2021」の選定企業28社と「DX注目企業2021」20社を発表した。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響に対する優れたデジタル対応の取り組みを実施した企業として「デジタル×コロナ対策企業」を11社選定した。(2021/6/8)

FAニュース:
TSMCが産総研内に評価用ライン構築、経産省の次世代半導体技術支援で
経済産業省は2021年5月31日、「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」の「先端半導体製造技術の開発(助成)」における実施者として、「高性能コンピューティング向け実装技術」に関するTSMCなど、5件の採択を決定した。(2021/6/1)

量子コンピュータ:
「NISQ」による量子コンピュータ応用、「Amazon Braket」がハードルを下げる
AWSジャパンが量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」や、量子コンピュータの技術動向について説明した。Amazon Braketは「全ての開発者、科学者の手に量子コンピューティングを」というコンセプトのフルマネージドサービスで、AWSの他のサービスと同様の手軽さで利用できるという。(2021/5/19)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
足りないのは半導体だけじゃない、鉄鋼も樹脂も木材もコンテナも足りない
2021年の製造業は、部品と材料の供給不足と値上がりに悩まされそうです。(2021/5/18)

労働環境の変化に対応:
旭化成、3万人規模で新たな経費精算プラットフォーム構築へ SAP ConcurとWalkMeを導入
旭化成は間接費管理基盤として、コンカーのSAP Concurソリューションとデジタルアダプションプラットフォーム「WalkMe」を採用した。コロナ禍で大きく変化した労働環境に対応する就業環境を整備する。(2021/5/18)

IBMがCloud Pak for SecurityのSaaS版を発表 Zscalerとの提携も
IBMは「IBM Cloud Pak for Security」のSaaS版を発表した。ゼロトラスト構築支援に向けて、セキュリティプロバイダーのZscalerとの提携を明らかにした。併せてゼロトラストのユースケースに関する新たな取り組みも推進する。(2021/5/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。