OECD非加盟諸国への日本のプラスチック廃棄物輸出量が米国を超えたワケ素材/化学メルマガ 編集後記

今回はテラサイクルジャパン 代表 アジア太平洋統括責任者のエリック・カワバタ氏が説明した「世界の廃棄物問題と日本のリサイクルの現状」について紹介します。

» 2024年06月07日 12時00分 公開
[遠藤和宏MONOist]

 最近、私は不要となった衣類を大量に処分しました。これらの衣類は状態が悪くなかったため「可燃ごみとして捨てるのはもったいない」と思い、ハードオフに持ち込んだところ、買い取りはされませんでしたが、引き取ってもらいリサイクルされました。なんとなくですが、リサイクルできて良かったなと思っています。

 リサイクルに関連して、スリーエム ジャパンとテラサイクルジャパンが実施している「スコッチ・ブライト スポンジ リサイクルプログラム」について両社が紹介した記者説明会を2024年5月28日に取材させていただきました。

 今回は、この記者説明会のこぼれ話として、米国のリサイクル企業テラサイクルの日本法人であるテラサイクルジャパン 代表 アジア太平洋統括責任者のエリック・カワバタ氏が説明した「世界の廃棄物問題と日本のリサイクルの現状」について紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.