サステナブルなモノづくりの実現

廃棄されるコットン素材を再利用したバイオマスプラスチックペレットを開発リサイクルニュース

シキボウは、廃棄されるコットン素材を再利用したバイオマスプラスチックペレットを開発した。物性が向上し、成型品の強度や耐久性を高められる他、薄肉化による樹脂の使用量削減や軽量化が期待できる。

» 2024年06月05日 11時00分 公開
[MONOist]

 シキボウは2024年5月20日、コットン素材を再利用したバイオマスプラスチックペレット「CottResin(コットレジン)」を開発したと発表した。自動車部品や電化製品、建材など幅広い用途を見込んでおり、2027年に3億円の販売目標を設定している。

 CottResinは、廃棄されるコットン素材をミクロサイズまで細分化し、ポリプロピレン樹脂と混ぜてペレット化したものだ。コットン由来のリサイクルセルロースナノファイバーを添加することで物性が向上し、成型品の強度や耐久性を高められる他、薄肉化により樹脂の使用量削減や軽量化が期待できる。

製造工程の概要 製造工程の概要[クリックで拡大] 出所:シキボウ

 国内の繊維製品の廃棄量は、年間約73万トン(t)に達している。アパレルおよび繊維産業では、大量生産、大量消費、大量廃棄が常態化しており、地球環境に与える負荷の大きさから、国連貿易開発会議(UNCTAD)が「世界で第2位の汚染産業」と見なしている。

 また、プラスチック業界でも脱炭素化の取り組みは進められているが、ケミカルリサイクルは環境負荷が大きく、バイオマス化は海外メーカーに強く依存していることや食料資源との競合が懸念されている。

 CottResinは、原料にバイオマスを使用した商品に付与される認証「バイオマスマーク」を取得済みだ。同社は今後、事業化に向けた技術の確立に取り組む。

⇒その他の「リサイクルニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.