ニュース
» 2024年02月05日 10時30分 公開

ドローンで自動車整備工場に部品を配送 日本特殊陶業が実証実験物流のスマート化

日本特殊陶業は、フタバ、TOMPLAと共同で、ドローンで自動車整備工場へ部品を配送する実証実験を実施した。部品商から複数の整備工場へ配送する想定で、正常系/異常系シナリオの双方で検証を行い各種データを取得した。

[MONOist]

 日本特殊陶業は2024年1月23日、フタバ、TOMPLAと共同で、ドローンで自動車整備工場へ部品を配送する実証実験を実施したと発表した。今後、実証実験で得られたデータを分析し、サプライチェーンが抱える課題解決に向けて、ドローン配送システムの構築を含めて検討を進める。

キャプション 実証実験の様子 出所:日本特殊陶業

 実証実験は、2024年1月15〜18日の間、熊本県御船町にて実施した。部品商から複数の整備工場へ配送する想定で、通常の「正常系シナリオ」と、異常事態を想定した「異常系シナリオ」の2種類で検証した。

 正常系シナリオでは、ドローンで運搬可能な部品の種類の見極めや、配送にかかる時間、効率的な業務プロセスの検討、今後ドローン機体に求められる仕様の確認などを行った。異常系シナリオでは、モーターやプロペラに異常が発生した事態を想定して、操縦士が安全に対処するプロセスを確認した。

 今回の実証実験では、フタバが部品商のオペレーション、TOMPLAが航路設計および実証実験のコーディネート、日本特殊陶業がドローン配送システムの構築とプロジェクト管理をそれぞれ担った。

⇒その他の「物流のスマート化」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.