ニュース
» 2023年12月05日 14時00分 公開

膨大なIoTデータの蓄積と活用に向け「MEEQ」と「GridDB Cloud」が連携製造業IoT

ミークは、同社のデータプラットフォーム「MEEQ」と、東芝デジタルソリューションズのIoT向けクラウドデータ基盤「GridDB Cloud」との連携サービスを開始した。膨大なIoTデータの蓄積と活用が可能となる。

[MONOist]

 ミークは2023年11月14日、同社のデータプラットフォーム「MEEQ(ミーク)」と、東芝デジタルソリューションズのIoT(モノのインターネット)向けクラウドデータ基盤「GridDB Cloud」との連携サービスを開始したと発表した。

 MEEQとGridDB Cloudは、MEEQデータプラットフォームのデータハブを経由して連携する。連携により、高頻度で発生する膨大なIoTデータを蓄積し、リアルタイムで活用可能になる。処理できる総データ量はペタバイト規模で、NoSQLに加えSQLインタフェースでも利用できる。スマートシティーや工場IoTのように、大量のデータを長期的に蓄積する必要のあるIoTシステムを構築する際に大きな威力を発揮する。

キャプション MEEQデータプラットフォームとの連携[クリックで拡大] 出所:ミーク

 既にMEEQと連携しているサービスとして、MEEQ AI(人工知能)サービス群やソニーの予測分析ツール「Prediction One」、S2K2 Holdingsのノーコード業務アプリケーションSaaS「SOVA」などがある。

 また、MEEQでは、ネットワークカメラの動画データをデータベースで処理するなど、上りのデータ容量が多くなる用途にも対応できる、上り特化プランを用意している。

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.