ニュース
» 2023年11月27日 13時00分 公開

CAD上で設計とロボット検証、直感的な精密作業が可能なロボットシミュレーター産業用ロボット

クリエイティブマシンは、機械設計向け3D CAD「IRONCAD」で動作するロボットシミュレーターの最新版「icROBOSim 2023」をリリースした。より精密な作業を直感的かつ効率的に実行できる新機能を追加している。

[MONOist]

 クリエイティブマシンは2023年10月31日、機械設計向け3D CAD「IRONCAD(アイアンキャド)」で動作するロボットシミュレーターの最新版「icROBOSim(アイシーロボシム)2023」をリリースした。設計者からティーチング担当者まで、より精密な作業を直感的かつ効率的に実行可能な新機能を追加している。

 同シミュレーターは、IRONCADの3D空間内の要素やオブジェクトに対して高精度なデジタル検証ができ、ロボットだけでなく周辺機器や装置内アクチュエーターの動作検証も可能。CAD上で設計作業とロボット検証を同時に進められるため、手戻りやデータ変換によるロスを大幅に削減する。

 最新版では、ツールパスでロボットの軌跡を作成する場合に、先端軸の回転有無を切り替える機能を追加した。また、ロボットや要素の順番変更が、従来のコマンド実行に加え、マウスのドラッグ&ドロップでもできるようになった。

 新たに、デンソーのスカラ(水平多関節)ロボットのコード出力に対応し(icROBOSim Lv.3のみ)、7軸ロボットのサポートと7軸目のカラー表示を追加した。

キャプション デンソーのスカラロボットのコード出力をサポート[クリックで拡大] 出所:クリエイティブマシン
キャプション 7軸ロボットのサポートと7軸目のカラー表示の追加[クリックで拡大] 出所:クリエイティブマシン

 メモ帳機能の代わりとなる専用コードパッドを備え、「Windows11」でのコード出力が可能に(icROBOSim Lv.3のみ)。全画面モードでは、画面をより大きく使えるよう改善を図り、機能性と操作性が向上している。

キャプション 専用コードパッドを使った追加コード出力でWindows11をサポート[クリックで拡大] 出所:クリエイティブマシン

⇒その他の「産業用ロボット」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.