ニュース
» 2023年10月12日 14時00分 公開

AzureとマイコンのIoT接続を簡略化するソフトウェア製造業IoT

STMicroelectronics(STマイクロ)は、32ビットマイクロコントローラー「STM32H5」を搭載したIoT機器と、「Microsoft Azure IoT Hub」との接続を簡略化するソフトウェアを発表した。

[MONOist]

 STMicroelectronics(STマイクロ)は2023年9月21日(現地時間)、同社の32ビットマイクロコントローラー(マイコン)「STM32H5」を搭載したIoT(モノのインターネット)機器とび、「Microsoft Azure IoT Hub」との接続を簡略化するソフトウェア「X-CUBE-AZURE-H5」を発表した。

キャプション 「X-CUBE-AZURE-H5」の使用イメージ[クリックで拡大] 出所:STマイクロエレクトロニクス

 同製品には、エンドデバイスとして動作できるよう、STM32H5用のライブラリとサンプルアプリケーションが含まれている。ネットワーク構成やデータパブリッシングなど、サンプルアプリケーションはAzure IoT Hubによるセキュアなデバイス、クラウド間の接続を示す。

 また、Azureのメッセージやメソッド、ツインの更新コマンドも処理。同社の組み込みセキュリティソフトウェア「Secure Manager」を用いると、STM32H5とMicrosoft Azureクラウドをセキュアに接続できる。

 さらに、「STM32Cube」開発エコシステムとSTM32H5を組み合わせ、規制や規格に準拠したIoTアプリケーションを開発できる、強力かつセキュアなプラットフォームを提供する。

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.