ニュース
» 2023年02月24日 14時00分 公開

32ビットマイコン対象のエッジAI開発者向けクラウドサービスを発表人工知能ニュース

STMicroelectronicsは、組み込みAI開発者やデータサイエンティスト向けのクラウドサービス「STM32Cube.AI Developer Cloud」を発表した。汎用32ビットマイコン「STM32ファミリー」向けにオンライン開発ツールセットを提供する。

[MONOist]

 STMicroelectronicsは2023年1月30日、組み込みAI(人工知能)開発者やデータサイエンティスト向けのクラウドサービス「STM32Cube.AI Developer Cloud」を発表した。汎用32ビットマイコン「STM32ファミリー」向けに、オンライン開発ツールセットを提供するサービスとなる。

キャプション クラウドサービス「STM32Cube.AI Developer Cloud」[クリックで拡大] 出所:STMicroelectronics

 同クラウドサービスは、デスクトップアプリケーション「STM32Cube.AI」の機能を補完するもので、エッジAIベースのシステムに対応している。STM32マイコンに最適化されたC言語ベースのAIモデルを生成するオンラインインタフェースを提供。学習済みのニューラルネットワークの性能をエッジAIプロジェクト開発に活用できる。

 学習可能な深層学習モデルや、デモリポジトリ「STM32 Model zoo」へのアクセスにも対応。人の動きを検知するモーションセンシング、画像分類、物体検出、音響イベント検出などのユースケースを提供する。また、オンラインのベンチマーキング機能を用いて、STM32開発ボードにエッジAIニューラルネットワークを実装した際の性能をリモートで測定できる。

 STM32Cube.AI Developer Cloudは、MySTアカウント登録済みのユーザーを対象に無償で公開されており、既に複数の顧客にてテストおよび評価が行われている。

⇒その他の「人工知能ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.