ニュース
» 2023年08月28日 06時00分 公開

ヤマ発がセルロースナノファイバー強化樹脂部品を量産、北米向けで材料技術

ヤマハ発動機は植物由来のセルロースナノファイバー強化樹脂を水上オートバイなどに採用し、北米で2024年モデルとして販売を開始した。

[齊藤由希MONOist]

 ヤマハ発動機は2023年8月25日、植物由来のセルロースナノファイバー(CNF)強化樹脂を水上オートバイなどに採用し、北米で2024年モデルとして販売を開始したと発表した。セルロースナノファイバー強化樹脂を輸送機器部品に採用して量産するのは「世界初」(ヤマハ発動機、日本製紙)としている。

 水上オートバイの「ウェーブランナー」とウオータージェット推進機を搭載する「スポーツボート」のエンジンカバーでセルロースナノファイバー強化樹脂を採用した。日本製紙との協業で開発した。ヤマハ発動機は、将来的にはマリン製品だけでなく二輪車など幅広い製品への展開を検討している。

ウェーブランナーの2024年モデル(左)と搭載されているエンジン(右)[クリックで拡大] 出所:ヤマハ発動機
エンジンカバー(左)とセルロースナノファイバー強化樹脂(右)[クリックで拡大] 出所:ヤマハ発動機

 エンジンカバーは海水と熱にさらされるため、既存の材料と同等以上の強度など材料物性を確保した。また、樹脂の使用量を減らしたデザインとし、軽量化を図った。

 セルロースナノファイバー強化樹脂は、木質資源を活用したバイオマス素材であるセルロースナノファイバーをポリプロピレンなどの樹脂に混練、分散することで製造される高強度な素材だ。既存の樹脂材料と比較して25%以上の軽量化が図れる。リサイクル性にも優れるため、プラスチックの使用量削減と温室効果ガスの排出削減につながるとしている。

→その他の「材料技術」関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.