カーボンニュートラルへの挑戦
ニュース
» 2023年06月27日 06時00分 公開

バイオガスによる水素製造装置をタイに、トヨタや豊田通商、三菱化工機脱炭素

トヨタ自動車と豊田通商、三菱化工機はバイオガスから水素を製造する装置をタイに初めて導入する。

[齊藤由希MONOist]

 トヨタ自動車と豊田通商、三菱化工機は2023年6月26日、バイオガスから水素を製造する装置をタイに初めて導入すると発表した。水素製造装置は三菱化工機が製作し、2023年11月にタイに導入する。

 現地の鶏糞や廃棄食料に由来するバイオガスから水素を製造する。バイオガスや水素の圧縮と貯蔵、輸送に関わるシステム全体の構築と導入、運用体制の整備などをトヨタ自動車と豊田通商で協力して検討する。従来の水素ステーションの関連設備とは異なるため、現地の状況を加味した設計とする。現地の事業体とも連携、議論しながら進めていくという。

 トヨタ自動車は、タイの現地企業との協業や、CJPT(Commercial Japan Partnership Technologies)のタイ新会社設立などを通じてタイのカーボンニュートラル実現に取り組んでいる。太陽光や風力、水力などタイならではの再生可能エネルギーの活用、電動車の普及、即効性のあるCO2排出低減のための物流向けのデータ活用などを進めている。

→その他の「脱炭素」関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.