ニュース
» 2023年02月06日 13時30分 公開

2022年の国内粗鋼生産は前年比7.4%減と2年ぶり減少、銑鉄生産も前年比8.8%減製造マネジメントニュース

日本鉄鋼連盟が発表した2022年の鉄鋼生産概況によれば、粗鋼生産は前年比7.4%減の8923万5000トンで、銑鉄生産は同比8.8%減の6414万7000トンと、どちらも2年ぶりに減少した。

[MONOist]

 日本鉄鋼連盟は2023年1月23日、2022年の鉄鋼生産概況とを発表した。2022年の鉄鋼生産概況によれば、粗鋼生産が前年比7.4%減の8923万5000トンで、銑鉄生産は同比8.8%減の6414万7000トンと、どちらも2年ぶりに減少した。

 粗鋼生産を鋼種別に見ると、一般向けの普通鋼が前年比6.9%減の6881万5000トン、主に自動車などの製造業向けに使われる特殊鋼が同比8.9%減の2042万トンで、両素材ともに2年ぶりの減少を記録した。炉別生産では、転炉鋼が前年比9.1%減の6540万3000トン、電炉鋼が同比2.3%減の2383万2000トンで、両素材ともに2年ぶりの減少となった。粗鋼合計に占める電炉鋼の比率は、前年から1.4ポイントアップして26.7%と上昇傾向にある。

 熱間圧延鋼材(普通鋼と特殊鋼の合計)の生産は、前年比6.9%減の7863万8000トンで、粗鋼生産と同様に2年ぶりの減少となった。鋼種別では、普通鋼が前年比6.3%減の6174万8000トン、特殊鋼は同比9.0%減の1689万トンだった。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.