ニュース
» 2022年07月01日 08時00分 公開

輸配送時のCO2排出量可視化、クラウド型物流ソリューションによる実証実験開始脱炭素

Hacobuは、輸配送時のスコープ3 CO2排出量の可視化に向けた実証実験を、三菱倉庫と共同で開始する。クラウド型物流ソリューション「Logistics Cloud MOVO」を活用し、輸配送単位でのCO2排出量の可視化に取り組む。

[MONOist]

 Hacobuは2022年6月15日、GHG(温室効果ガス)プロトコルにおけるスコープ3の、輸配送時のCO2排出量可視化に向けた実証実験を、三菱倉庫と共同で開始すると発表した。Hacobuのクラウド型物流ソリューション「Logistics Cloud MOVO」を活用する。

 スコープ3とは、サプライチェーン全体のCO2排出量から、事業者の直接排出量と他社供給の電気使用などに伴う間接排出を除いたもの。事業者の活動に関連して、他社から間接的に排出されるCO2量を表す。

 輸配送業務は、物流会社をはじめ、発荷主や着荷主など多くの企業が関わるため、CO2排出量の可視化が難しい。今回の実証実験では、同社のトラック予約受付サービス「MOVO Berth(ムーボ・バース)」と配送案件管理サービス「MOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)」を活用し、輸配送単位でのCO2排出量の可視化に取り組む。

キャプション 実証実験の概略図[クリックで拡大] 出所:Hacobu

 実験は、三菱倉庫の南本牧営業所(横浜市中区)と茨木第一営業所(大阪府茨木市)で実施。今回の実験をモデルケースとし、データを活用した効率的な輸配送をグループ全体に展開することで、CO2排出量の継続的な削減に取り組む。

 Hacobuは、MOVOの各サービスでCO2排出量の可視化機能追加などを進めており、実証実験で得られた知見をサービス開発に活用していく。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.