ニュース
» 2022年06月23日 06時00分 公開

7月のグローバル生産は年初計画から5万台減、「ハリアー」「RAV4」に影響大製造マネジメントニュース

トヨタ自動車は2022年6月22日、7月のグローバル生産台数の計画を発表した。国内が約25万台、海外が約55万台で、合計80万台を見込む。年初の計画からはグローバルで5万台引き下げた。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2022年6月22日、7月のグローバル生産台数の計画を発表した。国内が約25万台、海外が約55万台で、合計80万台を見込む。年初の計画からはグローバルで5万台引き下げた。

 先日、6月の追加の稼働調整と7月初めの稼働停止日について発表しているが、仕入先で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が発生して出勤率低下の影響が続いていることから、国内の生産拠点は稼働停止期間を延長する。

 7〜9月のグローバル生産台数は月平均で85万台を見込んでおり、通期で970万台の生産見込みは据え置いた。

日本国内の14工場28ラインのうち、2工場4ラインで稼働停止日を設ける[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

→その他の「製造マネジメントニュース」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.