ニュース
» 2022年05月19日 13時00分 公開

簡単に導入できるクラウド型設備監視ソフトウェアサービスFAニュース

コンテックは、簡単に導入できるクラウド型設備監視ソフトウェアサービス「FacilityView for PLC」の販売を開始する。ワンストップで設備の遠隔監視に必要なハードとソフトを提供する。

[MONOist]

 コンテックは2022年4月19日、簡単に導入できるクラウド型設備監視ソフトウェアサービス「FacilityView(ファシリティ・ビュー) for PLC」をIDECと共同で開発し、同月より販売を開始すると発表した。ワンストップで設備の遠隔監視に必要なハードウェアとソフトウェアを提供する。

 FacilityView for PLCは、別売りのIoT(モノのインターネット)ゲートウェイ機器を工場やインフラ設備で稼働しているPLC(プログラマブルロジックコントローラー)に接続し、収集したデータを可視化、蓄積、通知するサービスをインターネット経由で提供する。

キャプション 「FacilityView for PLC」のダッシュボード画面[クリックで拡大] 出所:コンテック

 初期投資、ユーザーによるサーバ運用保守、通信回線の管理が不要で、通信費用を含んだサブスクリプションサービスとして提供する。

 別売りのIoTゲートウェイ機器は、PLCから設備の情報をEthernet経由で取得し、クラウドに集約する。LTE通信機能を搭載しており、キッティング済みの通信SIMを内蔵するため、PLCに接続するだけで運用できる。

キャプション 専用IoTゲートウェイ 出所:コンテック

 コンテックは「FacilityView」シリーズとして、他のセンサーに対応した設備監視パッケージの展開を予定。また、FacilityViewのIoTプラットフォームを、サービスとしてOEM提供することを予定している。

 なお、FacilityView for PLCは、IDECからもLTE通信型クラウドデータロガー「SG1A形」の名称でサービスを展開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.