5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2022年05月13日 08時00分 公開

ノキアがローカル5Gラボを開設、試験やPoCなどを推進する「LaaS」の拠点に製造業IoT(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

エコシステムパートナーは14社に

 今回のローカル5Gラボの公開に合わせて、エコシステムパートナーとして日本システムウエア、TeamViewer Japan、東芝インフラシステムズ、京セラの4社が加わったことを明らかにした。これでエコシステムパートナーの社数は14社まで拡大したことになる。

ノキアのローカル5Gの国内エコシステムパートナー ノキアのローカル5Gの国内エコシステムパートナー。新たに4社が加わった[クリックで拡大] 出所:ノキアソリューションズ&ネットワークス

 会見では、ラボのローカル5Gシステムとローカル5G対応スマートフォンを用いたグループコミュニケーションのデモンストレーションを披露した。また、プライベートネットワーク内の通信速度が実測で1.5Gbpsを達成できていることを確認できた。

グループコミュニケーションのデモ通信速度は実測で1.5Gbps ローカル5Gネットワークを用いたグループコミュニケーションのデモ(左)。システム制御端末のノートPCのカメラから、ローカル5G対応スマートフォンにプッシュトゥトークで映像を送信している。このプライベートネットワークの通信速度は実測で1.5Gbpsだった(右)[クリックで拡大]

 この他、Spirent Communicationsのローカル5Gインフラのテストシステムや、日本システムウエアとTeamViewerが提供するスマートグラスのカメラで構造物の劣化診断を行いAR(拡張現実)で遠隔指示を行うソリューション、各社のローカル5G対応端末なども披露された。

Spirent Communicationsのローカル5Gインフラテストシステムの概要5GCシステム検証のテスト結果画面 Spirent Communicationsのローカル5Gインフラテストシステムの概要(左)。ローカル5Gシステムに実機を用い基地局や端末を仮想的に配置する「5GCシステム検証」と、基地局や端末に実機を用いローカル5Gシステムを仮想的に配置する「5G RAN検証」などが可能だ。5GCシステム検証のテスト結果画面(右)では、ラボのローカル5Gシステムを用いて基地局を仮想的に251台接続しており、3Gbpsの通信速度を確認している[クリックで拡大]
日本システムウエアとTeamViewerのソリューション展示日本システムウエアとTeamViewerのソリューションの概要 日本システムウエアとTeamViewerが提供するスマートグラスのカメラで構造物の劣化診断を行いAR(拡張現実)で遠隔指示を行うソリューションの展示(左)とソリューションの概要(右)[クリックで拡大]
各社のローカル5G対応端末日立国際電気のAIエッジコントローラー 各社のローカル5G対応端末(左)。左から、コネクシオのゲートウェイ「CONEXIOBlackBear」、シャープの「AQUOS Sense 5G」ベースのスマートフォンとルーター、京セラのルーター。日立国際電気のAI(人工知能)エッジコントローラーのカメラ一体型とボックス型(右)[クリックで拡大]

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.