コラム
» 2022年05月12日 12時00分 公開

紙の書籍をデジタル化するように、空間も3Dで“自炊”する時代に!?モノづくり総合版メルマガ 編集後記

実際に体験してみると、想像以上に手軽でとても身近に感じられました。

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2022年5月12日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

 先日、2022年4月に日本法人を設立したばかりのMatterport(マーターポート)の新製品「Matterport Axis」を使ったレビュー記事を公開しました。アイティメディアの受付エリア周辺を3Dキャプチャーし、3Dデジタルツイン化してみましたので、未読の方はぜひ記事をご覧ください。実際に没入体験ができます!

 簡単に触れておきますと、Matterport Axisとは、スマートフォンのカメラで空間3Dキャプチャーを実現するためのモーター駆動式自動回転雲台のことで、2022年5月中旬以降に国内販売を開始する予定になっている製品です。ちなみに、販売価格は1万円台を想定しているとのこと。

※注:「3Dデジタルツイン」はラティス・テクノロジーの登録商標です。

紙の書籍をデジタル化するように、空間も3Dで“自炊”する時代に!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.