ニュース
» 2022年05月11日 15時00分 公開

AI技術と自動化機能を搭載した、日本発のCT装置を発売医療機器ニュース

GEヘルスケア・ジャパンは、AI技術と自動化機能を搭載したCT装置「Revolution Ascend」を発売した。企画から開発まで日本チームが主導しており、国内ユーザーの声を多く取り入れた製品となる。

[MONOist]

 GEヘルスケア・ジャパンは2022年4月18日、AI(人工知能)技術と自動化機能を搭載したCT装置「Revolution Ascend(レボリューションアセンド)」を発売した。企画から開発まで日本チームが主導しており、国内ユーザーの声を多く取り入れている。

キャプション 日本開発のCT装置「Revolution Ascend」[クリックで拡大] 出所:GEヘルスケア・ジャパン

 Revolution Ascendでは、これまでのCT検査で課題とされていた検査工程を見直し、AI技術や自動化機能をそれぞれの工程に活用している。患者ごとに異なる体格や内容に適した検査を実施可能になるため、これまで操作者に委ねられていた作業工程を標準化できる。また、患者や医療従事者の負担軽減も期待できる。

 画像再構成処理技術として、AIプラットフォーム「Edison」で開発したディープラーニング画像再構成アルゴリズム「TrueFidelity」を搭載し、低被ばくと高画質を両立した。特に頭部、腹部などの密度分解能が重要とされる領域での読影負担軽減、診断能の向上が期待できる。なお、ディープラーニングを活用した画像再構成技術が、全身領域のCT検査に対応するのは初になるという。

 同社は、国内の総合大型病院や地域中核病院など専門性の高い施設、買い替えを検討している施設を主対象とし、販売を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.