ニュース
» 2022年03月24日 07時30分 公開

キオクシアが北上工場に新棟建設、フラッシュメモリの旺盛な需要に対応工場ニュース

キオクシアは2022年3月23日、3次元フラッシュメモリの生産能力増強に向け、北上工場(岩手県北上市)に2022年4月から第2製造棟(K2棟)を建設を開始すると発表した。

[MONOist]

 キオクシアは2022年3月23日、3次元フラッシュメモリの生産能力増強に向け、北上工場(岩手県北上市)に2022年4月から第2製造棟(K2棟)の建設をすると発表した。

 フラッシュメモリ市場はクラウドサービスの拡大や5G通信の普及、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの活用拡大などが広がる中で中長期の成長が期待されている。これらの市場成長を背景に新棟建設を決めた。完成は2023年を予定する。

 K2棟は、第1製造棟(K1棟)の東側の土地に建設する。地震の揺れを吸収する免震構造を採用するとともに、最新の省エネ製造設備の導入や再生可能エネルギーの利用などで環境面も重視した工場とする。また、AIを活用した生産システムの導入などを推進し、北上工場全体の生産性や品質の向上につなげる。管理部門や技術部門が入居する管理棟も同じ敷地内に建設予定だという。また、K2棟で共同投資を行うため、米国ウエスタンデジタルとの協議も進める予定だ。

≫「工場ニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.