ニュース
» 2022年02月25日 14時00分 公開

東芝デジタルソリューションズ、半導体開発子会社の株式をキオクシアに譲渡製造マネジメントニュース

東芝デジタルソリューションズは2022年2月24日、キオクシアホールディングスと、TDSLの連結子会社である中部東芝エンジニアリングの発行済株式の全てを、キオクシアに譲渡する契約を締結したと発表した。

[池谷翼,MONOist]

 東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は2022年2月24日、キオクシアホールディングスと、TDSLの連結子会社である中部東芝エンジニアリングの発行済株式の全てを、キオクシアに譲渡する契約を締結したと発表した。今後、具体的な手続きを進め、2022年前半までの譲渡完了を目指す。

 中部東芝エンジニアリングはTDSLの全額出資子会社で、半導体関連の開発、設計、製造のエンジニアリング業務や、半導体システム開発、運用、保守事業を展開している。これまで同社は、半導体開発などを通じて培ってきた技術ノウハウを基に、キオクシアの事業をエンジニアリング面で支援してきた。

 本社所在地は愛知県名古屋市で、資本金は1億円。2020年度の売上高が123億円で、2021年4月時点の社員数は420人となっている。

 TDSLは譲渡契約を締結した理由について、「半導体開発やシステム運用が高度化していく中で、中部東芝エンジニアリングにとって、キオクシアと一体となって業務に取り組むことが最適である」と判断したとしている。

 なお、今回の譲渡金額についてTDSLは明らかにしていない。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.