ニュース
» 2022年03月17日 07時00分 公開

半導体用先端素材向け工場を茨城県に建設、JX金属が2000億円規模の投資で工場ニュース

JX金属は2022年3月16日、茨城県ひたちなか市に新工場建設用大規模用地の取得を行ったと発表した。新工場では、半導体用スパッタリングターゲットや圧延銅箔、高機能銅合金条などの既存成長分野に加え、結晶材料など先端素材関連新規事業向けの中核拠点としての役割も持たせる計画だ。

[MONOist]

 JX金属は2022年3月16日、茨城県ひたちなか市に新工場建設用大規模用地の取得を行ったと発表した。新工場では、半導体用スパッタリングターゲットや圧延銅箔、高機能銅合金条などの既存成長分野に加え、結晶材料など先端素材関連新規事業向けの中核拠点としての役割も持たせる計画だ。

photo 新工場の完成イメージ[クリックで拡大] 出所:JX金属

 JX金属が新たに取得した用地の敷地面積は約24万m2となる。ここに建設する新工場では、現在需給が逼迫(ひっぱく)する半導体用スパッタリングターゲットや圧延銅箔、高機能銅合金条などの先端素材の生産を行う計画だ。これらの先端素材は今後も需要が旺盛に続く見込みであり、供給体制の構築を図る。また、6G時代で期待される光通信の拡大に合わせ、新規事業として期待されている結晶材料の中核拠点としての役割も持たせる。

 新工場への総投資額は、現時点では2000億円規模になる見込み。2025年度(2026年3月期)初頭から順次操業を開始し、最終的には500人規模の主要拠点とする計画だ。同社の日立事業所や磯原工場から距離も近く、東京都港区の本社へのアクセスも良好であるため、拠点間の連携活用を進めていくという。

photo 新工場の立地[クリックで拡大] 出所:JX金属

≫「工場ニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.