VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2022年03月01日 13時00分 公開

KDDIとNTTドコモがARメガネ「Nreal Air」の予約受付開始VR/AR/MRニュース

KDDIとNTTドコモが、NrealのARメガネ「Nreal Air」を日本で発売する。最大201インチで映像を視聴可能で、TUV Rheinland(テュフ・ラインランド)から低ブルーライト、フリッカーフリーの認証を取得している。

[MONOist]

 Nrealは2022年2月14日、KDDIとNTTドコモが同社のAR(拡張現実)メガネ「Nreal Air」を日本で発売すると発表した。同日より予約受付を開始しており、予約注文分は同年3月4日に販売開始の予定。希望小売価格は4万9800円(税込み)だ。

ARメガネ「Nreal Air」 ARメガネ「Nreal Air」[クリックで拡大] 出所:Nreal

 Nreal Airは、本体重量が約79gと軽量で、サイズは使用時が148×52×159mm、収納時が148×52×60mm。折りたたむと、ポケットに収まるサイズだ。一般的なVR(仮想現実)グラスの約2倍のシャープさを有し、最大201インチで映像を視聴できる。

 ウルトラリニアスピーカーと大型音響空間を搭載し、低音強調アルゴリズムやノイズキャンセリングにより、臨場感を高める。同社独自の3Dインタラクティブアプリケーション「Nebula」により、仮想画面を複数同時に立ち上げられる。

 最大40度の柔軟性を確保したスプリングヒンジシステムにより、さまざまなヘッドサイズに対応する。最適な視野角が確保できる3段階のテンプル傾斜角調整システムも搭載した。

 TUV Rheinland(テュフ・ラインランド)から、ハードウェアレベルの低ブルーライト、フリッカーフリー認証を取得。マイクロOLEDスクリーンが発するブルーライトスペクトル中の高エネルギー可視ブルーライトの割合が31%、sRGB色域カバー率が99.5%となっており、ブルーライトが視覚に与える潜在的な影響を軽減しながら、画面の色をsRGBの全色域でほぼ完全に表現できる。

 3DoF(Degree of Freedom)のヘッドトラッキングシステム、60Hzのリフレッシュレート、単眼解像度が最大1080pのHD Micro-OLEDスクリーンを備える。視野角は約46度、角解像度は最大49ピクセル/度だ。

 また、Nreal Airとスマートフォンの互換性を強化するアクセサリ「Nreal Streaming Box」の販売も予定する。Nreal AirまたはNreal Lightを接続すると、Wi-Fi/ホットスポット経由でスマートフォンのコンテンツや画像をARメガネにワイヤレスで投影し、視覚体験ができる。希望小売価格は9900円(税込み)となっている。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.