ニュース
» 2022年02月21日 09時00分 公開

自動車部品の研削加工品質を判定するAIモデルとAI管理システムが本格稼働製造IT導入事例

富士通とSUBARUが共同開発した、エンジン部品の研削加工品質を高精度に判定するAIモデルと、AIモデル管理を支援する「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 現場品質AI 運用管理パッケージ」が本格稼働を開始した。

[MONOist]

 富士通は2022年2月9日、SUBARUと共同開発したエンジン部品の研削加工品質を高精度に判定するAI(人工知能)モデルと、AIモデル管理を支援する「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 現場品質AI 運用管理パッケージ(以下、COLMINA 現場品質AI)」が、同年1月末より本格稼働を開始したと発表した。

キャプション システムのイメージ[クリックで拡大] 出所:富士通

 両社はこれまで、エンジンのカムシャフト研削加工工程の品質保証にAIモデルを活用する実証実験と、そのAIモデルの効率的な管理を支援するCOLMINA 現場品質AIを量産工程に適用した実証に取り組んできた。これらに加え、AIモデル開発から運用までの業務推進手法を体系化することで、今回、SUBARUの群馬製作所大泉工場でAIモデルの本格稼働を開始した。

キャプション カムシャフト 出所:富士通

 導入したシステムでは、全カムシャフトの主軸動力値や振動のデータを、研削設備に接続したセンサーから取得する。エッジデバイスを通じて収集したこれらのデータを基に、開発したAIモデルにより品質基準値内かどうかを判定。判定結果は、加工設備へフィードバックする。

 また、AIモデルとCOLMINA 現場品質AIを連携させることで、設備に組み込まれたAIモデルを一元管理する。AIモデルの推論結果と検査結果を常に照合、監視して予測精度を維持したり、AIモデルのチューニング時期を判断できる。

 今回の本格稼働により、従来の抜き取り検査と比較して、リアルタイムかつ高精度に全カムシャフトの研削加工の品質保証が可能になる。さらに、COLMINA 現場品質AIによるAIモデルの一元管理で、効率的な運用や品質維持が可能になったとしている。

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.