ニュース
» 2022年02月01日 08時00分 公開

HD-PLC技術が国際標準規格「IEEE 1901b」として認定組み込み開発ニュース

国際標準規格「IEEE 802.1X」認証に対応したパナソニックの電力線通信「HD-PLC」技術が、「IEEE 1901b」として承認された。スマートグリッドやスマートシティーといった大規模IoTネットワークに対応可能となっている。

[MONOist]

 パナソニックは2022年1月11日、国際標準規格「IEEE 802.1X」認証に対応した同社の電力線通信「HD-PLC」技術が、「IEEE 1901b」として承認されたと発表した。

 HD-PLC技術は、電力線の他に同軸線や電話線、ツイストペア線といった既存のケーブルを通信回線として用いるもので、低コストで有線通信を高速化できる。

 このHD-PLC技術に、ネットワーク(LAN)内のユーザー認証の方式を規定したIEEE 802.1Xの仕組みを導入したことで、ネットワーク上のセキュリティリスクへの対策を強化した。スマートグリッドやスマートシティーといった大規模なIoT(モノのインターネット)ネットワークのセキュリティ要件に対応可能となっている。

 HD-PLC技術は2019年3月に「IEEE 1901a」として認定されており、同社は2021年3月に「IEEE 1901-2020」準拠の半導体IPコアのライセンス供与を開始している。

 同社は今後、住居や社会インフラなどでのIoT、DX(デジタルトランスフォーメーション)、GX(グリーントランスフォーメーション)化に貢献すべく、IEEE 1901bに準拠した技術開発、ライセンス供与を進めていく。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.