ニュース
» 2022年01月13日 15時00分 公開

皮膚観察用カメラとスコープが米国で医療機器認可を取得医療機器ニュース

カシオ計算機の皮膚観察用ダーモカメラ「DZ-D100」と皮膚観察用ダーモスコープ「DZ-S50」が、FDAによる医療機器認可を取得した。米国向けに、カシオアメリカのECサイトで販売を開始する予定だ。

[MONOist]

 カシオ計算機(カシオ)は2021年12月22日、皮膚観察用ダーモカメラ「DZ-D100」と皮膚観察用ダーモスコープ「DZ-S50」が、米国食品医療品局(FDA)による医療機器認可を取得したと発表した。同年度中に、カシオアメリカのECサイトで米国に向けて販売を開始する。

キャプション 左から「DZ-S50」「DZ-D100」「D'z IMAGE Viewer」[クリックで拡大] 出所:カシオ計算機

 DZ-D100は、カシオが皮膚科医と共同開発したダーモカメラで、患部の接写と通常の撮影に1台で対応する。撮影画像は、無料のソフトウェア「D'z IMAGE Viewer」で管理可能だ。ダーモスコープのDZ-S50は、目視による皮膚観察を手軽にできる。

 国内では、2019年5月にDZ-D100を、2020年3月にDZ-S50を発売。海外展開としては、2021年2月に皮膚病の罹患率が高いオーストラリアとニュージランドで販売を開始している。今回、FDAのクラスIを取得したことで、医療機器として米国での販売が可能になった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.