ニュース
» 2022年01月05日 09時00分 公開

建設現場にリコーの全天球型カメラ「THETA」導入、死角のない遠隔監視実現に製造ITニュース

リコーは2021年12月20日、鹿島建設と共同で、VR空間共有ソリューション「リコーバーチャルワークプレイス」を導入している新潟県長岡市の大河津分水路新第二床固改築期工事において、360度カメラ「RICOH THETA」とライブストリーミングサービス「RICOH Live Streaming API」を新たに適用したと発表した。

[池谷翼,MONOist]

 リコーは2021年12月20日、鹿島建設と共同で、VR(仮想現実)空間共有ソリューション「リコーバーチャルワークプレイス(以下、VWP)」を導入している新潟県長岡市の大河津分水路新第二床固改築期工事において、360度カメラ「RICOH THETA」とライブストリーミングサービス「RICOH Live Streaming API」を新たに適用したと発表した。VR空間内で複数人が遠隔で360度ライブ配信映像に同時参加できる環境を構築した。

360度ライブ配信映像のイメージ図[クリックして拡大] 出所:リコー

 近年、Webカメラや携帯端末などで現場を遠隔管理する取り組みに注目が高まっている。こうした情勢を背景に、新潟県長岡市の工事でもVWPを用いた現場の遠隔管理を2021年5月から実施している。しかし、既存のWebカメラは画角が限定的なものにならざるを得なかったため、遠隔からの参加者は現場全体の状況を十分に把握できないという課題があった。

現場からの映像配信を行っている様子[クリックして拡大] 出所:リコー

 そこで新たにRICOH THETAを用いることで、これまでの限定的な画角では確認しきれなかった箇所を見落とすことなく、遠隔からの参加者それぞれが現場にいるかのように周囲の状況を確認できるようにした。VWP内でも参加者同士による360度のライブ映像内での自由なコミュニケーションが可能になり、より迅速な合意形成が可能となった。PCやiPadなどのタブレット端末からも、VRゴーグルを装着した参加者と同じ360度ライブ映像を確認できるようにしたという。

 具体的には鹿島建設の本社(東京都港区)に一連のシステム一式を常設し、大河津分水路工事の360度ライブ映像配信ブースを設けている。これによって、いつでも東京から新潟県の現場に入り込み、現場の状況がリアルタイムで確認できるようにした。今後、360度カメラの設置現場を増やして、本社からさまざまな現場の遠隔パトロールなどを実施できるようにする予定だ。

 さらに、現場の遠隔監視と併せて、同システムによる工場の遠隔検査も実施中だという。同工事で使用する鋼殻ケーソン(基礎あるいは地下構造物を構築する際に用いる鋼製の大型の箱状構造物)は北九州地域で製造されているが、外観検査のためには工事関係者全員が現地に赴く必要があった。このためRICOH THETAとWebカメラを導入することで、社員1人が現地を訪れて工場検査の様子をライブ配信すれば、その他の関係者が遠隔から検査に参加できる環境を整備した。移動時間の短縮や、関係者のスケジュール調整の手間を削減するなど、生産性の向上につながったとしている。

本社に設置した360度カメラの映像[クリックして拡大] 出所:リコー

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.