ニュース
» 2021年11月09日 06時00分 公開

相対速度時速200kmでドローンが衝突回避、スバルなど5社で「世界初」の試験に成功自動運転技術

SUBARU(スバル)と日本無線、日本アビオニクス、ACSL、マゼランシステムズジャパンは2021年11月8日、相対速度時速200kmでの小型無人航空機の自律的な衝突回避に成功したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 SUBARU(スバル)と日本無線、日本アビオニクス、ACSL、マゼランシステムズジャパンは2021年11月8日、相対速度時速200kmでの小型無人航空機の自律的な衝突回避に成功したと発表した。

衝突回避試験のイメージ[クリックで拡大] 出所:スバル

 衝突回避試験は福島県南相馬市の広域飛行空域を利用した。時速50kmで飛行する10kgクラスの無人航空機と、時速150kmの有人ヘリコプターを正面から接近させた。無人航空機に搭載した各種センサーの探知データに基づいて衝突を回避する経路をリアルタイムで生成。その経路に沿って自律飛行で回避できることを確認した。有人ヘリコプターを回避した後、元の飛行経路に復帰することも確かめた。

衝突回避試験の概要[クリックで拡大] 出所:スバル

 この試験は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/無人航空機の運航管理システム及び衝突回避技術の開発/単独長距離飛行を実現する運航管理機能の開発(離島対応)」の一環として実施した。相対速度時速200kmでの回避に成功するのは「世界初」(スバルら)だとしている。

 無人航空機は農業分野などで利用が広がっているだけでなく、災害時の物資運搬や遭難者の捜索、物流などの用途でも活用が期待されている。これらの用途で活用するには、操縦者の目に見えない範囲を飛行する「目視外飛行」や、無人航空機の運航に関与しない第三者の上空を飛行する「第三者上空飛行」の実現が必要になる。

 しかし、ヘリコプターなどの有人航空機と、ドローンなど無人航空機のニアミスは国内でも事例が報告されており、衝突回避技術は無人航空機の安全な利用に不可欠だ。今後、5社はこの成果を活用して無人航空機の社会実装を推進していく。

有人の航空機と小型無人航空機のニアミス[クリックで拡大] 出所:国土交通省

→その他の「自動運転技術」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.