連載
» 2021年10月14日 10時00分 公開

日本の製造業の現状とその打開策【後編】アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(12)(4/4 ページ)

[小田淳/ロジ,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

女性のエンジニア進出

 筆者の前職の部署では、電気エンジニアと機構エンジニアがほとんどであり、女性は全くといってよいほどいなかった。おそらくその理由は、製造業といえば工具を持って作業したり、手に油が付いたりと、多くの女性にとって敬遠されがちな仕事に見えるからであろう。

 しかし、現在の製品はハードウェアの技術が高止まりし、ソフトウェアで差別化を図る時代になってきた。さらに、「モノ」だけでは売れず、「コト」と一体になって評価される時代になってきている。つまり、工具を持って手に油の付いたエンジニアだけが活躍する製造業ではなくなり、女性が活躍できる場は確実に増えてきているといえる。製品を購入する人の半分は女性である。顧客目線でのモノづくりの必要性からも、製造業により多くの女性の進出を促すことも日本の課題といえる。

まとめ

 日本のモノづくりの優位性の半分は、【前編】でお伝えした設計者の信頼性へのこだわりである。設計スピードの早さとコストの安さという土俵に安易に上ってはならない。そして、残りの半分の優位性は、今回お伝えした部品メーカーが支えている。よって、日本のモノづくりの優位性の半分を担う部品メーカーが、このまま衰退していくわけにはいかないのである。

 それを解決するのが、効率化と連携化、拡張化を目指す「製造業のDX」の大きな波であると捉えることができ、この波が設計メーカーと部品メーカー、さらには組み立てメーカーをも大きく飲み込んでくれることを期待するしかないと考えている。

 さらに、そこには「『モノ』から『コト』へ」というトレンドがあり、ITエンジニアやソフトウェアエンジニアの活躍が期待されている。しかし、ただ単にエンジニアの数が増えるだけではダメであり、主導権を持ってビジネスを進めていくという、マインドの変化も必要になってくる。そこには、男性だけでなく、女性エンジニアの活躍できる場も多くあることを添えておきたい。 (連載完)

⇒「連載バックナンバー」はこちら

筆者プロフィール

小田淳

小田淳(おだ あつし)

上智大学 理工学部出身。ソニーに29年間在籍し、メカ設計者としてモニターやプロジェクターを製品化する。モノづくりのベンチャー企業の方とお話する中で、「製品化」という知識がないばかりに、適切ではないエンジニアを採用してしまった、売っても損をする、製品が法規制を守っていなかった、などの問題を抱えている企業が多くあることに気付く。素晴らしいアイデアと志を持ちながら、多くの資金と時間を浪費している状況を目の当たりにし、コンサルや研修を始める。製品化のいろはコンサルタント ロジ代表。

ロジ Webサイトhttps://roji.global/

【随時更新】無料セミナー開催情報https://roji.global/muryou-seminar/

著書(新刊)


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.