コラム
» 2021年09月14日 12時00分 公開

さよならラバーマスク、身近で感じた長期化するコロナ禍の影響メカ設計メルマガ 編集後記

地元(近所)の企業だったので製造中止のニュースはショックでした。

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2021年9月14日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

⇒ 「メルマガ編集後記」のバックナンバーはこちら

 いまだ収まる気配のない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大。ワクチン接種も進みつつあるようですが、緊急事態宣言の延長、新たな変異株の存在など、かつてのような平穏な日常を取り戻せるのは、まだ先になりそうな気配ですね。

 長引くコロナ禍によって、倒産/廃業してしまう企業も少なくありません。帝国データバンクが2021年9月10日に発表した「新型コロナウイルス関連倒産」(法人および個人事業主)によると、日本全国のCOVID-19関連倒産発生累計件数は2027件(法的整理:1878件、事業停止:149件)だそうです。月別の発生件数の推移を見てみると、2020年よりも2021年の方が倒産件数が多く、特に飲食店、建築/工事業、ホテル/旅館、食品卸といった業界への影響が大きいようです。

 また、同じく帝国データバンクの「新型コロナウイルスによる企業業績への影響調査(2020年度)」によると、2020年度決算の企業業績は全産業(金融/保険を除く)約10万7000社のうち、減収となった企業は58.3%を占め、2019年度(40.3%)と比べて18ポイント増。業種別に見ると、減収企業の割合が最も高かったのは製造業で、71.5%に達したとしています。長引くコロナ禍がもたらす影響は深刻です。

さよならラバーマスク、身近で感じた長期化するコロナ禍の影響

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.