特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2017年07月27日 10時00分 公開

「AIoT」を社外に広げるシャープ、強みは音声対話技術にあり製造業がサービス業となる日(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

マンション向けIoTソリューション「つたえるーむ」に「AIoT」を提供

 COCORO+に代表されるこれら家電製品群に用いられているAIoTプラットフォームは、家電を人工知能化するAIを形作る「音声対話」「データセンシング」「インテリジェンス」、家電をクラウドにつなぐIoTである「AIoTモジュール」「WebAPI」から構成されている。

「COCORO+」を構成する要素技術をAIoTプラットフォームとして社外に展開していく 「COCORO+」を構成する要素技術をAIoTプラットフォームとして社外に展開していく(クリックで拡大) 出典:シャープ

 そしてコンシューマー向けのCOCORO+で培った知見をてこに、AIoTプラットフォームを社外に提供する取り組みも始まった。COCORO+の鍵になる音声対話機能は「音声対話ソリューション」としての展開を始めている。「組み込み、アプリ、ロボットというさまざまな形で実装できるようにしている」(白石氏)。

「音声対話ソリューション」の概要 「音声対話ソリューション」の概要(クリックで拡大) 出典:シャープ

 2017年7月には、インターネット回線サービスのアルテリア・ネットワークス、インターフォンのアイホン、デジタルドアロックのアッサアブロイとともに、マンション向けIoTソリューション「つたえるーむ」を発表している。AIoTプラットフォームと各社の住宅設備をつなげて、鍵の開け閉めやインターフォンの呼び出しといった普段の行動を通じて、マンションに住む家族がより安心に暮らせるようにするサービスである。

 シャープは、つたえるーむにおいて、AIoTプラットフォームに加えてユーザーとの接点となるコミュニケーションアプリ「ココロボ〜ド」も提供している。

4社によるマンション向けIoTソリューション「つたえるーむ」 4社によるマンション向けIoTソリューション「つたえるーむ」(クリックで拡大) 出典:シャープ

 この他にも、AIoTプラットフォームをCRM(顧客関係管理)に展開することも想定している。白石氏は「音声対話技術にAIを加えて、単なる顧客管理からロイヤルカスタマーの獲得につながる新しいCRMシステムの提供につなげたい」と述べている。

「AIoT」を新しいCRMシステムに展開 「AIoT」を新しいCRMシステムに展開(クリックで拡大) 出典:シャープ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.