• 関連の記事

「家電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家電」に関する情報が集まったページです。

知らないと損!?業界最前線:
家電の買い方が変わる? パナソニックも参入した“メーカー再生品”の可能性
パナソニックは4月10日、家電の再生品販売サービスを本格スタートした。パナソニックストアで、再生品の販売も行うという。日立GLSは2022年から家電のメーカー再生品販売を行っており、家電量販大手のヤマダデンキは2001年から再生品販売を行っている。いずれも保証を受けられる点が魅力だ。(2024/5/25)

プロダクトInsights:
ドンキ、今年も夏物家電「ド風量」シリーズを発売 どう変わった?
ドン・キホーテは、大風量が特徴の夏物家電4商品を発売した。特徴は……。(2024/5/23)

XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場
米VITUREは5月21日12時(日本時間)にスマートグラス「VITURE Pro(ヴィチュアー・プロ)」の予約販売を開始した。直販サイトでの販売価格は7万4880円(税込み)。VITURE公式ストア、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店などが取り扱う。(2024/5/21)

家電を共通のバッテリーで動かすと何が便利? 山善「バッテリー家電」の狙い
山善は15日、共通のバッテリーパックで動く家電シリーズ「ELEIN」を発表した。6月上旬から夏にかけ、スポットクーラーや扇風機、保冷温庫などを順次発売する。(2024/5/16)

SwitchBot、さまざまな家電をまとめて操作できる多機能学習リモコン
SwitchBotは、赤外線対応の家電を一括操作可能な多機能学習リモコン「SwitchBot学習リモコン」を発表した。(2024/5/16)

山善“コンセントに刺さない”家電 売上100億円を狙う新シリーズは成功なるか?
山善は5月13日、リチウムイオンバッテリーを活用する新家電カテゴリー「ELEIN」を発表した。コンセプトは「新しいバッテリーが人を自由にする」で、第1弾商品として16商品を用意。6月上旬から順次発売する。同社家庭機器事業部長の中山尚律氏によると、初年度の売り上げは5億円を見込んでいるという。(2024/5/16)

山善、リチウムイオンバッテリーを活用した家電「ELEIN」シリーズを立ち上げ 第1弾16アイテムを6月上旬に発売
山善が、リチウムイオンバッテリーを活用した家電シリーズ「ELEIN」を新設する。第1弾として6月上旬から順次、リチウムイオンバッテリー、コンパクトクーラー、ポータブル電源など16アイテムを発売する。(2024/5/15)

ロボット掃除機を再定義:
SwitchBotが多機能掃除ロボット「S10」を発売 水道からの直接給水と下水への直接排水に対応
SwitchBotが、自動給排水機能とリアルタイムモップ洗浄機能を備えた多機能掃除ロボット「SwitchBot お掃除ロボットS10」の販売を開始する。国内ではSB C&Sを通して公式販売サイトを含むECサイト、主要な家電量販店で取り扱われる。【更新】(2024/5/14)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【5月11日最新版】 家電やデータ容量のプレゼント、ポイント還元が充実
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。キャンペーンを利用すれば、さらにお得にサービスを利用できる。(2024/5/11)

スマートホーム:
企業横断で生活データを統合管理、スマートホームで暮らしをアップデート 日鉄興和不動産などが実証実験
日鉄興和不動産と電通は、大手家電/消費財メーカーやセンシングサービス事業者などと連携し、スマートホームプロジェクト「HAUS UPDATA」の実証実験を開始した。これまで各社が個別に管理していた多様な生活行動データを統合/蓄積し、居住者のライフスタイルに合った暮らしへのアップデートを支援する。(2024/5/7)

au PAY マーケットの「ポイント超超祭」、ブランド家電などが最大40%割引 5月5日から
総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」は、5月5日から「ポイント超超祭」を開催。購入金額や条件に応じて最大7%のPontaポイントを還元し、dyson、BRAUN、MTGといったブランド家電も最大40%割引になる。(2024/5/2)

日産とパナソニック、クルマと家電を連携するサービスを開始 何ができる?
日産自動車とパナソニックは、家電を通じてクルマの移動情報や状態を音声で通知する新サービスを開始する。それぞれ異なるクラウドサービスである「NissanConnect」とパナソニックの「音声プッシュ通知」のAPIを連携し、両サービスのID認証を行うことで実現した。(2024/4/24)

PayPay、コンビニや家電量販店で使える「PayPayクレジット」決済限定クーポン配信 5月7日から
PayPayは、支払い方法のうち「PayPayクレジット」の決済限定で使えるクーポンを配信。ソフトバンクユーザーを対象にデイリーヤマザキ、ローソン、エディオン、カメラのキタムラ、コジマなどで利用できる。(2024/4/22)

モビリティサービス:
コネクテッドカーと家電が連携、クルマの情報を家族も把握できる
日産自動車とパナソニック オートモーティブシステムズ、パナソニック くらしアプライアンス社は自動車と家電のコネクテッドサービスを連携させた新サービスを開始する。(2024/4/22)

「回転寿司」と「流しそうめん」が同時にできる! “二刀流”調理家電登場
乾電池式なのでどこでも使えます!(2024/4/19)

「SwitchBotプラグミニ」一部に不具合 「断続的にON/OFFを繰り返す」など 交換で対応
コンセントと家電の間に差し込むことで、家電製品をスマートフォンなどから操作できるようにするガジェット「SwitchBotプラグミニ」の一部で、通常より故障率が高いことを確認したため、対象商品を交換すると発表した。(2024/4/17)

パナソニック、高級家電の再生品 公式通販を開始 初期不良など修理・清掃
有機ELテレビやドラム式洗濯乾燥機の最上位機種など10カテゴリー47商品を今年9月までに展開し、商品によっては新品価格よりも2割以上安く購入できるようにする。(2024/4/11)

サステナブル設計:
パナソニックが再生家電を売る理由、サーキュラーエコノミーだけが目的ではない
パナソニックは、IoTの活用などにより家電販売の新たなマーケティング施策を進める「新たな商売の基準」の進捗状況とともに、同日から本格的に販売を開始するパナソニック検査済み再生品(1年保証付き)「Panasonic Factory Refresh」について説明した。(2024/4/11)

パナソニック、1年保証付き中古再生品の販売を拡充 デジカメやBDレコーダーも
パナソニックは10日、中古の家電を再生し、1年間のメーカー保証を付けて販売する“リファービッシュ品”の対象製品を10カテゴリーに拡大すると発表した。(2024/4/10)

早まる熱中症対策 家電量販店はエアコン購入早割、対応の飲料や日傘の売り場拡大へ
全国で桜の満開発表が相次ぐ中、早くも熱中症対策の動きが出始めている。家電量販店ではエアコンの早期購入で特典を付与するサービスが始まり、熱中症対策の飲料や日傘などの売り場を例年より早く拡大する動きもみられる。(2024/4/10)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
赤外線リモコンの制限は解消された? 新登場の「SwitchBotハブミニ」Matter対応版を試す
家電も操作できるスマートリモコン「SwitchBot ハブミニ」に、Matter対応モデルが登場した。実機を使って試してみた。(2024/4/3)

ドンキで男性向け美容家電“爆売れ” マンダム参入の決め手は?
化粧品メーカーのマンダムが、メンズスタイリングに特化した美容家電ブランドを立ち上げた。ドン・キホーテが特に男性向け美容家電に期待している理由とは?(2024/4/3)

au PAY マーケット、最大35%還元の「ポイント超超祭」開催 抽選で50%割引クーポンも
総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」は、4月5日から最大35%還元の「ポイント超超祭」を開催。「XPRICE au PAY マーケット店」では、抽選で50%オフクーポンなどが当たる「春の家電祭」を実施する。(2024/4/1)

“見せつける”ようなデザインが避けられてる? 家電やファッションで進む「ロゴなし化」 シャープ、アップル、ユニクロの特徴
家電やファッションで「ロゴなし」が進んでいる。背景には「クワイエット・ラグジュアリー=静かなぜいたく」と呼ばれるトレンドがあるという。(2024/3/29)

家電業界に“黒船”本格参入 コスパ重視「Comfee’」が日本を“狙い撃ち”した理由
日本において、Midea Groupが注力するComfee’の狙いは? 世界の市場シェアを獲得する要因はどこにあるのか。日本美的で取締役を務める斉心氏に聞いた。(2024/3/28)

サイバーセキュリティ規格に対応:
短距離無線通信向けワイヤレスSoC、STが発表
STマイクロエレクトロニクスは、最新のサイバーセキュリティ規格に対応した短距離無線通信向けワイヤレスSoC(System on Chip)「STM32WBA5シリーズ」を発表した。ウェアラブル機器やスマートホーム機器、ヘルスモニター、スマート生活家電などの用途に向ける。(2024/3/25)

「Meta Quest 2」値下げ、過去最安の3万1900円に
米MetaのVRヘッドセット「Meta Quest 2」が、Amazonや家電量販店だけでなく、Metaの公式ストア含め値下げされている。対象は128GBモデルで3万1900円で販売。これは発売当初の販売価格を下回っており、Quest 2にとって過去最安となる。(2024/3/21)

「アイリスオーヤマの家電はヤバい!」「交換品がこの爆音w」 “爆音冷凍庫”の動画拡散で疑問の声相次ぐ 広報の見解は……
アイリスオーヤマに対応について取材しました。(2024/3/21)

車載、民生、産業用途に対応:
1.8V電子システムの監視/保護用アナログスイッチ
ネクスペリアは、1.8V電子システムの監視、保護向けアナログスイッチ「NMUX1308」「NMUX1309」を発表した。車載向けのAEC-Q100準拠モデルと、家電製品などの民生、産業用途に適した標準モデルをそろえる。(2024/3/19)

小寺信良のIT大作戦:
あたりまえになった「ロボット掃除機」 便利だからでは許されなくなる、“次の競争”とは
日用家電として、炊飯器、洗濯機、掃除機、エアコンなどは必需品と言えるが、昨今急速に日用家電の仲間入りを果たしたのが、ロボット掃除機である。iRobotの「ルンバ」がロボット掃除機の代名詞であった時代はすでに10年以上昔であり、今は多種多様のメーカーが参入している。(2024/3/11)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」 :
増える携帯電話ショップの「閉店」 その理由は?
最近、携帯電話販売店(キャリアショップ/併売店)や家電量販店の携帯電話コーナーが縮小/閉鎖される動きが活発になっている。その背景には何があるのか、最近実際に閉店に立ち会った店舗スタッフから話を聞いてみよう。(2024/3/4)

「ビーックビックビックビックカメラ」、JR山手線池袋駅の発車メロディに
大手家電量販店チェーンのビックカメラは1日、JR山手線「池袋駅」の発車メロディに「ビックカメラのテーマソング」が採用されたと発表した。(2024/3/1)

「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
「炊かずにはいられない」(2024/2/26)

IIJmio、家電量販店でギガプラン音声eSIMを受付開始 3月1日から
IIJmioサプライサービス ギガプランで、3月1日から音声eSIM(タイプD/タイプA)を家電量販店の即日開通カウンターで受付開始。家電量販店の店頭でeSIM対応のスマートフォンの購入と同時に開通と利用が行えるようになる。(2024/2/22)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す
家電製品などのスイッチを物理的に押してくれるデバイスの「ボット」は便利だが、悩ましいのが固定方法だ。そこで、一般家庭で使われている例が多いスイッチを想定し、ボットを固定してくれる製品を2種類試した。(2024/2/20)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
スマホから家電製品のスイッチを押せる「SESAME bot」はどこまで使える? SwitchBotボットと使い比べてみた
スマート家電が花盛りだが、それに非対応な家電をスマホから操作したい場合に役立つのが“スマートスイッチ”だ。ここでは「SESAME bot」と「SwitchBotボット」を使い比べてみた。(2024/2/19)

品質・技術の評価が高い白物家電メーカーは? マイボイスコムが発表
マイボイスコムが品質・技術や信頼性など、白物家電に対するブランドイメージ調査の結果を発表した。(2024/2/17)

ミッドレンジスマホ「OPPO A79 5G」はどこがお得? Y!mobile、楽天モバイル、IIJmio、家電量販店などの価格を比較
オウガ・ジャパンは2月9日、スマートフォンAシリーズの新モデル「OPPO A79 5G」を発表。Aシリーズとして初めてモバイルFeliCaや、マイナンバーカードのスマホ電子証明書に対応するなど、低価格ながら日本市場における需要に応える製品だ。どこで買うのがお得なのかをまとめる。(2024/2/9)

家電の運転データから症状を診断する機能、日立がスマホアプリに追加 修理依頼も
日立GLSは8日、家電ユーザー向けスマートフォンアプリ「ハピネスアップ」に、ネット対応家電の診断機能を追加すると発表した。(2024/2/8)

アンカー、Qi2認証を取得した最大15W出力のマグネット式ワイヤレス充電モデル4製品を発売
アンカー・ジャパンは、2月8日にQi2認証を取得した最大15W出力のマグネット式ワイヤレス充電モデル4製品を予約販売開始。Anker Japan 公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店などで取り扱う。(2024/2/8)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(28):
「炊き立てのおいしいご飯」を再発明 自動計量IH炊飯器が持つすごみ
2023年7月に登場した自動計量IH炊飯器「SR-AX1」は、装置内にあらかじめ米と水を入れておけば、スマートフォンからの遠隔操作で炊飯量がセットでき、指定時間までに炊き上げるという家電だ。最近、“攻めた”白物家電を展開するパナソニックだが、狙いは何か。開発者らに話を聞いた。(2024/1/31)

阪神タイガースとコラボして“アレ”を発売 ライソン「パインアメ 魔法のシロップメーカー」
家電・雑貨を企画販売するライソンは、阪神タイガースとコラボした「パインアメ 魔法のシロップメーカー」を2月1日に発売する。(2024/1/26)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
給餌、給水──猫2匹がエレコムの自動ペットケア製品を試してみた 細かな使い勝手を検証
エレコムがペット家電への新規参入と同時に第1弾の製品投入を発表した。1月中旬発売予定の3製品を借りる機会を得たので、拙宅猫が使ってくれるか、また飼い主にも心地よい製品なのかどうかを試してみた。(2024/1/12)

クボタがCESに自動運転農機 家電以外の初出展相次ぐ
近年、CESは自動車や環境などの新たなテーマでの展示が増えており、日本からも家電やデジタル技術とは違った切り口で企業が出展している。(2024/1/11)

パナソニックはアマゾンと協業 シャープはAI技術PR CES
米ラスベガスで世界最大級の家電IT見本市「CES」が9日(日本時間10日)、開幕する。パナソニックホールディングス(HD)やシャープ、村田製作所などの関西企業も出展し、新型テレビや人工知能(AI)を活用したにおいセンサーなど、新たな製品や技術をPRする。(2024/1/10)

エレコムがペット家電に参入 自動給餌器など3製品を発売
エレコムは9日、ペット家電市場に参入すると発表した。1月中旬から自動給餌器や自動給水器、ペット用フードスケールをECサイトを中心に販売する。(2024/1/9)

画面が“スケスケ”のテレビ、LGが商品化 世界初「ワイヤレス透明OLEDテレビ」
LGは、世界初のワイヤレス透明OLEDテレビ「LG SIGNATURE OLED T」を発表した。通常のテレビと異なり、ディスプレイ面が透明で裏が見えるのが特徴。LGの高級家電シリーズ「LG SIGNATURE」製品として販売する。(2024/1/9)

エレコム、ペット家電市場に参入──第1弾は自動給餌器/給水器/フードスケールを発売
PC周辺機器を中心に開発してきたエレコムが、ペット家電市場への参入を発表した。第1弾は「食」に関連したアイテムだ。エレコムが作るペット家電とは一体どのようなものだろうか。また、なぜペット家電の開発に至ったのだろうか。(2024/1/9)

暖冬でも爆売れ、山善の「着る電気毛布」 数万件のレビューを分析して見えた改善点
電気代の高騰による節約意識の高まりから、節電タイプの暖房器具が注目を集めている。家電メーカーの山善が手掛ける暖房アイテム「くるみケット」もその1つだ。開発担当者の加美将希さん(同社家庭機器事業部)に話を聞いた。(2024/1/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。