• 関連の記事

「家電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家電」に関する情報が集まったページです。

Garmin、スマートウォッチ「Venu」に新モデル 通話やテキスト返信も可能に
ガーミンジャパンがスマートウォッチ「Venu」シリーズの新モデルを発売する。従来モデルに搭載していたヘルスモニタリング機能やフィットネス機能に加え、通話の発信/応答、スマート家電の制御なども行える。(2022/1/27)

パワフルな2in1「Surface Laptop Studio」は3月1日発売 1月27日から予約を受付 個人向けモデルは約21万円から
日本マイクロソフトが、Surfaceとしては最もパワフルだとうたう2in1 PCを3月1日に発売する。同社の直販ストアや家電量販店では、1月27日から販売予約を受け付ける。(2022/1/27)

パナソニック調べ:
30〜40代既婚男女に聞いた「令和のしない家事、三種の神器」 3位は「洗濯乾燥機」、2位と1位は?
パナソニックが実施した「30・40代夫婦の家事に関するライフスタイル調査」で、家事負担軽減、家事時間削減のために購入したい家電1位は「食洗機」であることが分かった。他に共働き夫婦がお互いに思う家事分担比率などを比較した。(2022/1/27)

iPhone 13 miniが“実質23円”で投げ売り その実態に迫る
「iPhone 13 miniが23円で投げ売りされている」という情報をよく目にする。その実態を確かめるべく、都内の某家電量販店へ行き、具体的な条件や注意点を調べてみた。「23円」は一括価格ではない点に注意したい。(2022/1/25)

広がる家電サブスク パナソニックは賃貸向けサービス開始
物件のオーナーや管理会社に提供。入居者は自ら購入しなくても最新の洗濯機や冷蔵庫、調理家電などを利用できる。(2022/1/20)

広がる家電サブスク パナソニックは賃貸向けサービス開始
パナソニックが賃貸住宅向けに家電のサブスクリプションサービスを始める。物件のオーナーや管理会社に提供。入居者は自ら購入しなくても最新の洗濯機や冷蔵庫、調理家電などを利用できる。2026年までに営業利益を年間50億円にする。(2022/1/20)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。1月上旬、米ラスベガスで開かれた家電とデジタル技術の見本市「CES2022」では、パナソニックがメタバース事業への参入を発表した。ソニーグループもメタバース上でファンが交流できるサッカースタジアムを再現するサービスを予定するなど、市場開拓へ向けた動きが加速。日本のものづくりやゲーム産業の知見が生かせる分野として期待が寄せられている。(2022/1/18)

eSIMにも対応:
2画面5Gスマホ「Surface Duo 2」が日本上陸 1月11日に発売 18万4580円から
日本マイクロソフトが2画面5Gスマートフォン「Surface Duo 2」の日本における発売日と価格を発表した。同社の直販サイトの他、主要な家電量販店で販売される予定で、国内の各キャリアの通信に対応するという。(2022/1/7)

EV市場、三つどもえの戦い 変革急ぐ自動車大手
米ラスベガスで開かれている世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、ソニーグループが電気自動車市場への参入を本格検討する方針を示したことで、自動車業界は既存の大手、新興メーカーと異業種による三つどもえの競争がますます激しくなりそうだ。(2022/1/7)

変革急ぐ自動車大手:
新興メーカーと異業種が参戦 EV市場が三つどもえ
米ラスベガスで開かれている世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、ソニーグループが電気自動車(EV)市場への参入を本格検討する方針を示したことで、自動車業界は既存の大手、新興メーカーと異業種による三つどもえの競争がますます激しくなりそうだ。(2022/1/7)

スマート家電などが最大48%オフ 「+Style 新春福袋セール 2022」開催
BBソフトサービスが提供するECサイト「+Style(プラススタイル)」が、スマート家電やIoT商品41点を最大48%引きで販売する新春セールを実施している。1万〜4万円までの予算から選べる4コースの福袋も用意される。(2022/1/6)

ソニーがEV新会社 春に新設、商用化へ本腰
ソニーグループは4日、世界最大級の家電IT見本市「CES」の開幕に先立ち、米ラスベガスの会場で記者会見した。吉田憲一郎会長兼社長は電気自動車(EV)の新会社を設立し、市場への参入を本格検討する方針を表明した。(2022/1/5)

ソニーがEV新会社:
米家電見本市「近未来」の仮想現実や自動運転が続々
仮想現実(VR)や自動運転といった「近未来技術」の開発が加速している。米ラスベガスでの家電・IT見本市「CES」で4日、メーカーによる関連事業の発表が相次いだ。(2022/1/5)

【Amazon 初売り】コスパ最強モデル「ルンバ e5」が福袋で登場! 他にもブリタの浄水器、シャープの加湿空気清浄機など“家電の福袋”セールまとめ
ルンバの福袋が4万円!(2022/1/3)

仙台市に「ゲーミング賃貸」 eスポーツ施設運営元が提供 1K、家具家電PC付きで4万円から
バサラと平和住宅情報センターが「ゲーミング賃貸プラン」の提供を始めた。インターネット環境、家具家電、ゲーミングPCなど込みで家賃は4万円から。(2021/12/27)

家電メーカー進化論:
コロナ禍で品切れ続出、パナのホームベーカリーが5万円でも人気なワケ
新コロナウイルス禍による巣ごもり生活で注目を集めた家電が、食パンのほか、お餅やうどん、ピザ生地なども作れるホームベーカリーだ。パナソニックは、ホームベーカリー市場でシェア1位を長く維持し、市場を牽引してきた。パナソニックのホームベーカリーの製品企画担当者へ、製品の歴史と今後について話を聞いた。(2021/12/27)

PR:ファーウェイの住宅用蓄電システムを搭載! 太陽光で家電も動くキャラバントラックが日本全国に
住宅用蓄電システムを搭載した華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)のキャラバントラックが、日本各地を巡っている。その狙いは、どこにあるのか? 出会った人々の反応は? パートナー企業からみた同蓄電システムの特長とともに、同社のキャラバントラックとその詳細を紹介する。(2021/12/14)

Samsung、モバイルと家電統合の新部門の正式名称をDX(Device eXperience)に
Samsungは先日発表した3部門から2部門への体制再編で新たに誕生した部門をDX(Device eXperience)部門と名付けた。モバイル事業とディスプレイ事業を統合し、スマートフォンから家電までの幅広いソルーションを提供する。(2021/12/13)

買い替え時のみが対象:
ビックカメラ、大型家電の下取りサービス開始
ビックカメラが、大型家電の無料下取りサービスを12月6日より開始した。(2021/12/13)

新電元工業 MS1007SH:
オートバースト機能搭載の擬似共振電源用制御IC
新電元工業は、待機電力削減機能を備えた擬似共振電源用制御IC「MS1007SH」を発表した。待機電力を従来品比約38%削減し、軽負荷時の効率を24%改善している。白物家電や産業機器向け電源の省エネ対策に適する。(2021/12/13)

材料技術:
一般的な射出成形でマーブル模様の製品製造に成功
BASFは、ポリエーテルスルホン樹脂「ウルトラゾーン」を使用し、一般的な射出成形でマーブル模様の製品を製造した。色の濃淡やしま模様などの表面効果が再現可能になり、家電製品や食器などに豊富なカラーバリエーションを提供する。(2021/12/13)

IoT家電 普及の壁はメーカーの囲い込みか
国内電機メーカーがIoT家電の販売を強化している。ただ、連携は自社製品同士でしか機能しないものがほとんどで、専門家は「企業がユーザーの『囲い込み』に走っているうちは国内での普及には限界がある」と指摘する。(2021/12/9)

Samsung、モバイル部門と家電部門を統合し、半導体部門と2部門体制に
Samsungが組織を再編し、Galaxyのモバイル部門とテレビ部門を「SET部門」に統合し、半導体部門との2部門体制にする。SET部門のトップにはテレビ部門のハン・ジョンヒ氏が就任する。(2021/12/7)

IoT家電 普及の壁はメーカーの囲い込みか
国内電機メーカーが、家電をインターネットにつなげて付加価値を高める「IoT家電」の販売を強化している。新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増え、調理家電や空調機器などが人気だ。(2021/12/6)

カルテック、光触媒使った保管庫で食品ロス削減
家電ベンチャー、カルテックは2日、ウイルスや菌を分解する光触媒を使った食品保管庫など4商品を新たに発表した。同社はこれまで光触媒による空気清浄機を販売していたが、食品ロス削減を掲げ、今後は食品保存に関連した商品も展開する。(2021/12/3)

約1万人に聞いた:
利用している「美容家電」ランキング 2位は「鼻毛シェーバー」、1位は?
マイボイスコムは、「美容家電」に関する調査を行った。利用している美容家電で最も多かったのは「ヘアードライヤー」だった。(2021/12/2)

家電の緩衝材をひっくり返して「無敵要塞」のジオラマに エコでかっこいい再利用アイデア
ひっくり返して少し加工すると……。(2021/12/2)

Amazonがブラックフライデーの人気商品を発表 プラズマクラスターや有機ELテレビ、Apple Pencilなどが売れ筋
大型家電の買い時。(2021/11/30)

ヤマダの新業態「LABI ライフセレクト 茅ケ崎」オープン 家電と家具の“相乗効果”で売上高2兆円に再挑戦
ヤマダホールディングスは11月26日、都市型の新業態店「LABI LIFE SELECT(ライフセレクト) 茅ケ崎」の営業を開始した。(2021/11/30)

【Amazonブラックフライデー】スマートリモコンのエントリーモデル「Nature Remo mini」が2000円オフ スマートホーム関連セールまとめ
今ある家電はそのままで、自宅をスマートホーム化できる優れもの。(2021/11/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットショップのセールに潜む「ニセ特価品」という闇 高い割引率を装う手口とは
ネットショップの特価セールは、家電量販店のチラシセールと違ってメーカーの意図が強く反映されており、必ずしもお得でないこともある。また海外業者の中には、実際には安くなっていない品を、さもセールに合わせて値下げしたように見せかけて売っている場合もある。今回はこうした裏事情をみていこう。(2021/11/26)

家電メーカー進化論:
賛否両論の「BALMUDA Phone」、否定的意見は“想定内”
デザイン性の高さと常識にとらわれない家電を生み出してきたバルミューダがスマートフォン「BALMUDA Phone」を発表した。4.9インチで10万円超の価格には、賛否両論が飛び交う。発表会で寺尾社長が語った言葉とスマートフォン事業の統括メンバーへのインタビューから、デジタル機器市場で同社が実現したいことを探る。(2021/11/26)

今冬に:
阪急宝塚駅の周辺に商業施設がオープン 家電量販店とBMWが出店予定
宝塚大劇場北側の国道176号線沿いに商業施設を開発する阪急電鉄と阪急阪神不動産は、家電量販店「Joshin宝塚店」とカーディーラー「Hanshin BMW宝塚支店」がオープンすると発表した。旧宝塚ファミリーランド跡地を開発し、駅周辺エリアを盛り上げる狙いがある。(2021/11/25)

+Style、Amazonブラックフライデーでスマート家電/IoT製品を最大3万円オフ
+Styleは「Amazonブラックフライデー」へスマート家電/IoT製品46アイテムを最大50%オフで出品。+Style家電/デバイスは全25商品を最大5000円オフ、これ以外の製品も21製品を最大3万円で提供する。(2021/11/24)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。(2021/11/24)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。この数年、?激戦区?として注目されるのが北海道や東北地方だ。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えたことや原油高も追い風となっている。(2021/11/23)

Mobile Weekly Top10:
「BALMUDA Phone」は日本のスマホ市場に一石を投じる?/各キャリアの5Gエリアのポリシー
高付加価値家電で知られるバルミューダが、スマートフォンをリリースしました。ただ、そのスマホに対する反応は、良いものばかりとはいえない状況のようです。(2021/11/22)

4410人が回答:
家電量販店の認知率 2位は「ビックカメラ」、1位は?
RJCリサーチは、全国の13〜59歳男女のLINEユーザーに、家電量販店のブランド浸透度調査を行った。認知率、利用経験率ともに1位は「ヤマダ電機」であった。(2021/11/22)

石野純也のMobile Eye:
「BALMUDA Phone」に落胆の声が多かった理由 “スマートフォンの本質”を改めて考える
高級家電メーカーとして知られるバルミューダが初めて開発したスマートフォン「BALMUDA Phone」が登場。小型のボディーに直線のないデザインを採用したが、発売後には否定的な意見が多くを占めた。こうしたリアクションからは、スマートフォンという製品を開発する難しさも浮き彫りになる。(2021/11/20)

バルミューダがスマホ市場に投じた「河原の小石」──「BALMUDA Phone」に勝機はあるのか
バルミューダが11月16日に発表した5Gスマホ「BALMUDA Phone」。バルミューダがこれまで得意としてきた扇風機やトースターのような生活家電と比べても、参入障壁が高い分野といえる。バルミューダにとっての勝機はどこにあるのか。(2021/11/18)

意志と覚悟の構造改革 脱丸投げ最前線:
PR:エディオンが語る「ITの主導権を取り戻す契機となったクラウド移行プロジェクト」とは
大手家電量販店チェーンのエディオンは、複数基幹システムのクラウド移行を1年で完了した。同社はIT戦略における主体性の欠如という課題にどのように向き合い、ITベンダーと協力体制を築いたのか。(2021/11/19)

11月26日に発売:
バルミューダの社長がデザイン、初のスマホは10万4800円
家電メーカーのバルミューダは16日、同社初のスマートフォンとなる「バルミューダ フォン」を26日に発売すると発表した。同社のオンラインストアで取り扱うほか、携帯電話大手ではソフトバンクが携帯ショップなどで独占販売する。(2021/11/16)

スマートリテール:
EVにラーメン自販機、最新家電、「モノを売らない小売店」が渋谷に新店舗
b8ta Japanは2021年11月15日に、最新家電やガジェットなどを展示する米国発の体験型小売店舗「b8ta TOKYO Shibuya」をオープンすると発表した。日産自動車の新型クロスオーバーEV「アリア」などを置いている。(2021/11/16)

家電メーカー進化論:
「やけくそ」でつくった切り餅調理機が大ヒット 洗車機トップシェア企業の個性的な開発方針とは
エムケー精工は、ちょっと変わった個性派家電を数多く手がけるメーカー。創業は1956年で取り扱う商品の幅は非常に広く、門型洗車機は業界トップシェア。さらに食品加工機や断熱建具なども手掛ける。さまざまな事業を展開するエムケー精工が個性派家電を生み出し続けられる背景について丸山将一社長に聞いた。(2021/11/16)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの「とがったアイデア」を展示、蔦屋家電+でプロトタイプ展開催
パナソニックは2021年11月8日〜14日にかけて、同社が展開するデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」が制作したプロトタイプを紹介する「未完成の未来 FUTURE PROTOTYPE展」を「蔦屋家電+」で開催中だ。(2021/11/10)

Googleが「Google Nest Cam」の室内用を発売 直販価格は1万2300円
Googleが発売を予告していた「Google Nest Cam」の室内用モデルが発売された。当初の予定通り、Google Storeでの税込み販売価格は1万2300円となる。主要な家電量販店でも販売される予定だ。(2021/11/10)

11月19日に:
バルミューダ初の旗艦店が東京・南青山にオープン、特徴は?
高級家電などを手掛けるバルミューダは11月19日、初の旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama(バルミューダ ザ・ストア 青山)」を東京・南青山にオープンする。(2021/11/9)

お湯・ラップ不要でレトルト温められる家電 一部でパウチ破裂の報告 メーカーに使用の注意点を聞いた
150グラム以下のレトルト食品はダイヤルを1/2より手前で設定するなど、過熱を防ぐ必要あり。(2021/11/5)

イノベーションのレシピ:
ドンキのPB家電メーカーが開発、主婦目線で作った水拭き掃除機と2色鍋
ドン・キホーテのプライベートブランド製品などを開発するアズマは2021年10月29日、在宅勤務増加に伴う主婦層の悩みや課題を解決する新ブランドを発表した。水拭き掃除ができるコードレスモップクリーナー「Water CyCleaner」と、仕切り付きの「2食おやこ電気なべ」をそれぞれ発売する。(2021/11/4)

スピン経済の歩き方:
「日本のアニメ」は家電や邦画と同じ道を歩んでしまうのか
技術や品質が「下」だとみくびっていた相手に、いつの間にか追い抜かれてしまう。そんな悪夢がやって来るのだろうか。白物家電や邦画が追い抜かれたように、「日本のアニメ産業」も負ける日がやって来て……。(2021/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。