連載
» 2016年07月27日 10時00分 公開

部品図を完成させ、印刷してみましょうママさん設計者がやさしく解説「無償2D CAD」(3)(7/8 ページ)

 長さコマンド以外に「スマート」コマンドでも長さを引き出せます。

「スマート」コマンド

 これは2点間の長さではなく、オブジェクト自体の寸法を引き出すことができるコマンドです。

「スマート」の概要

 板厚の引き出しにはこの「スマート」コマンドを使ってみましょう。

 以下の図は長さ(距離)寸法を全て引き出したところです(不要な寸法は消します)。

寸法が自動でいっぱい出てくる

 ここへ以下の注釈を加えていきます。

  1. C3の4箇所
  2. R2.5の2箇所
  3. ザグリつき貫通穴の2箇所

 注釈を入れるには「引出線」コマンドを使います。

「引出線」コマンド

 手始めにC3の4箇所について注釈を入れてみましょう。

 対象となる箇所をクリックして矢印線を斜めに引き出します。

矢印線を斜めに引き出す

 コマンドウィンドウに入れたい文字を打込みます。

「4‐C3」(4カ所にC3面取り)

 文字位置を調節してEnter。

面取りの指示が記入された

 以後、同じ要領で全ての注釈を入れていきます。

穴について、注記を描く

 全ての項目が入った状態です。ここまで来たらもうひと頑張り、「表題欄」に必要事項を記入しましょう。

「注釈」

 「作成→文字→注釈」で文字を入れます。

 部品名は「parts sample-1」とします。後はポンチ絵に記された内容を書き写します。

表題欄を埋めていく

 文字の位置そろえにはプロパティを活用します。これも図面枠作成時の応用です。

プロパティの活用

表題欄が完成!

 表題欄への記入が終わりましたら、これで図面作成は完了です。これを図面ファイル(*.dwg)で任意のフォルダに保存します。

ファイルを保存
作成した図面

 作成した図面を「印刷プレビュー」で見てみましょう(ファイル→印刷プレビュー)。

「印刷プレビュー」

 こんな具合に印刷後の図面の様子を見ることが出来ます。

印刷プレビューを表示

 せっかくですからこのまま印刷してみたいと思います。

 無事に印刷できました。

印刷できた!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.