連載
» 2016年07月27日 10時00分 公開

部品図を完成させ、印刷してみましょうママさん設計者がやさしく解説「無償2D CAD」(3)(2/8 ページ)

 次に、2つの二重円を描きます。ここではまず、「オフセット」コマンドを使って円の中心位置になる交点を作ります。

「オフセット」コマンド

 下の50mm水平線を、上方に70mmオフセット。

オフセットの距離を指定

 下から70mmの位置に複線が出来ました。

複線

 次いで、左右の80mm縦線をそれぞれ中央に向けて10mmオフセットします。

さらにオフセット

 これら3本の線の2箇所の交点に、「円」コマンドを使って円を描きます。

円コマンド

 

 まず大きい径のφ7.5を描きます。カーソルを交点上に持って行き、コマンドウィンドに半径の値「3.75」と打ち込んでEnter。そして、穴は2つなのでこれを2度繰り返します。

カーソルを交点上に持ってくる

半径を指定する

 φ7.5の円が2つ描けました。

φ7.5の円が2つ

 続いて同じ要領で、同じ交点上に小さい径のφ4.5の円を描きます。

同じ要領で円を描く

 これで二重円の描画が出来ました。

二重円ができた

 円が描けたら、交点を作るために引いた線を削除しておきます(削除したい線を左クリックで決定→右クリックで削除)。

作図用の線を消す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.