ニュース
» 2015年10月29日 09時00分 公開

スズキの世界初公開は総計11台、100周年に向けて加速東京モーターショー2015(2/2 ページ)

[與座ひかる,MONOist]
前のページへ 1|2       

「ソリオ」がマイルドじゃないハイブリッドに

 ブース内では新型「ソリオ」にEV走行ができる新しいハイブリッドシステムを搭載した「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」も世界初公開された。エンジンとモーターを使い分け、加速時はモーターでエンジンをアシストし、モーターのみのEV走行ではより低燃費で静かな走りが可能となった。自動マニュアル変速機「AGS(オートギヤシフト)」によるダイレクト感があるドライブフィールも特長の1つだ。

「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」 「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」(クリックで拡大)

 他にも「アルト」のターボモデルに5MTを搭載した「ALTO WORKS(アルト ワークス)」や、「ハスラー」の特別仕様車「J STYLE ll」、軽トラックの「キャリィ」を移動販売車用に改良した「キャリィ 軽トラ市仕様」を世界初公開。また、フランクフルトモーターショー(2015年8月)で世界初公開となった新型コンパクトカー「バレーノ」も日本初公開となった。

「ALTO WORKS(アルト ワークス)」ハスラーの「J STYLE ll」 「ALTO WORKS(アルト ワークス)」(左)と「ハスラー」の「J STYLE ll」(右)(クリックで拡大)
「キャリィ 軽トラ市仕様」新型コンパクトカー「バレーノ」 「キャリィ 軽トラ市仕様」(左)と新型コンパクトカー「バレーノ」(右)(クリックで拡大)

次の100年に向けた「土台作り」

 スズキは2020年に創立100周年を迎えるが、見据えているのはさらに次の100年だ。社長の鈴木氏は「今回のモーターショーでは『お客様の立場になって価値ある製品を作ろう』という社是の元『人とモビリティのこれからの100年』の可能性を提案をしている。コンセプトカーから、間もなく皆さんにお届けできる意欲的な製品群まで、思わず“WOW”と言わせるようなスズキらしい展示に仕上がった」とコメントした。

同社の二輪車「GSX」の新しいコンセプトオブジェ「concept GSX」 同社の二輪車「GSX」の新しいコンセプトオブジェ「concept GSX」(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.