• 関連の記事

「スズキ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スズキ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

自動車メーカー生産動向:
2021年11月の新車のグローバル生産を振り返り、各社が挽回生産に注力
日系乗用車メーカーが発表した2021年11月のグローバル生産台数は、東南アジアのロックダウンによる世界的なサプライチェーンの混乱が落ち着きを取り戻しつつある結果となった。(2022/1/27)

今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合
車名「軽ニッヒ」「逆襲の車アー」だとぉ、こりゃなんだぁぁ!(2022/1/19)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
クルマの適正な価格とは? 上がって当然か、上げない努力があるべきか
どちらが正しいということでもなく。(2022/1/19)

解決! OSSコンプライアンス(1):
「OSSはただの無料ソフト」「うちの会社に関係ない」? 企業におけるオープンソースの戦略的活用と法的リスク
「OSSなんて、うちの会社に関係ない」「無料なんだから、使い倒せばいいだけでしょ?」。まだ、こうした考えを持っている企業も多い。だが、ソフトウェアをビジネスの武器にしようとしている企業は、OSSの利用を避けることはできない。利用を適切に管理しないと、思わぬ法的トラブルを引き起こす可能性がある。 この連載ではOSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する。(2022/1/13)

軽自動車の部門:
2021年、軽自動車の新車販売台数ランキング 「タント」「スペーシア」を抑えた1位は?
2021年の1年間の車名別新車販売ランキングが発表された。軽自動車では3位にダイハツ「タント」、2位にスズキ「スペーシア」がランクインした。7年連続で1位を獲得したのは?(2022/1/11)

ソニー損保調べ:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はレクサス、2位はBMW、1位は?
ソニー損害保険は新成人(2001年4月2日〜02年4月1日生まれ)を対象に実施した「2022年 新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。新成人が欲しい車とは?(2022/1/10)

松江の名物駅弁に「もぐり寿し」が生まれた理由とは 松江駅弁・一文字家に聞く
宍道湖のしじみに価値を見出した、松江・一文字家の駅弁が「大和しじみのもぐり寿し」。二度と繰り返さない「くにびき国体の過ち」とは……。(2022/1/9)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ソニーも参入 各社からEV出そろう2022年、消費者は本当にEVを選ぶ?
22年は、これまで以上に「EV」に注目の年となることは間違いありません。なぜなら、22年は市場に販売できるEVがそろう年になるからです。(2022/1/7)

「失ってはならぬ日本の至宝」祈存続「CB400SF/SB」総選挙 人気トップはCBX案!
CB400SF生産終了のうわさに大反対! ヤングマシン誌で行った「CB400の多機種展開総選挙」で多くの支持を集めたのは……?(2022/1/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー8社のカーボンニュートラル戦略
各社のカーボンニュートラル戦略はどうなっているのかについて、俯瞰的に見てみたいと思う。(2022/1/1)

販売台数3年連続のベストセラー! カワサキ「Z900RS」が売れに売れている理由とは?
ビッグバイクとしては近年まれに見るヒット作になったカワサキ Z900RS。何がそんなにいいのでしょう? いま一度じっくり試乗してみました。(2021/12/31)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2021年の自動車販売隠れトレンド、箱型&スライドドア 5年前のモデルがランキング上位に
今年は「ヤリス」の年だったと言えるでしょう。では、今年のトレンドは何だったのでしょうか? 表面的に見えるのはSUVです。とはいえ、実際に売れているクルマを並べてみると、また違ったトレンドが見えてきました。(2021/12/29)

バッドボーイズ佐田、2ストバイクだらけの「白煙小僧ツーリング」デッパツ! 参加バイクが豪華すぎる
音も匂いもイイ!(2021/12/27)

マツダ、新型「キャロル」発売 マイルドハイブリッドでリッター27.7キロ
平成初期の丸っこい“オートザム キャロル”を思い出しました……!(2021/12/23)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

最も人気を集めた「中古車」とは カーセンサー「カー・オブ・ザ・イヤー 2021」発表、3位にスズキ「ジムニー」
SUVがアツい!(2021/12/21)

「新型の中古買い」がスタンダードに:
「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2021」発表 中古車人気1位は「トヨタ ハリアー」
リクルートは、同社が企画・制作する中古車情報メディア「カーセンサー」が、今年掲載した中古車の全モデルの中から、ユーザーの購入意欲の高さに注目したランキング結果を発表した。(2021/12/20)

限られたスペースを有効活用! 大阪「EXPO痛車天国2021」痛バイクの写真まとめ アイマス、ウマ娘、鬼滅の刃など
痛バイクはアイマスシリーズが人気でした。(2021/12/19)

2気筒のザッパーはあり? なし? カワサキ「Z650RS」が目指した「カジュアルなレトロスポーツ」像
世界中で話題騒然、カワサキの新型レトロスポーツ「Z650RS」。でも、4気筒ではなく「コレジャナイ」の声も。その裏にあるカワサキのしたたかな戦略とは?(2021/12/19)

自動車業界の1週間を振り返る:
モータースポーツでのあなたの応援が、エンジンを生き残らせる?
土曜日です。1週間お疲れさまでした。今週は、ホンダがF1(フォーミュラ・ワン)で有終の美を飾ったというニュースから始まりました。F1最終戦であるアブダビグランプリにおいて、ホンダがパワーユニットを提供するRed Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)のマックス・フェルスタッペン選手が優勝し、ドライバーズチャンピオンを獲得したのです。(2021/12/18)

新旧ハヤブサ、燃費はどちらが上? 計器類の進化は? 2人乗りの乗り心地は?【ココも気になる徹底比較】
相変わらずの超絶的人気を誇る「最強の猛禽類」スズキ ハヤブサ。旧型2代目と徹底比較!(2021/12/18)

待望のマイルドハイブリッド車も追加! 新しくなったアルト、その魅力に迫る!
2021年12月22日から販売する新型 アルトに迫る。(2021/12/16)

安全システム:
スズキ「アルト」が全面改良、94万円でステレオカメラと6エアバッグが標準装備
スズキは2021年12月10日、フルモデルチェンジした軽自動車「アルト」の新モデルを発表した。(2021/12/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2021年乗って良かったクルマ
年末恒例の乗って良かったクルマだが、2021年の新型車のデビューは、マツダは1台もなし、スバルはBRZがあるけれども、来年のエントリーにしたい。もちろんGR86も同じ。スバルWRX S4は公道で乗っていない。結局は、トヨタのMIRAIとランドクルーザー、アクアとカローラクロスというトヨタ大会になってしまった。どれも数日以上借り出して、1000キロくらいは走ってきた。(2021/12/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

バイク大好き大島由香里アナ、バイクにまみれて「盛大な合コンしてる感じ」 ついにバイク買う?
「バイク買うぞー」あれこれ選んでいるときがホント一番楽しい。(2021/12/11)

スズキ、9代目の新型「アルト」を発売 軽自動車トップの低燃費を実現
スズキは12月10日、軽乗用車の新型「アルト」を同22日より発売すると発表した。(2021/12/10)

ダークヒーローが乗ってそうなe-レーシングカー「McMurtry Sperling」登場
プロトタイプで終わらないといいなぁ……。(2021/12/7)

「草太兄ちゃんお帰りなさい」70歳の岩城滉一、“北の国から”舞台の北海道へ移住計画 「とにかく人生最後の仕上げ」
最終章は近日公開。(2021/12/7)

かわいい見た目だけじゃないっ! 乗って分かった、新世代軽モデル【ワゴンRスマイル】の魅力
ワゴンRスマイルを中心にスズキの“新世代軽”の魅力に迫る。(2021/12/6)

「スゲー速そう〜」天竜浜名湖鉄道にスズキの「KATANA駅」爆誕 「フルーツパーク駅」の副駅名に
何だかいきなり「速そう」感出たー! 2021年12月7日からです。(2021/12/6)

ターボ、テイオー、ライスなど激マブずらり 「ウマ娘」人気が感じられた「EXPO痛車天国2021」写真まとめ
今回はアイドルをテーマに痛車の写真をお届けしていきます。(2021/12/5)

スズキのクルマ、スマホとつながる 月額550円
スズキが自社の自動車向けにコネクテッドサービス「スズキコネクト」を始める。12月24日に発表するスペーシアシリーズから導入予定で、緊急時の自動通報やスマートフォンアプリを使ったエアコン操作やドアロック、各種通知に対応する。(2021/12/3)

自動車のイノベーションランキング 3位レクサス、2位ベンツ、1位は?
J.D.パワーは「2021年日本自動車テクノロジーエクスペリエンス」調査の結果を発表した。各ブランドがどれだけ迅速、効果的に新しい機能、装備を市場導入しているのかを、実際にクルマを購入したユーザーへのアンケートから調べた。(2021/11/30)

平嶋夏海×にゃんえり、初対面バイク女子2人がさわやかツーリング 「めっちゃ話しかけられるよ」
アイドル2人がバイクツーリングしたら……!!(2021/11/29)

車載ソフトウェア:
自動車産業の魅力は新型車だけじゃない、CASEやソフトウェアならではのやりがい
日本自動車工業会(自工会)は2021年11月27日、オンラインイベント「JAMA次世代モビリティキャンパス2021」を開催した。乗用車メーカーや二輪車メーカー、商用車メーカーの現場の社員が参加し、従来の製品の枠にとどまらない「モビリティ」の将来や、ソフトウェアエンジニアが活躍する領域について語った。(2021/11/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
スペルを間違いがちなブランドを調査 「ランボルギーニ」「フェラーリ」、そしてなぜか「スズキ」も?
そこに「h」? 「s」が連続? ブランド名の表記(アルファベット)の難しさに戸惑うのは日本人だけではないようです。(2021/11/29)

かっこよくてカワイイ! 大阪「EXPO痛車天国2021」VTuber痛車の写真まとめ サメちゃん満載bB、百鬼あやめスカイライン、文野環ロードスターなど
VTuberの勢いが止まらない!(2021/11/28)

自動車メーカー生産動向:
2021年度上期の自動車生産は2019年の同時期から2割マイナス、回復まで道半ば
半導体不足や東南アジアのロックダウンなどの影響が自動車生産へ大きなダメージを与えている。日系乗用車メーカー8社合計の2021年9月のグローバル生産台数を見ると、三菱自動車以外の7社が前年実績の4分の3以下に落ち込んだ。国内生産に至っては4分の1以下まで減産するメーカーもあるなど、事態が深刻化している。(2021/11/26)

スズキ、ハイブリッドの新型SUV「S-CROSS」発表 “堂々とした”デザインに刷新
欧州を皮切りに2021年末から販売、日本販売はある……?(2021/11/25)

「バイク大好きすぎてバイクメーカーまで作った男」 キアヌ・リーブスのバイクコレクションがマジスゲー!
「キアヌと友達になりたい」という人続出です。(2021/11/21)

白上フブキ×ハイエースの存在感……! 痛車イベント「天下無双」写真まとめ ハルウララ×スーパーカブなど痛バイクも
会場内には力作がずらり。(2021/11/21)

指をしゃぶりたい保護子猫vs.ゲームをしたい飼い主 意外なバトルの結末に「ほんと笑いますwww」「かわいすぎる…」の声
子猫のちゅぱちゅぱ&ゴロゴロ&エアふみふみコンボには勝てない……。(2021/11/18)

エコカー技術:
バイオ燃料でマツダスバルトヨタがスーパー耐久参戦、水素エンジンは二輪4社の共同開発へ
川崎重工(カワサキ)、SUBARU(スバル)、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機は2021年11月13日、会見を開き、代替燃料を使ったモータースポーツ活動や共同開発を行うと発表した。(2021/11/15)

バンドリ、ラブライブ、デレマスなどアイドル推し痛車がずらり 「天下無双 東西最強痛車決戦」フォトレポート
BMWやフォルクスワーゲンもアイドル痛車に。(2021/11/14)

自動車大手、相次ぐ販売見通し引き下げ
自動車大手7社の令和3年9月中間連結決算が11日、出そろった。新型コロナウイルス禍で前年同期に落ち込んだ販売が回復したほか、円安も追い風となり、全ての社が増収。トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、SUBARU(スバル)の4社が増益を確保し、日産自動車、マツダ、三菱自動車の3社が黒字に転換した。一方、東南アジアのコロナ感染再拡大による部品調達難や半導体不足で減産幅が拡大したことを踏まえ、通期の世界販売見通しを下方修正する動きが相次いだ。(2021/11/12)

旧世紀の亡霊か!? 深夜のドライブ中に路上をドリフトする馬車が目撃される ドラレコにバッチリ映り込む
ひぇぇぇ!(2021/11/8)

岩城滉一が軽トラをカスタムするとこうなる 「こんなに手が込んでたんですね……」エアロパーツ製作の舞台裏もすごかった
「俺、このクルマすっごい気に入ってるんだよね」という岩城さんの軽トラは……!(2021/11/7)

約400台の痛車とコスプレ 大阪・万博公園「EXPO痛車天国2021」フォトレポート
万博記念公園に全国各地から約400台が集結。(2021/11/7)

コロナ禍でもマフラーは爆売れ! なのに「ニューモデル用マフラーが発売されない」意外な理由とは?
バイク人気でカスタムパーツ需要も活況。しかし、GB350用、レブル1100用、ハヤブサ用……など「今年登場の新モデル用マフラー」はそういえばあまり登場していません。一体なぜ……?(2021/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。