• 関連の記事

「スズキ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スズキ」に関する情報が集まったページです。

2歳男の子、パパが帰ってくるとノリノリで現れ…… お出迎えシリーズの最高傑作に「国宝級」「可愛すぎて反則」
疲れが吹っ飛ぶかわいさ!(2024/2/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(174):
イチから全部作ってみよう(5)難題だらけの要求仕様フェーズにどう対処すべきか
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第5回は、さまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/2/19)

製造マネジメントニュース:
ダイハツが新体制に、次期社長はトヨタ中南米本部長の井上氏
ダイハツ工業とトヨタ自動車はダイハツの新たな役員体制を発表した。(2024/2/14)

自動車メーカー生産動向:
新車生産がコロナ禍前を超える水準、6社が前年同期比2桁パーセント増
日系自動車メーカーの生産が力強い回復を見せている。乗用車メーカー8社の2023年11月の世界生産台数は、スズキとダイハツ工業を除く6社が前年実績を上回り、8社合計では10カ月連続で増加した。(2024/1/29)

日向坂46・富田鈴花、愛車に“あわや飛び石”なハプニング→納車初日の窓ガラスに見つけたモノ
ジムニーシエラ愛が爆発。(2024/1/26)

「いい加減にしろホント」 ノッチ、勝手に“35万円のバイク納車”で鬼嫁の怒り炸裂! 乗り心地良すぎて許される珍事に「いい奥さん!」
鬼嫁を笑顔にするバーグマンの乗り心地。(2024/1/21)

2023年に売れた軽自動車 3位「スペーシア」、2位「タント」、1位は?
2023年に最も売れた軽自動車は何か。全国軽自動車協会連合会がランキングを発表した。(2024/1/21)

千鳥ノブ、芸人仲間の国産高級車購入に「めっちゃいいやん」 “丁寧な前フリ”も「本当に旧車は好きだった」
スズキ「ジムニー」との2択で迷った、とのこと。(2024/1/19)

日向坂46・富田鈴花、人生初の愛車を購入 “新車じゃない”質実剛健な車選びに反響も……ラスト20秒で予想外の大オチ「最後豪華すぎ」
お勧めの任意保険、提案してくれたのは……?(2024/1/19)

フォトギャラリー(オートモーティブ):
写真で振り返る「東京オートサロン2024」
MONOist編集部が取材した展示会やイベントの模様を“写真で振り返る”PDF形式のフォトギャラリー。今回は「TOKYO AUTO SALON 2024(東京オートサロン2024)」の模様をお届けする。(2024/1/19)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツの軽商用EVが販売延期、トヨタやマツダはエンジン開発に注力
2024年も話題が盛りだくさんになりそうですね。(2024/1/13)

モビリティサービス:
スズキがインドで「空飛ぶクルマ」、四輪車の生産能力増強も発表
スズキはインド・グジャラート州で開催されている州のイベント「バイブラント・グジャラート」において、空飛ぶクルマを手掛けるSkyDriveへの追加出資や、四輪車の生産工場の新設について発表した。(2024/1/12)

田村亮、独立後初の動画で「34年前の国産愛車」と偶然鉢合わせ “乗車当時の状態再現”した1台に驚がく「真似してくれてんの」
どういうこと!?(2024/1/8)

今日のリサーチ:
2024年正月三が日のテレビCM動向 本数、秒数ともに前年割れは能登半島地震の影響か――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチは、2024年1月1〜3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向(速報値)をまとめました。(2024/1/7)

ヒロミ、話題の“ゲレンデ風ジムニー”を妻に贈るも「あれ?」 バレた後のサプライズに称賛集まる「ヤンチャかつカッコ良い」
さすがです。(2023/12/31)

ヒロミ、ジムニーをベンツの“ゲレンデ風”に大改造 まるで本物な仕上がりに「クオリティ凄すぎる」「完全にゲレンデ」
ママ気付くのか!?(2023/12/30)

スピードある中国EV展開に対抗 スバル、日産、トヨタが新車開発改革で巻き返しへ
中国の自動車輸出台数が2023年に日本を抜き初めて世界首位となる見通しとなったが、国内自動車大手各社は、新車の開発体制を見直して巻き返しに動いている。(2023/12/30)

スノボ・スキーで人気の国産車 3位「アルファード」、2位「ハイエース」、1位は?
スノボやスキーに行く際、乗りたいクルマは何か。日本トレンドリサーチ・グーネット中古車が共同で調査した結果を発表した。(2023/12/29)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2023:
マネジメントやスポンサー集め、技術継承……社会人顔負けの学生フォーミュラ
筆者は学生フォーミュラにも参加する静岡大学で、工学部大学院の客員教授を2011年から務めています。2023年からは、ECOMの社外取締役の立場を生かしてスポンサー企業として静岡大学のチームを支援することにしました。(2023/12/28)

オートモーティブ 年間ランキング2023:
電池のSOCやSOHとは? eAxleを巡る状況は? 2023年に読まれた自動車の記事
「そうそう、これは今年の話題だよなあ」なんて2023年の記事を振り返っていただきたく、毎年恒例の年間ランキングをお届けします。2022年より前のランキングも意外と面白いですよ。(2023/12/27)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
笑って思い出される不正と、そうじゃない不正
不正にもいろいろありますよね。笑って済むことではないのですが。(2023/12/27)

「日産」創立90年、どこで歯車が狂ったのか トヨタの背中は遠く
日産自動車が26日、創立90周年を迎える。日本の自動車産業をトヨタ自動車とともにリードしてきた存在だが、元会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕後の混乱を経て、企業価値を示す株式時価総額は40兆円超のトヨタの約18分の1で、ホンダやスズキも下回る約2.3兆円と低迷する。。(2023/12/26)

品質不正問題:
無理解な経営陣の「短期開発」が生んだ、ダイハツ64車種の不正
ダイハツ工業は同社が開発し、国内外で生産中の全ての車種の出荷を自主的に停止すると発表した。生産を終了したものを含め、64車種とエンジン3機種で型式認証の試験での不正行為が確認されたためだ。(2023/12/21)

自動車メーカー生産動向:
5カ月ぶりに2桁パーセント増、乗用車メーカーのグローバル生産
半導体の供給改善により日系メーカーの自動車生産は回復基調が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年10月の世界生産台数は、ダイハツ工業を除く7社が前年実績を上回り、8社合計では9カ月連続で増加した。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
デンソーが燃料ポンプの大規模リコールでコメント、調査は現在も続く
デンソーは大規模リコールに発展している燃料ポンプの不具合に対するコメントを発表した。(2023/12/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男会長退任の舞台裏 自工会はどうやって生まれ変わったのか
日本自動車工業会(JAMA)は定例記者会見を開催し、年明けからの役員交代を発表した。会長職は、これまでの豊田章男トヨタ自動車会長から、片山正則いすゞ自動車会長へと交代する。そこからJAMAの生まれ変わりストーリーをたどってみよう。(2023/12/11)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
せっかくの晴れ舞台でなぜ? 新生モーターショーで“紹介されなかった”クルマたち
11月5日まで東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。メーカー各社は気合いの入った出品車を披露しました。その一方で登場しなかった、もしくは華々しく紹介されなかったクルマたちも存在します。(2023/12/8)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの凄さと嫌われる理由
トヨタ車は、信頼性が高く実用的で、社会適合性が高く、かつオーナーの欲望がむき出しにならないクルマだ。だから役に立たないスポーツカー選びではなく、現実に取材のアシとして、あるいは別の趣味としての自転車を積んで出かけようという話になった場合、トヨタの製品は俄然候補に上がってくるわけだ。(2023/11/27)

自動車業界の1週間を振り返る:
商用車メーカーが自工会会長を務める理由
1週間おつかれさまでした。今週は日本自動車工業会が会長交代を発表し、その人事に驚いた方もいらっしゃるかもしれません。(2023/11/26)

軽商用EV、三菱自動車「ミニキャブ」新モデル発表 トヨタ、ホンダ陣営と販売競争へ
三菱自動車は24日、ワンボックスタイプの商用軽自動車の新型電気自動車(EV)「ミニキャブEV」を12月21日から発売すると発表した。(2023/11/24)

自動車メーカー生産動向:
23年度上期の新車生産は3年連続で前年超え、コロナ禍前からは8.5%減
長らく半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷していた自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年度上期の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。(2023/11/24)

自動車業界の1週間を振り返る:
スズキと「リン酸鉄系」リチウムイオン電池
今週は興味深いニュースがありました。スズキがリチウムイオン電池のメーカーと業務資本提携を結んだ件です。(2023/11/19)

電動化:
スズキが“燃えない電池”のエリーパワーと業務提携、追加出資で筆頭株主に
エリーパワーとスズキは資本業務提携契約を締結した。蓄電システムや多様なモビリティに搭載可能なリチウムイオン電池を共同開発する。(2023/11/15)

スズキ、新型「スペーシア」「スペーシア カスタム」発売 リアシートに同社初の新機能
スズキは11月22日、ハイトワゴンタイプの軽乗用車の新型「スペーシア」と「スペーシア カスタム」を発売する。デザインや室内空間、安全機能などが進化した。(2023/11/13)

“ラスボス”小林幸子、高級外車で若者の街に降臨→二度見必至なオーラでざわつかせる 過去には“庶民派”な愛車披露も話題に
原宿に降臨。(2023/11/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「マイクロモビリティ」が次々に登場 個性的なモデルは広まるのか
ジャパンモビリティショーでさまざまな「マイクロモビリティ」が展示されていた。品質が高く個性豊かなモデルが並んでいたが、日本で普及するのだろうか。(2023/11/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
「私たちはアメリカンドリームを救った」、UAWが勝ち取ったものは
週末です。11月3日が文化の日でお休みだった方も、普通の金曜日だった方も、1週間お疲れさまでした。3連休ということもあってか、各地で大混雑が発生しています。(2023/11/4)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新生モーターショー ホンダの展示に見た、実用化への執念
10月25日から開催中の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。今回、注目すべきはホンダと言えるでしょう。ホンダが展示したモビリティには、ある共通点があったのです。(2023/11/4)

ジャパンモビリティショー2023:
「これはCSR活動ではない」、スズキが取り組む牛糞由来のバイオガス
スズキは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、天然ガスとガソリンのバイフューエル仕様のインド市場向け「ワゴンR」を展示した。(2023/11/1)

“川にいるサバ”と呼ばれる不思議な魚の正体を追う! 滝つぼからあらわれた異様な姿に「見たことない!!」と驚嘆の声続々
川にいる“サバ”の正体とは……(2023/11/1)

メカ設計ニュース:
スズキが「CADDi DRAWER」を導入、図面検索時間や作成工数を削減し業務効率化へ
スズキは、キャディが提供する図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」を導入した。類似図面検索機能の活用により、図面検索時間の短縮、新図面を作成する工数の削減などを目指す。(2023/10/31)

ロンブー亮、新たな愛車で“異臭騒ぎ” 「くさい」「いいクルマなのに」人気芸人も顔曇らせる
消臭剤の匂いか……。(2023/10/30)

自動車メーカー生産動向:
日系自動車メーカーの中国事業低迷続く、4カ月連続の前年割れ
日系乗用車メーカーの自動車生産は、半導体の供給改善が進む一方で、中国事業の低迷が続いている。(2023/10/30)

CEATEC 2023:
現場の利用者目線で日々進化する図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」
キャディは、「CEATEC 2023」のアドバンスドテクノロジーエリアに出展し、図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」を訴求していた。(2023/10/30)

東京モーターショー改め:
「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」もうすぐ開幕 主要メーカーの出展内容は?
東京モーターショー改め、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」が10月26日から開幕する。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2023/10/24)

23年度上半期に売れた軽自動車 3位「スペーシア」、2位「タント」、1位は?
2023年度上半期に売れた軽自動車は何か。全国軽自動車協会連合会がランキングを発表した。(2023/10/19)

ジャパンモビリティショー2023:
水素エンジン車がダカールラリーに、二輪4社の研究組合が参戦
技術研究組合水素小型モビリティ・エンジン研究組合は「ダカールラリー」に水素エンジン車「HySE-X1」で参加する。(2023/10/19)

名字を入れるだけなのに…… “ちょっとずるい”ひらがなパズルに思わずうなる人続出 「あーなるほど」「なかなか難問」
わっ、そういうことか!(2023/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。