• 関連の記事

「ハイブリッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイブリッド」に関する情報が集まったページです。

昭和スタイルが残る会社が目指したのは「働き方、働く環境のDX」:
PR:快適なハイブリッドワーク実現のカギは“まるでフェースツーフェース”のような環境づくり――半導体・ICT商社が行き着いた改善策とは
多くの企業がオフィスとリモートが混在したハイブリッドワークの確立を模索している。その難題に取り組んでいるのが菱洋エレクトロだ。コロナ禍発生直後からリモートワーク導入が加速し、現在はハイブリッドワークを見据えて働く環境のアップデートを進めている。同社の事例からハイブリッドワーク実現のポイントを学ぶ。(2022/6/29)

多様な働き方に対応するSurfaceの実力とは:
“従業員に優しいデジタルワークプレース”で、なぜ“Surface”が有効か
テレワークやハイブリッドワークといった場所を選ばない働き方を推進する上では、生産性を最大化するPC選びが重要になる。コロナ禍以前からハイブリッドワークに取り組む先進企業の一社であるグリーは何を指針にPC選定をしているのか。(2022/6/28)

PR:日本HPのビジネスPC「Dragonfly G2」でハイブリッドワークの生産性向上! トライアルキャンペーンを実施します
(2022/6/28)

直列6気筒エンジン搭載のSUV:
マツダ「CX-60」9月に発売 価格は?
マツダは22日、大きなパワーを得られる直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載した新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-60」の予約受け付けを24日から開始すると発表した。9月に発売予定。CX-60は同社のSUVの中でも高価格帯で、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)など4種類を用意した。(2022/6/22)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「今後のハイブリッドワーク予定とPCの課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/21)

一人一人に適したワークスタイルを再定義
働き方に選択肢を与える“ハイブリッドワーク” 実現の鍵は
テレワークが定着した企業におけるCOVID-19のパンデミック後の働き方について、新たな選択肢として注目すべきなのが「ハイブリッドワーク」だ。実現の鍵はどこにあるのか。エキスパートが語る。(2022/6/21)

Web会議の情報格差を解決:
PR:会議室をアップデート Zoomが提案するハイブリッドワークソリューションとは?
(2022/6/20)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ハイブリッドワークと会議」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/22)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ハイブリッドワークとWindows 11導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/20)

ハイブリッドワークを支えるソリューションが一堂に会した「第2回 デジタル化・DX 推進展」で見つけたもの
東京ビッグサイトで開催された「第2回 デジタル化・DX推進展」において、さまざまな企業が展示を行っていた。その中から、気になるトピックを紹介する(2022/6/17)

「ハイブリッドワーク」時代にあるべきオフィスの姿とは? 日本マイクロソフトがリニューアルした品川オフィスをオンラインで公開
日本マイクロソフトがオンラインイベント「ハイブリッドワーク2022」を開催した。このイベントの中で、リニューアルが完了した同社の品川オフィス(本社)の様子が初めて公開されたので紹介する。(2022/6/16)

カーボンニュートラルを見据え:
トヨタが仕掛ける 次世代パワートレインの「全方位」戦略
トヨタ自動車は現在、プリウスに代表されるハイブリッド車などを販売している。これから本格化するカーボンニュートラル(CN)の時代を見据え、BEVのみならず、水素エンジン車などを全方位で準備している。CNという山の登り方はさまざまだ。(2022/6/16)

OKI、ハイブリッドワークにも対応した中小企業向けコミュニケーションシステム「CrosCore3」
沖電気工業は、同社製となる中小企業向けコミュニケーションシステム「CrosCore」の最新版「CrosCore3」の提供を開始した。(2022/6/15)

Weekly Memo:
テレワーク一辺倒からどう変わる? 日本マイクロソフトが語る「ハイブリッドワーク」進化論
ニューノーマル時代の新たな働き方として注目される「ハイブリッドワーク」はこれからどう進化していくのか。日本マイクロソフトの考え方から解き明かしたい。(2022/6/13)

ネット書店「honto」が発表:
22年上半期に最も売れた電子書籍、「SPY×FAMILY」「キングダム」上回る1位は?
ハイブリッド型総合書店の「honto」は、honto電子書籍ストアと本の通販ストアで購入された「2022年上半期『電子書籍』と『紙の本』トップ10」を発表した。(2022/6/14)

ハイブリッド時代、従業員間のコラボレーションを維持・向上するテクノロジー(1):
先進企業に続け 新しい働き方を目指す企業が知るべき3つのポイント
テレワークから一歩進んだハイブリッドワークを実現する上では、従業員間のコラボレーション促進が鍵を握ります。ではコミュニケーションを支援するテクノロジーのポイントとは何でしょうか。前後編で紹介します。(2022/6/15)

WWDC22:
Appleのイベントで感じたリアルとアナログの適度なバランス そして日本の存在感
AppleのWWDC22がスタートした。2022年はオンラインだけでなく、一部の開発者やメディアなどが本社のApple Parkに招かれ、ハイブリッド形式で行われている。現地に飛んだ林信行氏が見たものとは?(2022/6/10)

NEWS
ハイブリッドワークを目指す東芝グループがCisco製品を導入した理由
東芝グループはハイブリッドワーク実現を目指し、クラウド型セキュリティサービス「Cisco Umbrella」とクラウド電話サービス「Webex Calling」を導入した。何が可能になったのか。(2022/6/10)

UberとGoogle系列の自動運転Waymoがトラック輸送で長期提携
Alphabet傘下の自動運転企業WaymoとUberが戦略的提携を結んだ。両社の自動運転技術とUberのネットワークを結び、自動運転トラック輸送を促進する。「ハイブリッド貨物輸送はサプライチェーン合理化の鍵」とUber。(2022/6/8)

テレワークの次はオフィスの整備
Teams/Zoomを使うと見えてくる、オフィスの弱点と課題
コロナ禍でテレワーク環境の整備が課題になったが、ハイブリッドな働き方に移行すると企業は新たな問題に直面する。「Microsoft Teams」や「Zoom」の利用にオフィス環境は耐えられるだろうか。(2022/6/7)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ハイブリッドワーク(在宅勤務とオフィス勤務の併用)」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/6/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(173):
Azureのハイブリッド環境を低コストで入手可能に――シングルサーバ構成のAzure Stack HCIクラスタが正式サポート
これまでAzure Stack HCIは、Azure Stack HCI認定ハードウェアを使用した、最小2ノード構成からサポートされていましたが、シングルノード構成が正式にサポートされました。(2022/6/7)

PR:ハイブリッドワークで注目のマウスコンピューター製PC マウス自身はどう使ってる?
(2022/6/6)

Spigen Korea、Xperia 1 IV用ケース発売 150円オフクーポンも
Spigen Koreaは、Xperia 1 IV用ケース「ラギッド・アーマー」「ウルトラハイブリッド」を発売。ケース購入で首掛けストラップやハンドストラップが10%割引になり、6月30日までウルトラハイブリッドの150円オフクーポンも配布する。(2022/6/4)

Gartner Insights Pickup(259):
「ZTNA Anywhere」はキャンパスネットワークのセキュリティ見直しにつながるか
多くの企業がハイブリッドワーク(オフィスワークとテレワークを組み合わせた勤務形態)に移行する中、従業員がそれぞれの環境で複数の異なる製品を使用するのは効率が悪い。本稿では、その問題点と解決方法について考える。(2022/6/3)

重要なのは場を用意することではなく、選択できるようにすること:
PR:ハイブリッドワークが生産性向上の起爆剤に――実現に向けて働く環境をアップデートするポイントとは
オフィスに出社したり、在宅で業務を推進したりする「ハイブリッドワーク」の一般化が進む一方、テレワーク環境の整備がゴールになっているケースもある。コロナ禍以前からテレワークを実践してきたMicrosoftは、そうした状況に警鐘を鳴らす。では、ハイブリッドワークを見据えて働く環境をアップデートしていく上でのポイントはどこにあるのだろうか。(2022/6/2)

FAニュース:
自動車向けなどを想定、大型射出容量のハイブリッド式専用射出成形機を開発
日精樹脂工業は、熱硬化性樹脂を用いた成形部品の大型化に対応する、ハイブリッド式専用射出成形機「FWX760III-130BK」を発表した。国内最大クラスの射出容量を持ち、加熱筒設計の最適化により熱硬化性樹脂の連続成形性と熱安定性を提供する。(2022/5/31)

PR:ハイブリッドワーク向けPCなら「MousePro」 人気の2製品をレビュー
(2022/5/31)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがビデオ会議のPolyを買収 “ハイブリッドワークの主役”になれるのか?
HPは、ビデオ会議システムを手掛けるPolyを買収する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が注目を浴びる中、HPはPoly買収で何を目指すのか。(2022/5/30)

アクセンチュアとRed Hatが戦略的パートナーシップ拡大 4つの領域でソリューションを共同開発
Red Hatとアクセンチュアは、戦略的パートナーシップを拡大する。4つの領域でソリューションを共同開発し、企業のハイブリッドクラウドへの移行を支援する。(2022/5/27)

Web会議の情報格差を解決:
PR:会議室をアップデート Zoomが提案するハイブリッドワークソリューションとは?
コロナ禍の緊急避難策として始まったテレワークシフトが一段落し、リアルとリモートを柔軟に組み合わせるハイブリッドワークへの取り組みが進んでいる。Web会議の定着を支えた「Zoom」が、今後のハイブリッドワークの成功のために新たに勧めるサービスとは。(2022/5/27)

PR:最新トレンドを反映! 「Summit E14 Flip Evo A12」さえあればハイブリッドワーク時代を乗り切れる!
ハイブリッドワークが進む中で、ノートPCに求められる機能も大きく変化している。そのトレンドをいち早く取り入れた、エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)の「Summit E14 Flip Evo A12 シリーズ」を細かくチェックした。(2022/5/25)

これからの「Web会議」運用のいろは【第4回】
在宅組と出社組の「ハイブリッド会議」が快適になるWeb会議用製品とは?
オフィスワーカーとテレワーカーの共同作業をスムーズにすべく、ベンダー各社はハイブリッド会議を支援するWeb会議用機器を充実させている。幾つかの製品を紹介しよう。(2022/5/24)

PR:「24時間、戦え――ません」! 変わる日本の労働観と今必要な「新しい就業管理」体制を勤怠管理のプロに聞く
働き方が大きく変わる中で、企業もまた、かつて常態化していたハードワークを見直すべき段階にきている。リモートワークとオフィスワークが混在するハイブリッドワークが推奨される今、顔が見えない従業員の勤怠管理をどう「健全に」保てばいいのか? 勤怠管理システム開発を続けて35年、クロノスに聞いた。(2022/5/20)

メルカリがNFT事業に本気 その目的と「その次」の事業展開を聞いた
フリマアプリを提供する「メルカリ」はブロックチェーン技術の大衆化に取り組んでいる。その鍵を握るのは、メルカリが提唱するWeb2.5というハイブリッドなサービス形態だ。(2022/5/19)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【中編】
「ハイブリッドワーク」に疲れや孤独を感じる従業員 企業に何ができるか
従業員にとってのメリットばかりが語られがちな「ハイブリッドワーク」だが、デメリットを感じる従業員もいる。こうした不満に対して、企業が支援できることは。調査結果を元に考察する。(2022/5/19)

PR:仕事やゲーム、映像編集も万全! コスパ良好のデスクトップPC「mouse DT6-G [Windows 11]」を試す
ハイブリッドワークやおうち時間の増加でノートPCを手にした人が増えているが、やはりPCをさまざまな用途で快適に使いたいという場合は、デスクトップPCの方が同じコストを掛けても高性能なモデルが買える。今購入できる、お勧めの1台をピックアップした。(2022/5/18)

低価格の秘密は?:
ワークマンの人気商品「真空ハイブリッドコンテナ」 担当者も予想外なアウトドア以外のニーズ
キャンプ用品の本格展開を開始したワークマン。その人気商品の1つが「真空ハイブリッドコンテナ 4.6リットル」(2500円)だ。少量のドリンクや食料を保冷したり保温したりすることができるアイテムでSNSなどで話題に。担当者によると、アウトドアシーン以外でも活用されているという。(2022/5/17)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ディーゼルはオワコンなのか? 輸入車の現状とハイブリッドとの戦い
電動化が注目されるほどに存在感が薄くなっていくものがあります。それがディーゼル・エンジンです。「ディーゼル・エンジンは消えてなくなる」……と思いきや、世の中は単純ではなかったようです。(2022/5/16)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【前編】
調査が示す「テレワークとオフィスワークの共存がこれからも続く理由」
「ハイブリッドワーク」は今後も続く――Web会議デバイスベンダーが世界7カ国のハイブリッドワーカーを対象とした調査でこのような結論を出した。テレワークとオフィスワークの組み合わせが支持される理由は。(2022/5/13)

Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化
Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。(2022/5/6)

医療分野に勝機を見るAmazon【後編】
Amazonが遠隔医療市場で勝てる理由と、それでも苦戦する理由
医療サービス「Amazon Care」により、遠隔医療と対面診療のハイブリッドモデルを推進するAmazon.com。遠隔医療市場で優位に立てるとの見方がある一方、他の業界と同じ考えではうまくいかないとの見方もある。(2022/5/6)

Microsoft、ロシアによるウクライナ侵攻に伴うサイバー攻撃について詳解 支援国にも警告
Microsoftは、ロシアとウクライナの「ハイブリッド戦争」におけるロシアのサイバー攻撃についてのレポートを公開した。ウクライナ侵攻直前から数百回の作戦が実行されているとしている。ウクライナ支援国への攻撃の可能性もあると警告している。(2022/4/28)

PR:「柔軟な働き方」の裏で“電話応対”の在宅化が置き去りに? 自宅にいながら会社の電話を取る方法を、そろそろ真剣に考えたい
「ハイブリッドワーク」という新しい働き方が広まろうとしているその裏で、置き去りにされがちなのが「会社の代表電話にどう対応するか」という問題である。社用携帯電話を配るか、交代で電話番を設けるか――選択肢はさまざまだが、果たしてそれらは本当に、“新しい時代”に適した手段なのだろうか?(2022/4/28)

2021年度下半期の国内登録車販売 電動車トップは日産「ノート」「ノート オーラ」
日産自動車が2021年度下半期(2021年10月〜22年3月累計)の国内登録車販売の結果を発表し、ハイブリッド車を含めた電動車トップが「ノート」「ノート オーラ」だと分かった。2車種で計5万6119台を販売した。(2022/4/22)

Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【後編】
「Teams」がちょっと便利になるMicrosoftこだわりの機能とは?
テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」にまつわる不便さの解消を目指し、Microsoftは「Teams」「Outlook」の強化を続けている。主要な機能を見てみよう。(2022/4/22)

PR:ハイブリッドワーク成功の鍵は「適材適所のデバイス選び」 ビジネスシーン別の選定ポイント教えます
(2022/4/22)

強力タッグで悩める企業のDX戦略推進を支援
ハイブリッド/マルチクラウド、コンテナの主要ベンダー2社が提携で高まる期待
企業がDXに向けてクラウドやコンテナの活用を進めているが、悩みや課題は尽きない。そうした中、クラウドベンダー2社が提携し、使いやすいインフラ/クラウドを提供するという。提携は企業にどのような恩恵を与えてくれるのだろうか。(2022/4/22)

総務のための「オフィス」再考:
いま、総務が「オフィス外」に目を向けるべき理由
リアルとリモートを組み合わせたハイブリッドな働き方が今後も主流となりそうです。そのような中、総務としてはどのような戦略を立て実行していけばよいのでしょうか。(2022/4/21)

バックオフィスの負担解消とウェルビーイング実現に向けて:
PR:「選ばれる」企業になるには? ハイブリッドワーク時代に求められるITツールの選び方
働き方が激変する中で、企業と働き手とのパワーバランスも変化している。その中で、これからの企業に必要な視点は優秀な人材にいかに「選ばれる」企業へ生まれ変わるか、だ。では、そのためにどうすればよいのか。(2022/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。