「オンプレミス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

初期投資を抑え、自由に使いたい
AI/機械学習へのGPU活用、費用の問題をどうすればよいのか
ディープラーニングや機械学習にはGPUの利用が適している。だが高性能なGPU搭載サーバをオンプレミスで導入すると初期投資額がネックになる。パブリッククラウドのサービスは料金体系に不安が残る。どうすればよいのだろうか。(2022/8/5)

日本電気株式会社/ホワイトペーパー:
PR:ハイブリッドクラウド環境でシームレスに、サイト間データ連携を実現するには?
オンプレミスとクラウドが混在するハイブリッド環境が一般的になった一方、分散するサイト間のデータ連携に課題を抱えている組織も散見される。シームレスなデータ連携で、サイトの垣根を越えたデータ活用を促進するための最適解に迫る。(2022/8/8)

リチウムイオンバッテリー式UPSの実力は?
山一ハガネの「オンプレミス回帰」戦略を支える“軽量・長寿命”UPSとは?
特殊鋼を中心に扱う山一ハガネは、自社システムの「オンプレミス回帰」を選択した。オンプレミスシステムに不可欠な「命綱」である電源保護にはUPSが必須だ。リチウムイオンバッテリー搭載型UPSの使い勝手について担当者に聞いた。(2022/8/5)

クラウドベンダー選定の注意点【前編】
クラウドストレージを使ってはいけない“危ないベンダー”の特徴
オンプレミスインフラからクラウドサービスにストレージを移行する際、注意すべき点がある。失敗しないクラウドベンダーの選び方とは。(2022/7/28)

稼働率「99.999%」が意味すること【後編】
「稼働率99.999%」のインフラを実現する“5つのステップ”
企業がクラウドサービスだけではなく、オンプレミスインフラも含めたインフラ全体の稼働率を「99.999%」に近づけるためには、何をすればよいのか。5つのステップを説明する。(2022/7/27)

重要なのは「選択肢を広げること」:
PR:オンプレミスのセキュリティを“そのまま”AWSで使う秘策 有識者が解説
クラウド活用が進み、オンプレミスと組み合わせたハイブリッドクラウドを採用する企業は増えている。一方でセキュリティ対策もハイブリッドになり、手が回らないという企業はある。ハイブリッド環境でも効率的にできるセキュリティ対策はあるのか。(2022/7/22)

シンクライアント市場はマイナス成長:
DaaS急成長、クライアント仮想化は減少ーーIDC調査で見える次のPC環境とは
IDC Japanは、国内クライアント仮想化関連の市場シェアを発表した。シンクライアント専用端末市場とクライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場は2年連続マイナス成長だったのに対して、DaaS市場は拡大した。(2022/7/8)

「クラウドシフトにより確かに競争力を得られる」:
データ基盤のクラウド移行後半年で社内利用が16倍に――NTTドコモが挑んだモダナイゼーションと意識改革
NTTドコモが持つ大量のデータをいかにしてオンプレミス環境からクラウド移行したのか。「AWS Summit Online 2022」で行われた講演「NTTドコモが挑んだデータ基盤のモダナイゼーション 〜システムが足枷にならない意識改革と基盤〜」の様子をお届けする。(2022/6/30)

サブスクリプションに移行:
VMwareが「vSphereサービス化計画」第1弾として「VMware vSphere+」「VMware vSAN+」を発表
VMwareは、オンプレミスのVMware環境をクラウドサービス化できる「VMware vSphere+」「VMware vSAN+」を発表した。vSphereをサブスクリプション化すると共に、世界中に散在していても統合管理ができるようになる。また、追加サービスを必要に応じて使えるようになる。(2022/6/29)

「OCI Dedicated Region」を小規模から利用可能に ラック単位の提供も
Oracleは、自社が提供するクラウドサービス「Oracle Cloud」をオンプレミスに延伸する「OCI Dedicated Region」に、導入しやすい小規模版のラインアップを加えた。ラック単位で導入できる。(2022/6/29)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第5回】
GCP“危ないAPI”の発見者が語る クラウドとオンプレミスの“根本的な違い”
クラウドセキュリティを万全にするには、どのようなことに気を付ければよいのか。「Google Cloud Platform」のAPIに潜む危険性を指摘した、Mitiga Securityに聞いた。(2022/6/28)

ITワード365:
【ITワード365】スーパーアプリ/ムーアの法則/オンプレミス/BOPIS/ホワイトハッカー/ウェビナー/IoB
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/6/16)

4カ月で1万TB超をAWS移行、戦中のウクライナが進めるデータ保全
ウクライナ政府が、国家の活動継続に向け、各省庁や大学などが保有するデータのクラウド移行を進めている。政府はロシアの攻撃が始まった2月24日から米AWSと協力。6月10日までに計10PB(1万TB)以上をオンプレミスサーバからAWSに移行済みという。(2022/6/13)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「オンプレミスにおけるITインフラ・IT基盤の導入検討状況」関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/8)

災害対策をシンプルにするという選択肢:
PR:富士通だからできる クラウドとオンプレミスのストレージをシームレスに組み合わせた提案
データを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)が実装段階へ進む中、多くの企業では、ITシステムの迅速・柔軟な構築が重要な課題の1つとなっている。富士通は、企業の課題を解決し、DXを支えるために、クラウドを活用したさまざまな提案を強化してきたが、今般、データ管理の観点で企業からの関心が高い、災害対策の選択肢を追加した。(2022/8/8)

IDCが予測:
クラウド移行でニーズが高まる2つのサービスは? 国内情報セキュリティ市場予測
IDCは国内情報セキュリティ投資は今後、オンプレミスからクラウドに向くと予測する。クラウドサービスへのセキュリティ需要が成長する中で、ニーズが高まるサービスは何か。(2022/5/30)

医療機器ニュース:
診療所向け電子カルテ医事会計システム事業を譲渡
キヤノンメディカルシステムズは、同社の診療所向け電子カルテおよび医事会計システム事業をエムスリーソリューションズに譲渡する。譲渡後、エムスリーグループは、クラウド型とオンプレミス型双方のシステムを取り扱うことになる。(2022/5/18)

山市良のうぃんどうず日記(231):
SQL Server 2008/2008 R2、3年目のESU終了目前――オンプレミスでのESU購入はコストに見合うものでしたか?
Microsoftは2019年7月のSQL Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に合わせ、サポート終了後も最大3年間の更新プログラムの提供を受けることができる「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を用意しました。SQL Server 2012/2012 R2も間もなく2022年7月に延長サポートが終了します。もし、オンプレミスのSQL ServerのためにESUを検討しているのなら、SQL ServerのESUとWindows ServerのESUの大きな違いについて知っておくべきです。(2022/5/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「脱クラウド」で進むハイブリッドクラウド 複雑化する運用管理をどうするか
「ハイブリッドクラウド」が一般化しつつあるがオンプレミスとクラウドの管理タスクが大きくことなることから運用管理が複雑化する要因にもなりうる。複雑化する運用管理にどう対処すればよいか考える。(2022/5/12)

ITシステムの導入決定者、運用・管理者向け
「クラウドとオンプレミスのメリット・デメリット」に関する意識調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で100名にAmazonギフト券(1000円分)をプレゼント。(2022/5/13)

大日本印刷が基幹システム700超のVMをOCIに移行、ITリソース最適化を推進
大日本印刷は「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、オンプレミスの「VMware vSphere」環境で稼働する700以上の仮想サーバを「Oracle Cloud VMware Solution」に移行させる。同社がレガシーシステムのモダナイゼーションによって実現したい、コスト最適化以上のこととは。(2022/5/11)

オンプレミス「新主役」 HCIの利点は?
“運用しやすいオンプレミス”を夢から現実へ「HCI」という選択肢
クラウドサービスの普及とともにオンプレミスのインフラの良さが再認識され、システムによって両方をうまく使い分ける動きがある。特に注目されているのは「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)だ。HCIの利点は何か。(2022/5/18)

サイロ化から脱却してデータを統合管理
オンプレミスに残る個別最適化したシステム群 どうすれば運用を効率化できる?
サイロ化したシステムを管理する状況では運用を効率化できず、セキュリティホールが生まれたり増設や拡張に手間が掛かったりする可能性もある。これを解消し、簡単かつ効率的な運用を実現する鍵とは何か。(2022/4/28)

フランス公共放送系の「脱クラウド」【後編】
「脱クラウド」で公共放送子会社が実感した“あのメリット”とは?
システムの一部をクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻したFrance Televisions Publicite。脱クラウドが同社にもたらしたメリットとは何か。脱クラウドの先にある「システム改革」とは。(2022/4/27)

「どこからでもサービス提供」の視点【後編】
先が見えないからこそ考えるべき「インフラの条件」とは?
オンプレミスとクラウドサービスを含め、企業が利用可能なインフラは多岐にわたる。働き方が変わる中でも継続してサービス提供するために、IT部門はインフラにどのような要素を取り入れればよいのか。(2022/4/27)

フランス公共放送系の「脱クラウド」【前編】
「脱クラウド」に公共放送子会社が踏み切った“なるほどの理由”
広告事業のFrance Televisions Publiciteは、バックアップやアーカイブのシステムをクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻した。同社はクラウドサービスに「不便さ」を感じたという。それは何なのか。(2022/4/20)

「クラウドと同等な機動性と可用性を実現」:
パブリッククラウドからオンプレミスに回帰した企業のとった作戦とは
パブリッククラウドは拡張性が高く、利用量が変動する場合はコストを最小限に抑えることが可能だ。だが可用性を高めようとすると、HCIに軍配が上がる場合もある。複数のデータセンターを持つ企業がどのように構成したのか事例を紹介する。(2022/4/20)

DBMSの市場規模、DBaaSがオンプレミスに並ぶ シェア1位はMicrosoft、AWSはオラクル抜いて2位に ガートナー調査
米Gartnerが、データベース管理システム(DBMS)市場の調査結果を発表。長らくオンプレミス向けのデータベース製品が市場の大半を占めていたが、2021年の調査ではクラウド型の「DBaaS」が49%を占め、オンプレと横並びになった。(2022/4/18)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【後編】
「クラウドRPAはこれから売れる」と専門家が予想する理由
さまざまなベンダーがクラウドRPAを提供する中、オンプレミスRPAに偏っていたユーザー企業のニーズに変化が見え始めた。「今後の新規導入はクラウドRPAが主流になる」と専門家は言い切る。その理由は。(2022/4/13)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【中編】
「クラウドRPA」がすぐには売れない理由
ユーザー企業の間でクラウドサービスへのシステム移行が加速する中、クラウドRPAの導入が進まない。「オンプレミスRPA以外は選ばない」というニーズも根強い。この理由を、専門家はどう見るか。(2022/3/31)

IDCが調査:
仮想化導入企業で進む「ハイブリッド利用」の実態とは 2022年国内クライアント仮想化市場ユーザー動向分析調査
IDCは、国内クライアント仮想化市場の動向調査の結果を発表した。調査結果から仮想化が定着した業種におけるオンプレミスとDaaSを併用する「ハイブリッド利用」の実態が浮かび上がった。(2022/3/29)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【前編】
「クラウドRPA」が売れない 「RPAはオンプレミス」がまだ常識
RPA市場でクラウドシフトの機運が高まらない。RPAベンダー各社がクラウドRPAをこぞって提供する一方で、ユーザー企業の間ではクラウドRPAの利用は広がっていないという。調査結果を基に実態を整理する。(2022/3/29)

IBMが運用自動化ポートフォリオを拡充 ソフトウェアライセンス管理もAIOpsに
IBMが新たな自動化ソリューションを発表した。APM、ARMに続き、ライセンス管理も、オンプレミスからクラウドまでを自動で可視化して管理できるようになる。(2022/3/28)

「VMware Cloud on AWSで“クラウド破産”」の傾向と対策【後編】
「脱クラウド」で“クラウドの呪縛”から解放される方法
熟慮の末にクラウドサービスへ移行したにもかかわらず、想定外の問題に直面して「脱クラウド」に踏み切らざるを得なくなった企業は、どうすればよいのか。スムーズなオンプレミス回帰のポイントを説明する。(2022/3/21)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(3):
オンプレミス環境とのプライベート接続――「AWS VPN」接続の基本
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、オンプレミス環境とのプライベート接続について解説し、AWSにおけるVPNの設定手順を示す。(2022/3/17)

IaaS移行にかかるコストを整理する【前編】
「IaaS移行」を考えたらまず検討しておきたいポイント
オンプレミスインフラからIaaSへの移行を考えるCIOは、移行計画を立てることにもコストがかかることを忘れてはならない。IaaS移行の計画段階でかかるコスト要素について詳しく説明する。(2022/3/17)

ストレージの選び方を業界プロが指南
10年先を見据えた「失敗しないストレージ」選定、たった3つのポイント
クラウドファーストの世界において、オンプレミスシステムはどう扱うべきか。変化の激しさが増す中で重要なのは、未来の進化に堪え得る要件の設定だ。「10年後のITインフラ」を見据えたストレージの選び方を、4人の業界通が語った。(2022/3/10)

「VMware Cloud on AWSで“クラウド破産”」の傾向と対策【前編】
VMwareユーザーが「脱クラウド」せざるを得なくなる理由
クラウドサービスは利用料金が高額になることがある。高額な利用料金をきっかけとした「脱クラウド」を避ける方法と、脱クラウドせざるを得なくなった場合のスムーズなオンプレミス移行のポイントを説明する。(2022/3/7)

クラウドDWHで新旧システムの分断解消:
PR:SAPデータ資産をどう生かすか 「SAP Data Warehouse Cloud」の狙いを聞いた
DXに向けたシステム刷新を進めるSAPユーザーにとってSAP S/4HANAへの移行だけでなく、オンプレミスやクラウドに散在するデータ資産をどのようにつないで生かすかが大きな課題だ。SAPシステムの中で効率良く解決する方法が見えてきた。(2022/2/28)

クラウドニュースフラッシュ
戸田建設がオンプレミスのVMware製品をあえて「Oracle Cloud」に移行する理由
クラウドサービスを採用した戸田建設やGMOあおぞらネット銀行などの事例、AWSのHPC向けインスタンスの提供開始など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2022/2/28)

人工知能ニュース:
Cortex-M0+マイコンで動作する軽量エッジAI、オンプレミスの開発環境を提供
エイシングは、同社の軽量エッジAIアルゴリズム「MST」などを用いたAIモデルをオンプレミスで構築できる開発環境「AiiR On-premises β版」を発表した。同日から募集しているモニター企業5社を対象に順次提供を開始する。(2022/2/16)

クラウドサービス導入で起こりがちな失敗と対処法【中編】
「リフト&シフト」のクラウド移行がもたらす“想定外”のリスクとは
オンプレミスのシステムをそのままクラウドサービスに移す「リフト&シフト」は、想定外の課題を生むことがある。それは何なのか。リフト&シフトを選択した企業が考慮すべき注意点を説明する。(2022/2/15)

ITシステムの導入決定者、運用・管理者向け
「クラウドとオンプレミスのメリット・デメリット」に関する意識調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で100名にAmazonギフト券(1000円分)をプレゼント。(2022/2/14)

1人で24時間365日の保守は限界
「ワンオペ情シス」の中堅・中小企業が知っておくべきクラウド移行と保守運用
中堅・中小企業にありがちな「ワンオペ情シス」体制。夜間、休日もオンプレミスの基幹システムの安定稼働を維持しなければならなかった通信販売事業者の社内SEが、クラウドに移行してサーバ保守で手いっぱいの状況を脱した事例を紹介する。(2022/2/14)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【後編】
クラウド推進の空港が明かす、脱オンプレミス困難な「空港特有のシステム」とは
ベルファスト・シティー空港は各種アプリケーションのクラウドサービス移行を進める一方で、一部のシステムはオンプレミスインフラに残さざるを得ないと判断している。そのシステムとは何か。移行が難しい理由とは。(2022/1/31)

オンプレ/クラウドHPCの使い分けを手軽に
HPCもサブスクで使う時代へ、導入ハードルの高さを解消する次世代サービスとは
DXの取り組みの中でAIやデータ分析に注力し始めた企業にとって、大量のデータを高速に演算処理できるHPCは魅力的だが、導入ハードルの高さは課題となる。そんな中、オンプレミスHPCをサブスク形式で利用できるサービスが登場した。(2022/1/27)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

エッジコンピューティング:
エッジデバイスを遠隔管理するIoT基盤、NTTコムが「SDPF Edge」提供開始
NTTコミュニケーションズは2022年1月18日、データ利活用基盤である「Smart Data Platform」において、新たにエッジコンピューティングサービス「SDPF Edge」を提供開始すると発表した。SDPFのサービスなどをオンプレミス環境で実行可能にする。(2022/1/21)

運用管理の負担削減だけではもったいない
HCIのメリットを無駄にしない、ハイブリッドクラウド化に向けた注意点とは?
ハイブリッドクラウドを構成するためには、オンプレミスシステムをいかにパブリッククラウドに近い構成や運用の在り方に変えるかが重要となる。その最初のステップとして有効なHCIを導入する上で、絶対に外してはいけないポイントとは?(2022/1/25)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【前編】
クラウドにアプリ8割移行の空港が明かす「オンプレミスに残すアプリ」とは
英ベルファスト・シティー空港は、アプリケーションの大半をクラウドサービスで稼働させる見通しだ。ただし一部はオンプレミスインフラに残すという。同空港のIT幹部にクラウド移行の道筋を聞く。(2022/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。