連載
» 2015年10月16日 08時00分 公開

日本語対応した「Fusion 360」で「ミニ四駆」のキャビンをモデリング!無償3次元CADによる「ミニ四駆」ボディ設計講座(4)(6/6 ページ)

[志田穣,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

フロントガラスの形状を整える

 まだ全体のスキャン形状と異なる部分はいろいろと残っていますが、その前にフロントガラスの形状を調整していきましょう。

 画面をコントロールポイント表示に切り替え、[Edit Form(フォームを編集)]からフロントガラスの中央側フェースを手前(−Y方向)に5mm移動します(図21)。

図21 フェースの−Y方向移動 図21 フェースの−Y方向移動(クリックで拡大)

 フロントガラスの形状には直接関係ありませんが、ボディ中央を横断するエッジは後方にあった方が、全体の形のバランスが良くなるので、[Edit Form(フォームを編集)]で対象となる複数エッジを後方(+Y方向)に7mm移動させておきましょう。なお、図22のように、一連の横断するエッジを全選択する際には、どこかのエッジをダブルクリックするだけで全て選択できます。

図22 エッジをシングルクリックして単一選択(右)とダブルクリックして複数選択(左)の比較(クリックで拡大)

 次に、図23のようにフロントガラスの上にある2エッジを後方(+Y方向)に15mm移動します。その後、外側の頂点を選択し、後方に5mm移動させましょう。これで、フロントガラスのような斜面ができます。使用する機能は同様に[Edit Form(フォームを編集)]です。

図23 ウィンドシールドの傾きを調整(クリックで拡大)

 [Alt]+[3]でポリゴンメッシュ表示に切り替えて形状を確認します。図24のようにフロントガラスの形状がスキャンモデルに近づいていることが分かります。

図24 ウィンドシールド形状確認 図24 ウィンドシールド形状確認(クリックで拡大)

キャビン側面の窓も表現しよう

 次のステップとして、キャビン側面の窓の位置と傾きを調整します。その前に、形状を近づけるべく、ボディセンターのエッジから1つ外側にある複数エッジを図25のように[Edit Form(フォームを編集)]を使用して−X方向へ3mm移動しておきましょう。

図25 エッジの−X方向移動(クリックで拡大)

 完了したら、図26のようにエッジを選択し、[Edit Form(フォームを編集)]を使用して−X方向へ5mm移動します。

図26 エッジを−X方向移動 図26 エッジを−X方向移動(クリックで拡大)

 [Alt] +[3]でポリゴンメッシュ表示にし、形状を確認してみましょう。ボディのフロント部分、フロントガラスを含むキャビン部分の形状ができてきているのが分かると思います(図27)。

図27 途中形状のポリゴンメッシュ表示(クリックで拡大)

 今回は[Edit Form(フォームを編集)]以外に、[Merge Edge(エッジを結合)]と[Delete(削除)]機能を使用して、ボディ後部のおおまかな形状を作りました。この方法はいろいろと応用できるので、ぜひさまざまな場面で使ってみてください。

 それでは、次回の連載でまたお会いしましょう! (次回に続く)

ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.