連載
» 2015年10月16日 08時00分 公開

日本語対応した「Fusion 360」で「ミニ四駆」のキャビンをモデリング!無償3次元CADによる「ミニ四駆」ボディ設計講座(4)(2/6 ページ)

[志田穣,MONOist]

本格的な「クルマ」の形状にするには

 さて、前回の続きからモデリングしていきましょう。前回までのモデルを開くと、図4のような状態になっていると思います。

図4 前回までのモデリング結果 図4 前回までのモデリング結果

まずはフロントを整える

 フロント部分をスキャンしたデータに合わせてみましょう。[MODIFY]−[Edit Form(フォームを編集)]を選択し、図5のように上部のフェースを6面選び、Z方向に4mm移動します。ここでは、[Alt]+[1]で表示をコントロールポイント表示に切り替えて作業を進めています。

図5 フェースの移動 図5 フェースの移動

 同様に、上部の3面をさらにZ方向へ4mm移動します。

図6 フェースの移動 図6 フェースの移動(クリックで拡大)

 最後に、上端の3エッジを選択しZ方向へ2mm移動します。

図7 エッジの移動 図7 エッジの移動(クリックで拡大)

 移動が終わったら、[Alt」+[3]でポリゴンメッシュ表示に変更し、状態を確認します(図8)。図4の状態と比較すると、フロント部分の形がスキャンしたデータに近づいていることが分かります。

図8 フロント部分の修正後 図8 フロント部分の修正後(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.