ニュース
» 2015年04月07日 15時00分 公開

「エクストレイル」にFFハイブリッドシステム搭載、燃費は20.6km/lエコカー技術(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

排気量2.5lガソリンエンジン車をしのぐトルク

 エクストレイル ハイブリッドのFF車向けハイブリッドシステムは、米国市場では2013年夏発売のSUV「パスファインダー」に採用されていた。国内市場では、エクストレイル ハイブリッドが初採用となる。なおパスファインダーのリチウムイオン電池パックは、日立オートモティブシステムのグループ会社である日立ビークルエナジーが納入している(関連記事:日立オートモーティブがマキシムの電池監視ICを採用、日産のハイブリッド車に搭載)。

 エンジンについては、排気量2.0lのガソリンエンジン「MR20DD」をハイブリッドシステム向けに最適化した。補機ベルトの廃止や低フリクションオイルシールの採用により基本性能も向上している。最高出力は108kW(6000rpm)、最大トルクは207Nm(4400rpm)。ハイブリッドシステムのモーター「RM31」は、最高出力が30kW、最大トルクが160Nm。ハイブリッドシステム全体では、低速から全域にわたり排気量2.5lガソリンエンジン車をしのぐトルクが得られるとしている。

 この他、左右のフロントドアとバックドアの3カ所にハイブリッド専用エンブレムを装着。メーター中央のディスプレイには、ハイブリッドシステムの動作状態が表示される。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.