特集
» 2011年12月01日 00時00分 公開

「走り」と「モデル」のバランスが決め手!? ETロボコン2011 チャンピオンシップ大会ETロボコン2011 レポート(2/3 ページ)

[遠竹 智寿子,@IT MONOist]

いよいよ本番! 激闘の模様をフォトレポートで振り返る

 競技は、2チームごとに2回の走行を行い、両方のリザルトタイム(走行タイム−ボーナスタイム)の合計によって最終結果が出される。なお、26ラウンドの走行順は大会前に決定済みだ。

 本稿で全52チームの競技の詳細を紹介するのはさすがに難しいので、ここからは画像を中心に競技部門の模様をお伝えしていきたい。少しでも会場の熱気・雰囲気が伝われば幸いだ。


いよいよ本番 画像10 レース直前、各チームに意気込みをたずねると、どのチームも「全難所クリアを目指す!」と力強く告げていたのだが、果たして……

 第1ラウンド第1レース、大会の口火を切ったのは東海地区からの個人参加「selfD」と、東京地区の「ARASHI50(所属:日本無線)」との対決だ。関係者や応援の人たちが集まり満席状態の中でのスタートだ。さぞ出場者たちは緊張したことだろう。

盛り上がり1盛り上がり2 画像11、12 1レース2分のコースとなる。2機が並んで東京タワーを横目にスピードを競う前半、そして難所チャレンジに挑む後半は特に盛り上がった!

盛り上がり3盛り上がり4 画像13、14 ボーナスステージでは、シーソーの「ダブル」へのチャレンジが多かった。「階段」はバネを付けて上がるロボット、一段ずつ着実に上るロボット、尻尾を用いて上がるロボットなど、それぞれの手法でチャレンジしていた。最初にボーナスステージの全難所クリアを果たしたのは東海地区の「おやじプログラマーず(所属:エィ・ダブリュ・ソフトウェア)」だった

ルックアップゲート 画像15 多くのチームが比較的スムーズに「ルックアップゲート」までたどり着けた
ペットボトル相撲 画像16 「ペットボトル相撲」では、ほとんどのチームが「押し出し」を選択していた。方向と力の加減のコントロールが思うようにいかずに倒れたり、コースを外れてしまったり、中にはループしたまま時間切れとなってしまうチームも……
盛り上がり5盛り上がり6 画像17、18 ダイナミックな転倒シーンも続出! 難所クリアの直後に転倒するケースも……。やはり、難所はそう簡単にクリアできない

ガレージインをクリアしないと 画像19 ガレージインをクリアしないと全クリアにはならない。この最後の難所クリアが一番ハードかも!? 勢い余って舞妓さん人形を押し倒してしまったチームも!!

 約2時間をかけて第1ラウンドが終了。その後10分程度の休憩を挟み第2ラウンドが繰り広げられた。

 第2ラウンドは同じ対戦相手で、インとアウトを入れ替えて行われた。第1ラウンドにも増して、「まさか、あそこで?」といった場面が幾つもあり会場を沸かせていた。ETロボコンでは、こうした思いがけないアクシデントやハプニングが少なくないため、「魔物がいる」とも言われているのだとか……。しかし、その「まさか」をしっかりと想定した“モデルづくり”がETロボコンでは要求されるのだ。

 今回のチャンピオンシップ大会では、どのチームもかなりの健闘ぶりを見せてくれたため、会場も大いに盛り上がった。さて、最終結果はいかに!?

モデル1モデル2 画像20、21 例年通り、会場内には各チームのモデルが掲示されていた。今回のモデル審査基準では、従来の「設計モデル」に加えて、「要求モデル」「性能モデル」という2モデルを新設し、バランスの取れたモデルを評価できる内容になっているという。熱心に他チームのモデルに見入る参加者たちの姿も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.