• 関連の記事

「早稲田大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「早稲田大学」に関する情報が集まったページです。

早稲田大学世界デジタル政府ランキング2023:
世界デジタル政府ランキング、1位は3年連続デンマーク、日本は前回の10位から11位へとトップ10圏外に
今年で18回目の「早稲田大学世界デジタル政府ランキング2023」1位は3年連続デンマーク、2位カナダ、3位英国。(2023/12/1)

医療技術ニュース:
生体の撮影も可能な、動的条件下でのX線CT撮影技術を開発
早稲田大学は、ストロボ効果を利用した動的条件下でのX線CT撮影技術を開発した。心臓のように繰り返し変形するものであれば、生体の動的X線撮影も可能になる技術だ。(2023/11/28)

スーパーゼネコンに強い大学 2位「早稲田」、1位は?
今週は、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店の就職者数を集計した「スーパーゼネコンに強い大学ランク」をお届けする。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計したものだ。(2023/11/4)

3大損保に強い大学ランク 3位「同志社」、2位「早稲田」、1位は?
損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の就職者が多い、「3大損保に強い大学ランク」を紹介しよう。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計したもの。(2023/10/14)

モー娘。野中美希、袴姿で早大卒業を報告「得られた学びを大切に」 芸能活動との両立に「本当にすごい!」と称賛の声
早稲田大学人間学部eスクールで学んでいました。(2023/10/4)

5大商社に強い大学ランク 3位「東大」、2位「早稲田」、1位は?
今週からは、業種ごとに有名企業の就職に強い大学を紹介していく。初回は、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事の就職者数を集計した、「5大商社に強い大学ランク」をお届けしたい。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計したものだ。(2023/9/23)

仕事の在り方が変わる:
ChatGPTを会社経営にいかにして導入するか? 入山章栄教授が語る「知の探索」理論
早稲田大学ビジネススクール経営学博士・入山章栄教授が、生成系AIと人間それぞれが得意な仕事の分野、会社のリソースの振り分けを提言した。企業が生成AIを活用するためのヒントをお届けする。(2023/9/4)

研究開発の最前線:
高性能かつ耐久性に優れた固体高分子形燃料電池用の電解質膜を開発
早稲田大学は、芳香族系高分子電解質膜をフッ素系ナノファイバーで複合化し、高性能かつ高耐久の固体高分子形燃料電池を作製した。次世代燃料電池自動車などへの応用が期待される。(2023/8/9)

SiCウエハー表面の平たん化に貢献:
早稲田大学ら、ステップアンバンチング現象を発見
早稲田大学らの研究グループは、SiC(炭化ケイ素)ウエハー表面を原子レベルで平たん化する技術に応用できる「ステップアンバンチング現象」を発見した。プロセスは比較的シンプルで、加工によるダメージ層もないという。(2023/7/24)

研究開発の最前線:
構造相転移の発現を機械学習により予測、大規模スクリーニングが可能に
早稲田大学は、MLの1種となるPositive-Unlabeled学習を活用し、構造相転移を起こす分子を効率的に抽出する手法を開発した。構造相転移の発現を事前に予測することで、材料分野、製薬分野での活用が期待できる。(2023/7/24)

医療技術ニュース:
原始の地球にも存在できた、自己複製する短いRNAを発見
早稲田大学は、原始の地球にも存在できた20塩基の短いランダム配列のRNA集団から特定のRNA配列と構造が自発的に出現すること、それらのRNAを基に特定の20塩基のRNAが自己複製することを実証した。(2023/7/20)

1分で提供:
並盛380円 牛丼より安い「立ち食いパスタ」は、どう経営を切り盛りしているのか
東京メトロの早稲田駅から徒歩5分。人通りが少ないエリアにもかかわらず、立ち食いのミートソース専門店「立ちスパ アッパーカット」が人気だ。店の特徴は……。(2023/6/30)

「AIと著作権法」早稲田でセミナー 米国著作権局長や赤松健氏、Microsoft、Google担当者など豪華メンバー
早稲田大学、コロンビア大、香港大が「人工知能と著作権法」をテーマにしたシンポジウムを開催。Zoomでも配信される。(2023/6/6)

有機化合物と高分子薄膜を組み合わせ:
繰り返し充放電が可能な全固体空気二次電池を開発
山梨大学と早稲田大学の研究グループは、繰り返し充放電が可能な「全固体空気二次電池」を開発した。酸化還元反応する有機化合物とプロトン伝導性の高分子薄膜を組み合わせることで実現した。(2023/5/22)

Beyond 5G時代の無線システム:
テラヘルツ波通信、光と電波の融合技術で実証
情報通信研究機構(NICT)と住友大阪セメント、名古屋工業大学および、早稲田大学は、大容量のテラヘルツ波信号を光信号に変換し、光ファイバー無線技術を用いて異なるアクセスポイントに分配、送信するシステムの実証実験に成功した。(2023/5/18)

医療技術ニュース:
スマートコンタクトレンズに搭載可能な新しい無線回路を開発
早稲田大学は、スマートコンタクトレンズなどにも搭載できる、新しい原理の無線回路「パリティ時間対称性共振結合回路(並列接続)」を開発した。センサー感度が2000倍に改善し、涙中糖度や皮膚を介した血中乳酸を無線計測できる。(2023/5/8)

脱炭素:
水素エンジン搭載中型トラックがナンバー取得、2023年度内に実証
フラットフィールド、東京都市大学、トナミ運輸、北酸、早稲田大学アカデミックソリューションは水素エンジンを搭載した中型トラックを試作し、走行試験を開始した。(2023/4/28)

センサー感度を2000倍に:
糖尿病網膜症を計測できる無線回路を開発、早大
早稲田大学は2023年4月10日、センサー感度を2000倍にできる新原理の無線回路を開発したと発表した。スマートコンタクトレンズに搭載し、涙中糖度を計測することで、糖尿病網膜症の早期発見/治療への活用が期待できる。(2023/4/20)

元サッカー日本代表、福西崇史が早稲田大学大学院を修了 ラグビー五郎丸歩らとの“卒業”ショット公開
おめでとうございます!(2023/3/28)

唯一2万人超え:
社長の出身大学、日本大学が12年連続の1位 早稲田、慶應は?
日本で最も社長を輩出している大学はどこなのか? 東京商工リサーチは「全国社長の出身大学」調査を実施した。(2023/3/14)

早大受験の小倉優子、受験した6校の合否を報告 「ここから新たなスタート、ゴールという気がしない」
勉強期間は411日間、計2102時間に及びました。(2023/3/7)

小倉優子、1カ月ぶりに姿を見せる 早稲田大学受験終え「お疲れ様でした」「お帰り」とねぎらいの声
お疲れ様でした!(2023/2/20)

早稲田、教育学部一般選抜「国語」1教室だけ10分延長で謝罪 「正規の募集人員の枠外で合否判定」
全受験生に不利益が生じないように対応を取るとしています。(2023/2/20)

岡副麻希、奨学金の完済報告「じーんときちゃいました〜」 早稲田大で学んだことは「すべてが今の私の財産」
長い間おつかれさまでした!(2023/2/9)

西武新宿線の駅が多数:
「早稲田大学」キャンパス周辺で家賃が安い駅 2位「上井草」、1位は?
リクルートは、早稲田大学の早稲田キャンパス最寄駅まで20分以内で家賃相場が安い駅ランキングを発表した。西武新宿線が多数ランクインした中、1位になったのは?(2023/2/4)

3Dプリンタニュース:
光造形3Dプリンタとメッキを組み合わせ複雑形状の金属/樹脂の精密3D構造体を作製
早稲田大学と南洋理工大学は、光造形3Dプリンタとメッキを組み合わせ、複雑な形状の金属/樹脂の精密3次元構造体を作製した。新たに開発した複数の樹脂を使用できる光造形3Dプリンタ装置を使用している。(2022/12/9)

外部電位のスイッチ一つで:
早稲田大ら、CO2を選択的に吸着、脱離可能に
早稲田大学と韓国Hanyang大学は、スイッチ一つで二酸化炭素を選択的に吸着、脱離できることを理論的に解明した。開発した技術を応用すれば、CO2を効率よく回収し濃縮することができるという。(2022/12/1)

保護者の満足度が高い小学生向け集団塾ランキング 首都圏3位「早稲田アカデミー」、2位「湘南ゼミナール」、1位は?
oricon MEが、小学生向け学習塾に関する調査結果を発表した。(2022/11/30)

「どれくらいカジュアル?」 曖昧なファッションの質問にズバリ答えるAI、早大とZOZOが開発
多くの人が頭を悩ませる曖昧なファッション用語。そうした表現を含む質問にAIが自動で回答する技術をZOZOと早稲田大学の研究グループが開発した。(2022/11/22)

早稲田大学世界デジタル政府ランキング2022:
世界デジタル政府ランキング、1位は前回同様デンマーク、日本は前回の9位から10位へ
今年で17回目の「早稲田大学世界デジタル政府ランキング2022」の結果は、1位デンマーク、2位ニュージーランド、3位カナダ。(2022/11/17)

Innovative Tech:
肩に寄生するヘビ型ロボット 多関節を遠隔から操作 早稲田大などが技術開発
早稲田大学中島達夫研究室、カタールのQatar Universityの研究者らは、肩の上で動作するヘビ型ウェアラブルロボットを提案した研究報告を発表した。肩から出た8自由度のロボットを、遠隔から別のユーザーが視覚と聴覚のフィードバックを受けながら操作する。(2022/11/16)

「Creepy Nuts」のDJ松永さん、早稲田大学学園祭での発言を謝罪 スーパーフリーめぐる発言に批判
(2022/11/7)

「全ての余裕がなくなり」「毎日がギリギリ」 早大合格目指す小倉優子、39歳の誕生日に受験への闘志を新たに
その頑張りに「見習いたい」の声も。(2022/11/6)

ハッカーって悪いことするんでしょ?:
「ホワイトハッカー」の仕事を理系学生が体験 日立ソリューションズ インターンシップ潜入記
ドラマや映画の登場人物みたいに華やかなもの? 個人でもくもくとPCに向かうんでしょ?――ホワイトハッカーの仕事とはどのようなもので、どんな難しさややりがいがあるのか。早稲田大学の学生たちがインターンで疑似体験してみた。(2022/10/24)

実験結果を電子ノートに記録、AIで解析 紙を使わず「DX化」 早稲田大
実験や研究の記録を、紙ではなく電子ノートに記載し、AIで自動解析するシステムを早稲田大が構築。同システムを使った研究成果も。(2022/8/25)

産業用ロボット:
早大発スタートアップが狭い場所でも作業できる研究開発者向けロボット販売
東京ロボティクスは狭い場所でも作業が可能な移動マニピュレーター「Tolon」の販売を開始したと発表した。(2022/8/23)

離婚発表の小倉優子、10歳長男に感謝「一番近くで応援してくれる」 早大受験へ向け子育てと勉強を両立
7月27日に離婚を発表したばかり。(2022/8/4)

進学ブランド力調査2022:
高校3年生が志願したい大学ランキング 関東・東海・関西エリアの1位は?
リクルートが運営するリクルート進学総研は「進学ブランド力調査2022」の結果を発表した。23年に大学受験を控えた高校3年生が「志願したい」と考えている大学を、住む地域ごとにランキング化。関東エリアでは早稲田大学、東海エリアでは名城大学、関西エリアでは関西大学がそれぞれトップだった。(2022/7/14)

テラヘルツ通信の運用可能性示す:
日欧連携で300GHz帯双方向リアルタイム伝送に成功
早稲田大学らによる国際共同研究グループは、世界初となる「300GHz帯双方向リアルタイム伝送」に成功した。テラヘルツ通信は、Beyond 5G/6Gシステムにおいて、基地局間を接続する方法の1つとして注目されている。(2022/7/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタル化の2周目対応に失敗すると撤退も、もっとも好ましい対応は創造型の両利き――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
マクロ的には既存企業は強いが、常に少数の企業は破綻している。一方、急成長する少数の新興企業も存在する。2000年以後の破綻企業は、デジタル化への対応失敗企業が多く、全企業が切迫度は異なるがデジタル化対応を求められている。(2022/7/4)

燃料電池や二次電池に応用:
NIMSら、多孔性で極薄の炭素ナノシートを合成
物質・材料研究機構(NIMS)と早稲田大学らによる国際共同研究チームは、有機金属構造体(MOF)と呼ばれる物質を新たな手法で剥がし、その後に炭素化することで「多孔性炭素ナノシート」を合成することに成功した。燃料電池や二次電池への応用が期待できるという。(2022/6/7)

早稲田大学を目指す小倉優子、体調不良の原因は“胃腸の疲れ” 仕事&育児との3重生活に「もう涙が出ます」
想像を絶する大変さ……。(2022/5/31)

いつ大学に着ていくか迷う“早稲田不合格Tシャツ”が攻めすぎたセンスで人気 「早稲田魂体現してて好き」「クソワロタ」
いろいろ主張が強い。(2022/5/17)

早稲田大学を目指す小倉優子、育児&ハードな受験勉強で失敗「朝からぼけぼけ」 1週間にテストが“4回”も
小倉さんは3人の息子を子育て中。(2022/5/13)

Innovative Tech:
卓球の正しいスイングを教えてくれるロボットアーム VR環境下でマンツーマン指導
早稲田大学中島研究室とQatar Universityの研究チームは、VRシステムとロボットアームを連動させた卓球トレーニングシステムを開発した。VR環境下でユーザーの手の動きを誘導することで、卓球の打ち方の練習を効率的に行い、スキルアップをサポートする。(2022/4/22)

吉野家常務の「生娘をシャブ漬け戦略」発言 講座主催者の早稲田大も謝罪 「再発防止に努める」
吉野家の伊東正明常務が早稲田大学の社会人向け講座で若手女性向けの自社戦略を「生娘をシャブ漬け戦略」と表現した問題で、早稲田大が「講座主催者として深くお詫び申し上げます」と謝罪した。同大は「再発防止に努める」としている。(2022/4/19)

「処分を含め厳正に対応」 吉野家、取締役の「生娘をシャブ漬け戦略」発言で見解
吉野家の常務取締役が早稲田大学の社会人向けマーケティング講座で不適切発言した問題で、同社は取締役の処遇について「本件を受け、 社内規定に則って当人への処分を含め厳正に対応を進めていく」と明らかにした。(2022/4/19)

吉野家役員の「生娘シャブ漬け戦略」発言、早稲田大学も謝罪 「当該講師に講座担当をやめていただくことを含めて検討中」
受講者には責任者からその場でお詫びも伝えていたとのこと。(2022/4/18)

吉野家役員の「生娘シャブ漬け戦略」発言に「マジで許せない」「信じられないひどさ」と怒りの声 → 吉野家「極めて不適切」と謝罪
早稲田大学の社会人向け講座での発言が物議を醸していました。(2022/4/18)

元バレー日本代表の荒木絵里香さん、早大大学院スポーツ科学研究科に入学 「社会の中で還元できるように」
荒木さんは2021年9月22日に現役を引退しています。(2022/4/5)

PR:学生マンション検索サイト 専門学校、大学別の賃貸物件検索サイト学生ウォーカー


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。