• 関連の記事

「非構造化データ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「非構造化データ」に関する情報が集まったページです。

Supply Chain Dive:
サプライチェーンを事故や災害から守るには? MSが展開する“デジタルツイン”の使い方
コロナ禍で多くの企業が調達不足や工場の操業停止といった問題に見舞われる中、MSがデジタルツインを使ったサプライチェーン向けクラウドソリューションを発表した。クラウドやデジタルツインを駆使し、突発的な事故や災害の際にもリスクを最小限に抑えるという、その中身は。(2022/1/14)

MONOist 2022年展望:
工場のリモート対応は2022年も加速、映像活用拡大もネットワーク環境が課題に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以降、多くの業務のリモート化が進められてきたが、これまで「現地現物現実」が基本として徹底されてきた製造現場でも部分的にリモート対応を取り入れる動きが広がってきた。2022年はこうした仕組みの整備が進み、さらにより広く取り入れられる見込みだ。(2022/1/13)

国際郵便物をリアルタイムに自動識別:
NECが財務省税関から受注 AI活用のX線画像識別処理システム
NECは、AIを活用して検査対象の国際郵便物をリアルタイムに自動識別するX線画像識別処理システムを財務省税関から受注した。税関検査の高度化と効率化が期待される。(2022/1/11)

データウェアハウスの終わり【後編】
従来型データウェアハウスでは分析できない、次世代ツールの「分析対象」
データウェアハウスもデータレイクも限界が見えた今、各社は「次世代型データウェアハウス」で市場をリードしようとしている。最後に生き残るアーキテクチャとは?(2021/12/16)

日本列島BIM改革論〜建設業界の「危機構造」脱却へのシナリオ〜(2):
【伊藤久晴氏の新連載:第2回】「業務プロセス改革」を実現せよ
「日本列島BIM改革論」の連載第2回では、大和ハウス工業在籍時に日本初となるISO 19650-2の認証取得に取り組んだ伊藤久晴氏(現BIMプロセスイノベーション)が、日本列島BIM改革論の重要テーマの1つとして、「業務プロセス改革」がなぜ必要なのかを提言する。(2021/12/8)

あいまいな質問を受け入れるAI
AIエンタープライズサーチで企業がため込んだ「データ」を「知識」に変える
コンシューマー向けWeb検索サービスには、あいまいな質問からユーザーが知りたいことを類推して答えを返すものがある。企業の膨大な技術資料やマニュアル、報告書などに対しても同様の利便性を実現するエンタープライズサーチAIがある。(2021/12/2)

データベース複製速度は55%向上も:
データクラウドのSnowflakeがPythonをネイティブサポート、非構造化データ処理などの新機能も発表
クラウドデータウェアハウスのSnowflakeが、Pythonをネイティブにサポートする。これにより、データエンジニアリング用の言語として人気が拡大する Python の開発者にアビールする。他にも非構造化データ処理、マーケットプレイス機能の強化、アカウントレプリケーションなどが発表された。(2021/11/17)

クラウドネイティブ時代の「最後の砦」:
PR:ステートフルなコンテナ環境に適用できる「データ保護」、その仕組みとは?
アプリケーション開発でコンテナ活用が進む中、エンタープライズでも利用のニーズが増えている。コンテナのシンプルさ、柔軟さと、エンタープライズで求められる要件を両立させる方法とはどのようなものなのか。(2021/11/15)

「Slack」のバックアップ手段を考える【前編】
消えたら困る「Slack」のメッセージやファイルを残すには?
ビジネスチャットツール「Slack」で送受信したファイルは自動的にバックアップされない。Slackのデータをバックアップするにはどうすればいいのか。役立つ方法を紹介する。(2021/11/12)

Gartner Insights Pickup(231):
顧客サービスとサポートテクノロジーのハイプサイクルにおける2021年の主要トレンド
顧客サポートおよびサービス(CSS)のリーダーは、有望なテクノロジーを評価し、投資を再検討する。本稿では、顧客サービスとサポートにおける5つの主要トレンドを紹介する。(2021/11/5)

行政機関で広がるクラウド活用【前編】
警察が捜査データ8TB分を“うっかりミス”で消失 その深刻な影響とは
行政機関の業務のデジタル化が進む中、データの保管が重要な課題となっている。米国のダラス市警察は、人為的ミスが招いたデータ消失により深刻な影響を受けたという。何が起きたのか。(2021/10/27)

Google Cloud Next '21:
Google Cloudがデータ関連で多数の発表、テーマはクラウドや社内データの「サイロ」解消
Google CloudはGoogle Cloud Next '21で、「BigQuery Omni」「Dataplex」「Spark on Google Cloud」「Vertex AI Workbench」「Cloud Spanner」など、データ関連の発表を多数行った。最大のテーマはマルチクラウドや社内に分散するデータの統合利用。(2021/10/18)

2人の専門家が読み解くデータ管理の難題
できるだけコストや手間をかけたくない、増加するデータの管理に解決策はある?
データドリブン経営には、増加するデータ量に加え、複雑な非構造化データへの対応が求められる。限られたリソースの中、できるだけコストや手間をかけずに現代のデータ管理課題に対応する方法はないものか。専門家に話を聞いた。(2021/10/7)

オンプレ、クラウドで増え続けるデータを一元管理:
PR:6分かかった検索が1秒に――データの一元管理と素早い分析を実現するクラウドネイティブ時代のデータ分析基盤
デジタル時代において「データ」は収益の源泉として欠かせない。ユーザーがどの段階でどのような行動を取ったかログを収集し、さまざまな角度から分析する。それをサービスや製品の改善につなげる。工場の生産ラインでセンサーデータを収集し、品質や生産性の向上に役立てることもできる。データという宝の山を生かさない手はない。ではどのような方法で、データ活用を実現できるのだろうか。(2021/9/22)

いまさら聞けないスマートファクトリー(12):
製造現場に広がる「画像」や「映像」の活用、何に生かすべきか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第12回では、スマートファクトリー化を進める中で活用が広がっている「映像」「画像」の使いどころについて紹介します。(2021/9/15)

僕たちのKaggle挑戦記:
Kaggle初心者のためのコンペガイド ― Titanicの先へ
Kaggle初心者がKaggleに挑戦した過程や得られた知見などを記事化していく新連載。初回である今回は、準備編として初心者向けにコンペを簡単に紹介します。また、連載目的やKaggleを始めて「これが良かったよ」という筆者の体験を共有します。(2021/8/30)

「地図制作に必要な全てのデータを管理」 トヨタマップマスターが目指すリアルタイム情報基盤とは
トヨタマップマスターは「Oracle Database Cloud Service」と「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、地図制作データベース基盤を刷新する。同基盤でAIの活用や地図の自動生成、ビッグデータでの分析など新たな技術領域の強化を図るという。(2021/8/10)

次世代ファイルサーバのあるべき姿とは
増大する「非構造化データ」を安全に管理する、次世代ファイルサーバの選定法
ビジネスに利用するデータの多様化と大容量化が進んでいる。動画や音声、写真といった「非構造化データ」をファイルサーバで安全かつ効率的に管理して業務に生かす体制を作りたい企業に必要なものとは。(2021/6/28)

「成功する」ビッグデータ活用の取説【前編】
ビッグデータの価値は量ではなく「正しい意思決定」 引き出す方法は?
ビッグデータをビジネスの意思決定に生かすには、必要なデータを効果的に収集する仕組みが不可欠だ。ビッグデータ活用を失敗させないために、まずどのような点から着手すればいいのか。(2021/6/29)

「データクラウド」が形成する新しいビジネスエコシステム:
Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼んだSnowflake。独自の製品アーキテクチャを武器に、同社が強化しているのがデータマーケットプレイスのビジネスである。(2021/6/15)

Weekly Memo:
製造業を席巻する「スマート工場」は、90年代の“大失敗”を本当に繰り返さずに済むのか
製造業のDXの決め手として注目される「スマートファクトリー」。その最新の動きについて話を聞く機会があったのでその重要なポイントを考察したい。今回の話題、筆者は80年代から製造業の葛藤を目にしてきたからこそ、ある重大なリスクを感じた。今日のスマートファクトリーにおいて、そのリスクを回避する術はあるのか。(2021/4/26)

業務文書の処理時間や処理コストを大幅に低減:
Google、クラウドで動作するAIベースのドキュメント処理プラットフォーム「Document AI」を正式リリース
GoogleはAIと機械学習を利用した統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」プラットフォームと、これに基づく住宅ローンドキュメント処理の高速化ソリューション、大規模な調達関連データ収集処理の自動化ソリューションの一般提供をGoogle Cloudで開始した。(2021/4/23)

5つの検討ポイント
オンプレかクラウドか、非構造化データ用ストレージの選び方
非構造化データの増大は頭痛の種でもあるが、分析によって価値を引き出せる可能性がある。分析を前提にこのデータを効率的に保存するにはどんな方法があるのか。(2021/4/22)

ノーコード開発プラットフォーム「AppSheet」の拡張機能:
請求書や領収書などの非構造化データを自動抽出 Googleが「AppSheet Automation」を正式リリース
Googleは、ノーコード開発プラットフォーム「AppSheet」の拡張機能「AppSheet Automation」の一般提供を開始した。請求書や領収書などの非構造化データを自動抽出できるため、IT業務の効率化に役立つという。(2021/4/16)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる機械学習(ML)
機械学習をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、機械学習の概要、統計学との違い、機械学習の作業フローと学習方法、回帰/分類/クラスタリング/次元削減に使える手法、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/4/5)

「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【後編】
Amazon Elasticsearch ServiceとAmazon Kendraの違いとは AWS2大検索サービス
AWSが提供する「Amazon Elasticsearch Service」と「Amazon Kendra」は検索サービスという点では同じだが、機能や適した用途、課金条件などに違いがある。どちらを選ぶか検討するときのポイントを説明する。(2021/3/30)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる人工知能(AI)
人工知能をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、人工知能の概要、注目される理由、歴史と課題、できること、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2021/3/29)

コロナ後の競争力に影響する主要動向:
2021年のデータ/アナリティクス技術の10大トレンドを発表――Gartner
Gartnerは企業向けのデータ/アナリティクス技術について、2021年版の10大トレンドを発表した。このトレンドを把握することで、企業が変化や不確実性、機会に対応しやすくなるという。(2021/3/19)

「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【前編】
AWSの2大検索サービス「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」とは
AWSの主な検索サービスには「Amazon Kendra」と「Amazon Elasticsearch Service」がある。それぞれの機能と特徴、利用方法を説明する。(2021/3/17)

構造化データも非構造化データも
あらゆるデータを一元的に分析できる「オープンデータレイク分析」
何の前処理も行っていないデータレイクから必要なデータだけを取り出してデータウェアハウスにインポートして……と、データ分析には手間が掛かる。オープンデータレイク分析は煩雑な部分をまとめて処理する。(2021/3/12)

分散拠点のファイルアクセスを実現
20%のコスト削減に成功したクラウドNAS導入事例
北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。(2021/3/9)

研究開発の最前線:
従来比1000倍のスピードで有機分子をデザイン、IBMが無償Webアプリで体験可能に
日本IBMは、IBMの研究開発部門であるIBMリサーチ(IBM Research)の東京基礎研究所で開発を進めている「AI分子生成モデル」をはじめとするAccelerated Material Discovery技術について説明。AI分子生成モデルを用いた材料探索を体験できる無償のWebアプリケーション「IBM Molecule Generation Experience(MolGX)」も公開した。(2021/3/5)

クラウドのニーズに特化も:
“使うと高いデータベース”からの脱却なるか 開発から運用まで最適化、Oracle Database 21cの中身は
DXに向けてクラウドの普及や迅速なアプリ開発のニーズが高まる中、データベースの主要な機能を統合、自動化し、開発から運用管理まで効率化、迅速化するとされるのがOracle Databaseの最新版「Oracle Database 21c」だ。クラウドネイティブな利用にも特化し、コストを最適化するという機能は一体どのようなものか。(2021/2/18)

TechTarget発 世界のITニュース
Rubrik、非構造化データバックアップIgneousの技術を買収 その理由は?
Rubrikは、非構造化データ向けバックアップを手掛けるスタートアップIgneous Systemsが持つ主要技術とIPを買収した。なぜRubrikは買収に踏み切ったのか。(2021/2/9)

フラッシュよりHDD
HDDを活用すべき5つのユースケース
フラッシュストレージの低価格化・大容量化はHDDの終わりを意味しない。HDDの方が向いている用途もある。(2021/1/25)

オープンインフラが主流に:
Googleが予測する2021年のデータとクラウドの動向とは
Googleは2021年に留意すべきデータ分野とクラウド分野の6つの動向について公式ブログで解説した。クラウドのメリットがコストだけではないことや、セキュリティ基盤としても重要であることが分かる。(2021/1/19)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第3回】
AI×データプライバシーの主な用途「データ特定」「フェデレーテッドラーニング」とは?
データプロフェッショナルの労力削減につながるAIデータプライバシーツールは、多くの点で企業に恩恵をもたらす。本稿ではこの技術の用途について解説する。(2021/1/14)

統合ストレージへの道【前編】
ファイルストレージとオブジェクトストレージの統合の課題
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合することで両者の利点を享受しようという動きがある。(2021/1/7)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第1回】
データプライバシー管理を「AI」に任せたくなる“これだけの理由”
データプライバシー管理業務の自動化や労力削減に活用できるのがAI技術だ。どのようなメリットをもたらし得るのか。専門家に聞く。(2020/12/24)

「NewSQL」とは何か【中編】
「NoSQL」が存在する理由と、無視できない“欠点”とは?
RDBMSではないDBMS「NoSQL」は、高いスケーラビリティが特徴だ。NoSQLの基本的な仕組みと、NoSQLが抱える課題を解説する。(2020/12/16)

顧客行動の予測モデルをアジャイル開発 「説明可能なAI」を利用したサービスとは
電通デジタルとナレッジコミュニケーションは、企業の営業活動における顧客行動の予測モデル構築を「説明可能なAI」を用いたアジャイル型開発で支援するコンサルティングサービスを開始した。見込み客からの受注率や営業活動のアプローチ成功率を大幅に改善できるという。(2020/12/7)

「SAP S/4HANA Cloud 2011」提供開始 機械学習を含む4つの新機能とは?
SAPジャパンは、クラウドERP「SAP S/4HANA Cloud 2011」の提供を開始した。「SAP ERP」が提供していたリアルタイム性や内部統制といった価値を保ちつつ、成長し続ける企業になるために必要な要素を組み込んだ。(2020/12/4)

TechTarget発 世界のITニュース
データレイクでSQLクエリを直接実行できる「SQL Analytics」 Databricksが発表
Databricksは、データレイクでSQLクエリを直接実行できるサービス「SQL Analytics」を発表した。データウェアハウスとデータレイクの特徴を兼ね備えた「レイクハウス」具現化の一環だ。(2020/12/4)

製造業がサービス業となる日:
TOYO TIREが「タイヤ力」の組み合わせで切り開く価値、路面情報を活用
データアナリティクスの専門企業であるSAS Institute Japanは2020年11月25日にオンラインイベント「SAS FORUM JAPAN 2020」を開催した。本稿では、その中でタイヤから得られるデータを価値として転換することを目指した「TOYO TIRE タイヤセンシング技術コンセプト」について説明したTOYO TIRE 技術開発本部 先行技術開発部 榊原一泰の講演内容をお伝えする。(2020/12/1)

データの価値を引き出すデータベース:
PR:スペシャリストが語る「なじみ深いSQL ServerがDXの基盤になる理由」とは何か
DXを推進する上で、データベースの課題に悩む企業は少なくない。SQL Serverを熟知したスペシャリストによると「企業になじみのあるSQL Serverがそのままデータの価値を引き出すためのDX基盤になる」という。(2020/12/1)

「Alibaba Cloud」主要サービス一覧【中編】
Alibaba Cloudの「OSS」「Apsara File Storage NAS」「Block Storage」の基礎
中国の大手クラウドベンダーAlibaba Cloudは、IaaSを中心にさまざまなクラウドサービスを世界中で提供する。同社の主要なストレージ関連サービスの特徴を説明する。(2020/11/23)

多様化するデータへの挑戦【前編】
「RDBMS」でも「NoSQL」でも解決できないデータベースの課題とは?
データの多様化が進むにつれて、従来の主流だったRDBMSで全てのデータを取り扱うことが難しくなってきた。NoSQLはそうした課題の一部を解決するものの、依然として解決が難しい課題は残る。それは何なのか。(2020/11/17)

【特集】物流Techのいま(3):
ヤマトHD「特命DX請負人」は300人のIT・デジタル専門チームで何を変えるのか
ヤマト運輸を始め、日本の物流を支える企業を束ねるヤマトHDが、第3の変革期を迎える。次の100年に向けた経営構造改革プランの中で、DX請負人を招いた物流企業が目指すのはどんな世界か。キーパーソンに話を聞いた。(2020/11/18)

IBMがハイブリッドクラウド戦略を拡張 「IBM Z」などで機能強化
IBMは、同社のITインフラを利用してハイブリッドクラウドを構築する新機能を提供する。ストレージサービス「IBM Storage」にも新機能を追加した。(2020/11/4)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。