「ストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Microsoft、開発環境をまるごとクラウドPCとして用意できる「Dev Box」パブリックプレビュー開始
米Microsoftが、開発環境をまるごとクラウドPCとして用意できる「Dev Box」のパブリックプレビューを開始。パブリックプレビュー中は、8vCPUおよび32GBメモリの最初の15時間と、ストレージSSD 512GBの最初の365時間が毎月無償で利用できる。それ以上使用する場合は、1時間単位の従量課金。(2022/8/17)

新種ストレージの台頭はいつになる?【第4回】
SSDやBlu-rayの次はなぜ出ない? 「プラズモニックストレージ」の可能性
保存容量の増大や、読み取りの高速化を目指した新種ストレージの開発プロジェクトは幾つもある。「プラズモニックストレージ」もその一つだ。商用化が難しいストレージ市場において、この新技術はどう出るのか。(2022/8/15)

日本電気株式会社/ホワイトペーパー
部門の垣根を越えたデータ活用を実現、分散処理技術×スケールアウトNASの実力
社内に点在するあらゆるデータを活用するための基盤の構築は、多くの企業で優先して取り組むべき課題となっている。データのサイロ化や大規模化が進む中、その実現においてはデータ処理の技術とストレージの利用効率と最適化が鍵となる。(2022/8/8)

新種ストレージの台頭はいつになる?【第3回】
CD、DVD、Blu-rayの次は「プラズモニックストレージ」 過去の円盤との違いは?
円盤状のストレージと言えば、CDやDVD、Blu-ray Discがある。その形状を踏襲した新しいストレージが「プラズモニックストレージ」だ。過去の技術と何が違い、どのような利点が見込めるのか。(2022/8/8)

イミュータブルストレージとは? ランサムウェア対策済み組織を狙う攻撃に対抗する方法
バックアップソフトやバックアップデータは、いまやランサムウェアが真っ先に狙う対象になっています。対策としてバックアップベンダーが投資を強化する「イミュータブルストレージ」とはどんなものなのでしょうか。(2022/8/7)

モバイルIT用語辞典:
「SDメモリカード」の「SD」ってどういう意味?
2022年現在では「microSD」が主流の「SDメモリカード」。スマホだけでなくデジカメやPCのストレージとしても有用だが、この「SD」はどういう意味なのか。SDメモリカードの規格はどこから生まれたのか。(2022/8/6)

テレワークで変わるストレージ運用【後編】
「テープ」も「クラウド」も使えない 怒りの大学が下した決断とは?
テレワークに移行したことを機に、バックアップシステムを見直した米国の2年制大学MVCC。同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープにもクラウドストレージにも不満を持った。最終的に下した決断とは。(2022/8/3)

新種ストレージの台頭はいつになる?【第2回】
WORMに「プラズモニックストレージ」という新発想 Blu-rayを用なしに?
光学ストレージの新種として開発が進む「プラズモニックストレージ」。構造化データも非構造化データも増加が見込まれる中、この新種ストレージ技術から得られる利点とは。(2022/8/1)

Amazon Drive、2023年12月31日終了 Amazon Photosに注力のため
Amazonは、2011年から提供してきたクラウドストレージサービス「Amazon Drive」を2023年12月31日に終了する。写真ストレージ「Amazon Photos」にフォーカスするため。写真と動画以外の失いたくないファイルは、期日までにダウンロードするよう推奨している。(2022/7/30)

サイバーセキュリティ戦略とバックアップ戦略の統合を考える:
イミュータブルなストレージへのバックアップはランサムウェア対策のとりでになるか? 調査の教訓
ランサムウェア対策に対策した「賢いランサムウェア」が登場したことで、セキュリティ担当者は新たな対応策を検討しなければならなくなった。イミュータブルなバックアップストレージはその答えになるだろうか。(2022/7/29)

シャオミ、タブレットなどを値上げ 8月1日から 「コスト高騰や日本円の為替レートの影響で」
Xiaomi Japanが一部製品を値上げする。同社のタブレット「Xiaomi Pad 5」はメモリ6GB/ストレージ128GBのモデルが4万3780円から5万9800円、ストレージ256GBのモデルが5万4780円から6万4800円に引き上げられる。(2022/7/28)

新たなデバイス構造を開発:
第3世代SiC MOSFET、スイッチング損失を大幅削減
東芝デバイス&ストレージは、同社として3世代目になる「SiC(炭化ケイ素)MOSFET」を開発し、2022年8月下旬から量産を始める。同社第2世代製品に比べスイッチング損失を約20%削減できることを確認した。(2022/7/28)

クラウドベンダー選定の注意点【前編】
クラウドストレージを使ってはいけない“危ないベンダー”の特徴
オンプレミスインフラからクラウドサービスにストレージを移行する際、注意すべき点がある。失敗しないクラウドベンダーの選び方とは。(2022/7/28)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「オフィスソフト/オンラインストレージ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/7/26)

テストの結果得られた4つの教訓とは:
「AWS」「GCP」「Azure」のストレージを比較テスト、その性能はコストに見合うのか
Cockroach Labsはクラウドサービスの性能を評価した「2022 Cloud Report」から、「AWS」「GCP」「Azure」について、OLTPアプリケーションの性能テスト結果を評価した。4つの教訓が得られたという。(2022/7/26)

Rubrikが最大500万ドルのランサムウェア復旧保証サービスを発表 セキュリティサービスへの自信を聞いた
ランサムウェアに対する企業の緊張感は高まっているが、対策をしてもその隙間を狙うのがサイバー犯罪グループだ。ストレージ製品やサービスを提供するRubrikは、ランサムウェア攻撃を受けた場合のデータ復旧機能を提供するが、万が一復旧できない場合は、復旧のための資金として500万ドルまでを補償する。補償金を実現できるのはRubrikが同社の技術へ信頼と自信を持っているからだ。Rubrikと従来ベンダーの違いをプレジデントが明かした。(2022/7/26)

ASUS、モバイルRyzen採用ミニデスクトップPC「PN51」に2製品を追加 Windows 11搭載
ASUS JAPANは、モバイルRyzenプロセッサを搭載した小型ベアボーンPCキットPC「PN51」の販売ラインアップにメモリ/ストレージを搭載した完成品モデルを追加した。(2022/7/25)

新種ストレージの台頭はいつになる?【第1回】
Blu-rayを超越する「プラズモニックストレージ」のすごさとは?
色を使ってデータを高速に読み取る「プラズモニックストレージ」は、データが増加する時代の“解”になるのか。この新種の光学ストレージの仕組みと利点を解説する。(2022/7/25)

モバイルIT用語辞典:
本来の意味とは異なる? スマホの「ROM」とは
スマホのスペックでよく表記される「ROM」という言葉。これはストレージを示すが、本来は「読み出しのみ可能なメモリ」のこと。(2022/7/23)

マイクロソフト「Teams」で大規模障害 「仕事にならない」「打ち合わせ吹っ飛んだ」など利用者から悲鳴
原因は「内部ストレージサービスへの接続が切断されていたためとのこと。(※追記あり)(2022/7/21)

Apple、「iOS 15.6」「iPadOS 15.6」を配布開始 TVアプリ改善とストレージ問題への対処
macOSと同様に、TVアプリでのスポーツ中継視聴時のUIが改善された。(2022/7/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
「HDDとSSDのどちらを買うか」が無意味の訳
高速なデータ転送が可能な「SSD」が台頭する一方で、「HDD」はいまだに広く使われている。「HDDか、SSDか」の二者択一が意味を失い始めているという見方もある。ストレージ市場で何が起きているのか。識者に聞く。(2022/7/21)

テレワークで変わるストレージ運用【前編】
大学が「脱テープ」からのクラウド移行を決めた理由とは?
米国の2年制大学MVCCでは、パンデミックを機にテープシステムのある課題が浮き彫りになった。バックアップ用のストレージとしてテープシステムを利用してきた同校は、どう対処したのか。(2022/7/20)

バックアップベンダーが提供するストレージは何が違う?
注目の「イミュータブルストレージ」は本当にランサムウェア対策に有効なのか
最新のランサムウェア攻撃には数年前の常識が通用しない。対策にはデータ保護や復旧の在り方を見直す必要があるが、気を付けたいのはバックアップデータの格納先だ。バックアップとリカバリプロセスの中で、ストレージをどう扱うべきか。(2022/7/20)

スイスビット N-30m2シリーズ:
3D TLC NAND搭載のNVMe PCIe-SSD
スイスビットは、NVMe PCIe-SSD「N-30m2」シリーズを発表した。産業グレードの3D TLC NANDフラッシュを採用しており、ストレージ容量は240G〜3840Gバイトから選択できる。(2022/7/15)

デル、ストレージインフラをサービスとして提供する「APEX Data Storage Services」の国内提供を開始
デルの新たなサービス「APEX Data Storage Services」はユーザーが求める規模のストレージやパフォーマンスを選択できる。果たしてクラウドサービス利用を加速化できるのか。(2022/7/15)

「Nothing Phone (1)」正式発表 974個のミニLEDで背面が独創的に光る 6万9800円で国内販売へ
英国に拠点を置くNothing Technologyは、同社初のスマートフォン「Nothing Phone (1)」を発表した。国内でも8月に販売予定で、RAM 8GB、ストレージ256GBのモデルは6万9800円(英国では449ポンド)を予定している。(2022/7/13)

HDDの存在意義が危機【後編】
「HDDは終わりだ」と言うベンダーの主張 HDDは“あれ”でSSDに完敗?
ストレージベンダーのVast Data は、容量30TBのSSDを同社製ストレージシステムに搭載した。単にデータ保存量を増加させるだけではなく、ある点でもメリットが得られることが分かったという。それは何なのか。(2022/7/7)

“政府認定クラウドサービス”にソフトバンクの国産クラウドなど追加 全7サービスがリスト入り
政府がソフトバンクのIaaSやオンラインストレージなど7サービスを、クラウドサービスの認定制度「ISMAP」のリストに登録。政府調達の対象として認定した。(2022/7/4)

ASUS、16:10液晶を備えたエントリー12型2in1 Chromebook「Flip CM3」にストレージ増量モデル
ASUS JAPANは、2in1機構を備えた12型Chromebook「ASUS Chromebook Flip CM3 (CM3200)」のバリエーション構成モデルを発表した。(2022/7/1)

HDDの存在意義が危機【前編】
HDDに“終わり”を宣告する「QLC」の衝撃
容量30TBのSSDがストレージ市場に衝撃を与えている。HDDの存在意義がなくなってしまう可能性があるからだ。ただしこれは序章にすぎない。これからストレージ市場はどうなるのか。(2022/7/1)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【後編】
エンジニアの“コミュ力”不足が「クラウドストレージ」を危険にさらす?
クラウドストレージの安全な利用に取り組む際は、セキュリティ管理とコンプライアンスの2つを無視してはいけない。具体的にどうすればいいのか。(2022/7/1)

東芝 TCK42xGシリーズ:
過電圧防止対応のMOSFETゲートドライバーICを拡充
東芝デバイス&ストレージは、過電圧防止機能を備えたMOSFETゲートドライバーIC「TCK42xG」シリーズに、5製品を追加した。1.2×0.8mmのWCSP6Gパッケージで提供し、小型機器の5〜24V電源ラインに対応する。(2022/6/27)

「業界初」のXFMD準拠デバイス:
「組み込みメモリとメモリカードの中間」、キオクシアの新ストレージ製品
キオクシアはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日)に出展し、「業界初」(同社)とする「XFM DEVICE(XFMD) Ver.1.0」規格準拠のリムーバブルストレージデバイス「XFMEXPRESS XT2」のデモを展示した。(2022/6/24)

Apple Store、M2搭載MacBook ProのUltimateモデルを販売開始
24GBメモリ、1TBストレージの「究極モデル」。(2022/6/24)

3.11で学んだ建設業が選択すべきデータ共有基盤:
PR:北海道の建設コンサルが白羽の矢 クラウドに代わる“扱いやすさ”“価格”“性能”がそろったストレージシステム
北海道の石狩湾を北に見て、海岸線からほんの数百メートルの地に本社を構える建設コンサルタントのHRS。同社は建設業界のなかでもIT化に先進的に取り組む企業として知る人ぞ知る存在だ。ただし、約10年をかけてIT活用を進める途上、同社はストレージにまつわる課題に直面。今後の事業に支障を来たしかねない状況に陥ったという。その打開に向け採用したのが、SeagateのRAIDストレージシステム「Exos X 2U12」と、拡張エンクロージャ「Exos E 2U12」。同社が両製品に着目した理由とは?問題はどう解消されたのだろうか?(2022/6/23)

専門家が語る「HDDの運命」【第6回】
「HDDはなくなる」は本当か? IDCの答えは
特定分野でSSDへの移行が進んでいるものの、HDDがすぐになくなることはない。生き残るための条件も含め、ストレージ業界の専門家がHDDの運命を占う。(2022/6/23)

データ増大とCO2排出の対策【後編】
ストレージにたまる無駄データと、管理者を悩ませる「データ所有者」問題
企業のストレージには、重要なデータから必要性の疑わしいデータまで、さまざまなデータが混在しがちだ。データ量が増えるにつれてデータを保管し続けることの負担は増大する。どうすればいいのか。(2022/6/21)

スイッチング損失を24%低減:
東芝、ダブルゲート構造の逆導通型IEGTを開発
東芝デバイス&ストレージと東芝は、ダブルゲート構造を採用することでスイッチング損失を低減した、耐圧4500Vの逆導通型IEGT(電子注入促進型絶縁ゲートトランジスタ)を開発したと発表した。2025年以降の実用化を目指す。(2022/6/20)

iPhone Tips:
iPhoneで撮影した画像を手軽にPCへ取り込む方法
iPhone撮影した画像はクラウドにアップロードするか、普段は使わない「コールドストレージ」に保存しておいた方がいい。今回はストレージ内の画像を、Live Photoで撮影した映像も含めて手軽に吸い出す方法を紹介する。(2022/6/20)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【中編】
クラウドストレージは「解約後」こそ危ない その理由と対処法
クラウドストレージの安全な利用には、契約中だけではなく、解約後のデータの扱いに注意することが不可欠だ。具体的に何をすればいいのか。セキュリティを高めるためのチップスを集めた。(2022/6/17)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ストレージ導入と現状の課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/6/16)

なぜNVMeストレージが台頭したのか【後編】
SSDとNVMe、仮想化が出会ってストレージは変わった
NVMeなどのストレージ技術の台頭、仮想化の普及といった流れの中で、ストレージに求められるものも変わってきた。技術動向を扱った書籍を基に、注目点を抜粋して紹介する。(2022/6/15)

キオクシア、初の「XFM DEVICE Ver.1.0」準拠製品をサンプル出荷 モバイル機器などのストレージに
キオクシアは14日、業界で初めて「XFM DEVICE Ver.1.0」規格に準拠した小型モバイル機器向けのストレージデバイス「XFMEXPRESS XT2」のサンプル出荷を始めたと発表した。256GBと512GBがある。(2022/6/14)

データ増大とCO2排出の対策【前編】
「使わないけど消せないデータ」を保存する“あのストレージ”とは?
保有データ量が増大する問題は、コストの面でもCO2排出の面でも企業を悩ませる可能性がある。今後、ストレージのデータをどう保管すればいいのか。まず考えた方がよいのは「使わないデータ」の扱い方だ。(2022/6/14)

Nutanixが「Wasabi Tiering for Nutanix」を提供開始 「Wasabi Tiering」と連携
Nutanixは、「Wasabi Tiering for Nutanix」の提供を開始する。同ソリューションによって「Wasabiオブジェクトストレージ」「Nutanix Files」「Nutanix Data Lens」の機能を一元的に利用できるようになる。コストやセキュリティリスクを懸念してデータ利活用が進まない企業の後押しを図る。(2022/6/10)

専門家が語る「HDDの運命」【第4回】
「2.5型HDD」が消えそうでなかなか消えない“あの理由”
2.5型HDDは市場が着実に縮小している一方、ユーザー企業の人気は根強い。そのジレンマにストレージベンダーはどう向き合っているのか。専門家の見解をまとめた。(2022/6/9)

なぜNVMeストレージが台頭したのか【前編】
「SCSI」が衰退し「NVMe」「NVMe-oF」がストレージの主役に
ストレージのデータ転送速度やIOPSといったパフォーマンスを高めるために、企業は何に着目すべきなのか。ストレージインタフェースの違いやパフォーマンスを高めるためのポイントとは。(2022/6/7)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【前編】
クラウドストレージ“最大”のリスクは「設定ミス」 対処法は?
クラウドストレージを安全に利用するには、まずはクラウドストレージに関するさまざまなリスクを知ることが不可欠だ。重要なリスクである「設定ミス」と、その対処法を確認する。(2022/6/3)

設計を簡素化、拡張性と信頼性向上:
ルネサス、I3Cインテリジェントスイッチを発表
ルネサス エレクトロニクスは、I3Cインテリジェントスイッチ「RG3MxxB12」ファミリーを発表した。I3Cハブ製品として、次世代サーバやストレージ装置、通信機器などの用途に向ける。(2022/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。