「ユーザーインタフェース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユーザーインタフェース」に関する情報が集まったページです。

HTMLからモダンブラウザの機能に直接アクセス:
JavaScript記述なしでモダンUIを作成できる「htmx」、最新版「htmx 2.0」で何が変わったか
JavaScriptコードを記述せずに、HTMLからモダンブラウザの機能に直接アクセスできるJavaScriptライブラリ「htmx」の最新版「htmx 2.0」が公開された。(2024/6/20)

PR:Microsoft 365における情報漏えいをどう防ぐ? 外部共有レベルをマークせよ
コロナ禍を経て、SaaSを中心とした企業のクラウドサービス利用は拡大し続けている。ただ、これに比例するようにクラウドサービス利用に起因するセキュリティインシデントが増えている。どうすればこのような事態を防げるのか。(2024/6/17)

コスト重視で企業が見落としがちなデータとセキュリティの重要性:
PR:「クラウドは当たり前」という“誤解”から脱却すべき 「経営貢献できる」インフラ&運用への変革ステップ
社会全体でデジタル化が進む中、IT開発、運用は「ビジネス展開」とほぼ同義になり、ビジネスを支えるインフラ運用にもいっそうのスピードと効率が求められている。「ビジネスを届けて成長させる」という本来の目的を達成するために、インフラをどう見直せばよいのか。(2024/6/18)

iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか
WWDC24の発表の中でも異彩を放っていたのが、iPadOS 18への計算機アプリの追加です。「iPadの新機能は計算機!」とやゆされましたが、それだけインパクトがあるものでした。公式に理由が明かされているわけではありませんが、2016年には元Appleの従業員を名乗る人物が、Redditにその理由がスティーブ・ジョブズにあったという投稿をしています。(2024/6/18)

チャットでSQLクエリを作成、改良可能に:
「Oracle APEX」が生成AIに対応 コーディング不要で生成AIとの対話機能をアプリに組み込める
Oracleはローコード開発プラットフォーム「Oracle APEX」の最新バージョンとなる「Oracle APEX 24.1」を発表した。コーディング不要で生成AIとのチャット機能をアプリケーションに組み込んだり、自然言語を使ってSQLクエリを作成したりできる。(2024/6/18)

約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持
これまで、フラグシップの投入を見送ってきたXiaomiが、日本で満を持して「Xiaomi 14 Ultra」を発売した。フラグシップモデルゆえに、その価格は約20万円と高いが、想定以上の反響だという。ミッドレンジモデルの展開も含めて、Xiaomi Japanに話を聞いた。(2024/6/17)

スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの
4K解像度のディスプレイや21:9の画面アスペクト比が廃止された「Xperia 1 VI」。Xperiaらしさが失われたとみる向きもあるが、実際に触ってみると、納得する部分が大きい。3つのカメラアプリは1つに統合されたが、使い勝手が向上したと感じた。(2024/6/16)

7歳長男、おとなしいなと思ったら冷蔵庫の前で…… 芸術を大爆発させた作品が「大作!!!」「将来大物になりますね」と460万表示
才能を感じる!(2024/6/16)

Mobile Weekly Top10:
「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました)
ファミリーレストランの「サイゼリヤ」に、スマートフォンを使った注文システムが順次導入されています。私も最近初めて使ったんですが、結構便利ですよね。(2024/6/15)

新しい日本語変体仮名フォントやジェスチャー機能の強化:
Android 15「Beta2」版リリース 見られたくないアプリやファイルを隠せる「プライベートスペース」機能など搭載
GoogleはAndroid 15の「Beta2」版をリリースした。プライベートスペースなどの新機能が搭載されたほか、大画面マルチタスクなどが改善されている。本記事では、UIに関するものを中心に紹介する。(2024/6/15)

人とくるまのテクノロジー展2024:
多画面化が進む自動車コックピット、Qt GroupがHMI開発の効率化を提案
Qt Groupは、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」において、大型ディスプレイの採用が進む自動車コックピットの各画面を同社のUI開発プラットフォーム「Qt」で開発/管理できることを紹介した。(2024/6/14)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「AIがあれば開発者はもういらない?」 アプリケーション開発の本質から考える
コンサルティングサービスを提供する筆者には、日々AIに関する質問が寄せられています。中でも多いのが、「AIによってアプリケーション開発者は不要になるのか」という問いだとか。AI時代のアプリケーション開発者の仕事の在り方はどうなるのでしょうか。(2024/6/14)

グッドパッチとUXの話をしようか:
なぜ、キャラクター商品は目を引くのか? 裏にある2つのマーケティング手法
日本のキャラクタービジネスが急速に進化しているのをご存じでしょうか。「キャラクター買い」をも起こすほどの影響力を持っていますが、なぜ目にとまるのでしょうか? 裏にある2つのマーケティング手法を紹介します。(2024/6/14)

セキュリティニュースアラート:
Snowflakeのデータが狙われる データを盗まれたアカウントの特徴
Snowflakeユーザーの情報を標的とした脅威キャンペーンの存在が明らかになった。侵害されたアカウントの特徴は。(2024/6/13)

DX運用のためのITIL 4(6):
ITIL 4を実践しサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第6回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を実践するための「カルチャ」と「技法」を解説する。(2024/6/12)

ふぉーんなハナシ:
「iOS 18」ではホーム画面の好きな場所にアプリを配置OK 「神アプデ」の一方で「Androidの何周遅れだよ」との声も
米Appleが6月10日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC24」で発表し、秋のアップデートを予告している「iOS 18」。アップデート内容にアプリ位置の変更が含まれる。しかし、X(旧Twitter)では一部に冷めた意見もあるため、一体どういうことなのか少し解説する。(2024/6/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
“後出し”の生成AI「Apple Intelligence」がAppleの製品力を高める理由
生成AIにおいて出遅れを指摘されているAppleが、開発者向けイベントに合わせて「Apple Intelligence」を発表した。数ある生成AIとは異なり、あくまでも「Apple製品を使いやすくする」というアプローチが特徴だ。(2024/6/12)

「日経空間版」28日リリース 立体的な新UIを搭載したApple Vision Pro用ニュースアプリ
日本経済新聞社は12日、米Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」向けにニュースアプリ「日経空間版」をリリースすると発表した。(2024/6/12)

ITmedia Mobile読者に聞く:
「Xperia 1 VI」が1位、「Galaxy S24/24 Ultra」も人気 読者アンケートで選ばれた、夏のハイエンドスマホ
ITmedia Mobileで、2024年4月〜5月に発売されたハイエンドスマートフォンのうち、どのモデルを選ぶかを聞きました。最も多くの票が集まったのは「Xperia 1 VI」でした。「Galaxy S24 Ultra」「Galaxy S24」も人気でした。(2024/6/12)

人工知能ニュース:
センサーメーカーの生成AI活用に道を開く、MODEがパートナープログラムを刷新
MODEは、同社のIoTプラットフォームサービス「BizStack」を介してセンサーメーカーとユーザー企業とつなぐ「MODEセンサーパートナープログラム」を刷新する。BizStackの生成AI活用チャット型アシスタントサービス「BizStack Assistant」が同プログラムにも対応することで、センサーメーカーが生成AIビジネスにも進出できるよう支援していく。(2024/6/12)

【事前情報】ものづくり ワールド[東京]2024:
三菱商事、図面バラシ支援サービスや部素材フローの見える化基盤などDXツール展示
三菱商事は「第36回 ものづくり ワールド[東京]」で「TENKAI Box」や「ThinkIQ」など、製造業のデジタル化を支援するサービスを展示する。(2024/6/12)

「キャリアを消滅」で注目のエミネム、新曲「Houdini」が米ビルボード初登場1位 「エミネムには絶対勝てない」「最高だな!」
引退したらやだな……。(2024/6/12)

現場管理:
野村不がアドバンスト・メディアの建築工程管理サービスを内覧会に導入
野村不動産が、アドバンスト・メディアの建設工程管理プラットフォームサービス「AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム」を内覧会に導入した。UIをカスタマイズし、署名機能を追加している。(2024/6/11)

「iPadOS 18」発表、手書き対応の「計算機」導入 Apple Intelligenceで文章作成もはかどる
Appleは6月11日(日本時間)、「iPadOS 18」を発表した。iPadとして初めて計算機アプリが導入されたほか、新機能「Apple Intelligence」により文章作成や画像生成をアシストするAIが利用できるようになる。(2024/6/11)

「watchOS 11」が2024年秋に登場 ワークロードの負荷やバイタルデータの履歴確認が可能に
Apple Watch向けの「watchOS」の最新バージョンが2024年秋に登場する。ワークロードの負荷やバイタルデータの履歴を記録する機能の実装など、使い勝手を向上する機能が実装される。(2024/6/11)

Apple、生成AI「Apple Intelligence」発表 オンデバイス処理でSiriも大幅進化、ChatGPTとも連携
Appleが独自の生成AI「Apple Intelligence」を発表した。さまざまなデバイスやアプリで活用できる。(2024/6/11)

「Xperia 1 VI」は“普通のスマホ”に見えるが「戦略は全く変わっていない」 ソニーに聞く変化の理由
ソニーの最新フラグシップスマートフォン「Xperia 1 VI」は、アスペクト比が21:9から19.5:9に変化し、4Kディスプレイもやめた。「Xperia 1 II」以降搭載してきた「Photography Pro」も廃し、カメラアプリを刷新した。一見すると“普通のスマホ”のようになったが、戦略自体は全く変わっていないという。(2024/6/10)

5000人に聞いた:
デザインや操作性が良いアプリ 「Instagram」「LINE」を超えた1位は?
現代社会において、スマートフォンアプリは顧客と繋がり続けるために欠かせないツールだ。アプリを通じて顧客へ「どのような体験を提供するか」がサービス価値の一つとなっている中、デザインや操作性が良いと感じるアプリとは。アイリッジ(東京都港区)が調査を実施した。(2024/6/10)

ABEMA発:
テレビはネットに勝てない!? 古舘伊知郎司会の「経営者が忖度なしで斬る」経済番組
4月、インターネットテレビ局「ABEMA」から経営者による討論番組「For JAPAN -日本を経営せよ-」が始まった。司会の古舘伊知郎と制作者に、番組にかける思いと意図を聞いた。(2024/6/8)

テストアプローチの基礎を築くには:
ポジティブテストとネガティブテストの違い
TechTargetは「ポジティブテストとネガティブテストの違い」に関する記事を公開した。ポジティブテストとネガティブテストについて詳しく述べ、一連の実例を用いて、両テストによって徹底したテストアプローチの基礎を築く方法を確認する。(2024/6/7)

小寺信良のIT大作戦:
「LUMIX S9」炎上を、宣伝広告の裏側から考える 見えてきた世間との認識の“ズレ”
コンパクトなフルサイズミラーレスカメラとして、6月20日発売予定のパナソニック「LUMIX DC-S9」(以下LUMIX S9)がネットで炎上状態となった。事の発端は、X上で商品の機能説明ページで使用されている写真が、ストックフォトのものではないかと指摘されたことだ。(2024/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
自宅の自作ハイスペック環境でAI学習が可能に? GIGABYTEが「AI TOP」シリーズ製品群を一挙に投入 Intelの「新型CPU」対応マザーボードも
COMPUTEX TAIPEI 2024に合わせて、GIGABYTEが家庭での運用も可能なAIソリューション構想「AI TOP」を発表した。その他、ゲーミングマザーボードなどの新製品も発表したので、気になるポイントをチェックしていく。(2024/6/6)

NothingのペイCEO、「来年発売のPhone (3)はAI端末に」
Nothing Technologyのカール・ペイCEOはXへのポストで、“来年発売のPhone (3)”に搭載するAI機能について語った。パーソナライズされた情報ハブとしてのホーム画面やChatGPTアプリのようなコンパニオンの動画を披露した。(2024/6/6)

今日のリサーチ:
デザインや操作性が良いと感じるアプリ3位「Instagram」、2位「LINE」 1位は?
スマートフォンが普及した現代において、アプリの使いやすさはサービスの価値を大きく左右します。アプリの使いやすさや使いづらさについて、アイリッジが調査しました。(2024/6/5)

Copilot for SecurityでMicrosoftのセキュリティ製品はどう進化するか?
2024年4月にリリースされた生成AIを使ったセキュリティサービス「Microsoft Copilot for Security」に続々と新たな機能が追加されている。従来のMicrosoftのセキュリティ製品にこれを組み込むことでどのようなメリットがあるのか。担当者がデモを披露した。(2024/6/5)

みんな大好き「ケンタッキー」をスマホで注文してみた 新アプリは便利だが残念な点も
疲れ果てて帰宅する途中で、夕食を買って帰りたいと思うことがある。ファストフードならサクッと食べられるが、並んでオーダーするのは時間がかかる。そんなときに便利なのがKFC公式アプリだ。並ばず店頭でサクッとテイクアウトできる。(2024/6/5)

リアルタイムOS列伝(47):
DECとともに消えた名機VAX向けRTOS「VAXELN」の栄枯盛衰
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第47回は、DECがかつて提供していたVAXという32ビットミニコンピュータ向けのRTOS「VAXELN」について紹介する。(2024/6/3)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
GoogleがゲーミングやCore Ultra採用モデルを発表/Chromebook PlusにGeminiの生成AI機能が追加
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月26日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/6/2)

「LUMIX」商品サイトでのストックフォト使用、新機種以外にもあったと認める パナ「認識の甘さを反省」
新型ミラーレスカメラ「LUMIX S9」の商品説明サイト内の画像に、ストックフォトを使用していたとして謝罪したパナソニックだが、過去のモデルでもストックフォト画像を使用していたと明かした。同社は「カメラの商品紹介サイトとして相応しくない画像使用に至ったと、認識の甘さを反省しています」とコメント。サイト全体の見直しを進めるとしている。(2024/5/31)

プロンプトを改善することで、品質向上、コスト削減にもつながる:
生成AIをアプリケーション開発に活用する企業は、コストやハルシネーションの問題にどう取り組んでいるのか
Amazon Bedrockを早期導入した企業の担当者らが、クラウドのコスト管理からプロンプトの記述に至るまで、アプリケーション開発における生成AI活用のポイントを語った。(2024/5/31)

実家の親のために作った「ネットにつながらなくなったら開ける箱」が話題 ルータ再起動の簡略化に「すばらしい解決方法」「マネしたい」
ITに疎い疎くない関係なく、配線がごちゃついた環境にも良さそう。(2024/5/31)

「シリーズ 企業革新」日立編:
日立の「1兆円買収」が加速させた日本企業のDX 顧客との「真の協創」へ
日立が再成長を果たした裏側に迫る連載の第5回は、GlobalLogic Japanのデジタルエンジニアリングエバンジェリストの後藤恵美氏に日本市場での今後の展望を聞いた。(2024/5/31)

PR:生成AIの活用でフロントラインワーカーの生産性を向上! 日立製作所の取り組みに迫る
(2024/5/31)

PR:ベネッセ、アジャイル開発の舞台裏 教育現場の“激変”にどう対応した?
(2024/5/30)

ドローン:
テラドローンがクラウド解析サービスをアップデート、データ管理機能を強化
Terra Droneは、自社開発のUAVレーザ「Terra Lidar」シリーズのクラウド解析サービス「Terra Cloud」について、データ管理の強化や点群ビュワーの拡張などのアップデートを行った。(2024/5/29)

コンパイル速度が2倍に、マルチプラットフォーム対応も進化:
「Kotlin 2.0」公開 次世代コンパイラ「K2」が安定版に
プログラミング言語「Kotlin」の最新メジャーバージョンとなる「Kotlin 2.0」が公開された。(2024/5/28)

越智岳人の注目スタートアップ(11):
穏やかなテクノロジーでスマートホーム市場を切り開くmui Lab
天然木の表面に情報が浮かび上がる、他の製品とは一線を画すユニークなスマートホームコントローラー「muiボード」を開発するスタートアップのmui Labに、これまでの歩みや事業の方向性、スマートホーム市場にかける意気込みを聞いた。(2024/5/28)

PR:IPオンリーでネット配信に革新をもたらす スポーツライブ配信のrtvが描くビジョン
(2024/5/28)

“コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」
ここ最近、新製品ではめっきり見る機会が減ってしまったコンパクトスマホ。「変わりつつあるコンパクトスマホの定義」について考えてみたい。いまや「iPhone 15」もコンパクトの部類に入りつつある。(2024/5/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
vivoの折りたたみ最上位「X Fold3 Pro」に触れる 薄くて高性能で、画面内指紋センサーにも対応
中国メーカーの折りたたみスマートフォンは、元祖折りたたみメーカーであるサムスンの製品を上回る性能と仕上げのモデルが次々と登場しています。vivoの「X Fold3 Pro」は折りたたみデザインながらも、ディスプレイに指紋認証センサーを内蔵。カメラもかなり高性能です。(2024/5/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。