「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Googleで「Wordle」を検索すると……
Googleで「Wordle」を検索すると、WordleのようなGIFアニメが表示される。Wordleは昨年公開され、人気急上昇中の英単語推測ゲームだ。検索結果トップにはオリジナルWorldeが表示される。(2022/1/24)

欧州議会、米ビッグテックのターゲティング広告を規制する法案「DSA」を承認
欧州連合の立法議会である欧州議会は、2020年に欧州委員会が発表した法案「Digital Services Act(DSA:デジタルサービス法)」を承認した。Google、Amazon.com、Meta(旧Facebook)などのプラットフォーム企業によるターゲティング広告関連の行為を規制する法案だ。(2022/1/24)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
とある無料「G Suite」ユーザーが直面した「Google Workspace」課金支払えない問題
実はここに有料化問題に直面している無料「G Suite」ユーザーがいるのです。(2022/1/21)

Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中との報道
GoogleがARヘッドセットの「Project Iris」を進めているとThe Vergeが報じた。2024年の発売を目指しているという。チームを率いるのはDaydreamのクレイ・ベイバー氏。(2022/1/21)

日本向けの展開は未定:
Windows PC版「Google Play ゲーム」のβテストが香港、韓国、台湾でスタート 「Instant Play」対応ゲームを中心に利用可能
Googleが2021年12月に突然発表した「Windows PC版『Google Play ゲーム』」。そのβテストが、アジアの3地域で始まった。日本での展開は現時点で未定だが、サービスに関する通知を受け取るメールサービスに登録することは可能だ。(2022/1/20)

Googleが無償版G Suiteの終了を予告 5月1日までに有償Google Workspaceにアップグレードを
米Googleは無償版G Suiteのサービス提供を2022年7月1日に終了すると発表した。無償版G Suiteは現行のGoogle Workspaceから一部機能を削除したもので、独自ドメインを設定したメールサービスも利用できることから人気を博した。(2022/1/20)

明日から使えるITトリビア:
几帳面な人ほど気付かない? スマホ版Chromeでタブを100個開くと現れるイースターエッグ
Google Chromeには、タブの数に関連したイースターエッグが存在することをご存じだろうか? あなたがまめにタブを消すようなきちょうめんな人ならば、一生それに気付くことはないかもしれない……。(2022/1/20)

無償版「G Suite」、7月1日に完全終了 有償「Google Workspace」への切り替え推奨
Googleは従来の無償版「G Suite」を7月1日に完全に停止する。2012年の提供終了後も既存ユーザーはそのまま使えていたが、有償の「Google Workspace」にアップグレードしないとアクセスできなくなる。(2022/1/20)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒理系学生の「希望の就職先」、人気度でGoogleを超えたIT企業は?
2023年に卒業予定の大学生・大学院生が「将来はここに就職したい」と考えている企業はどこか。学情が文系・理系別で集計、トップ30を発表。IT系の業種では、文系・理系ともにアマゾンジャパンがトップ(それぞれ22位と12位)だった。(2022/1/20)

新国立劇場が「Google Arts&Culture」で資料公開 劇場の参加は初
新国立劇場は、米Googleが運営する「Google Arts&Culture」で舞台衣裳や新国立劇場にまつわるデジタル資料のオンライン公開を始めた。劇場の参加は新国立劇場が初めて。(2022/1/19)

Googleによるリラックスサウンド「ホワイトノイズ」の変更に多数の苦情
GoogleのNestシリーズで再生できるリラックスサウンドの「ホワイトノイズ」の変化に複数の愛用者が苦言を呈している。ループが短くなり、“継ぎ目”が分かるため、入眠しにくくなったなどだ。(2022/1/18)

Googleで「ベティ・ホワイト」を検索するとバラの花びらが──故人の100歳の誕生日を祝して
1月17日にGoogle検索で「ベティ・ホワイト」を検索すると特別なエフェクトが表示される。100歳の誕生日目前に亡くなった女優のベディ・ホワイトさんの誕生日を祝すものだ。(2022/1/18)

「Safari 15」にWeb履歴やGoogleアカウント情報がリークする可能性のあるバグ 修正はまだ
AppleのWebブラウザ「Safari 15」に、ユーザーのWeb履歴や個人情報がリークする恐れのあるバグがあるとFingerprintJSが公表した。iOSとiPadOSの場合はAppleが修正更新するまで回避対策がない。(2022/1/18)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルがAndroidと他デバイスの連携を強化――垂直統合のアップルにどう立ち向かうのか
Googleが、Android端末とChrome OS/Windowsを搭載するPCとの連携機能を複数発表した。Appleが自社デバイスで推し進めるハードウェア間の連携機能の強化に対応するための措置だと思われる。ただ、Appleとは異なり水平分業モデルに近いGoogleは、もっと他社と協力を進めないと対抗しきれないかもしれない。(2022/1/17)

Pixel 6/6 Proの12月と1月のまとめアップデート配信開始
Googleが「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」の2021年12月分と2022年1月分をまとめた月例アップデートの配信を開始した。12月のアップデートは通信が切れる問題があったため、停止されていた。このアップデートで指紋認証も改善される見込みだ。(2022/1/15)

米バイデン政権、「Log4j」問題などを受けGAFAやOpenSSFなどを招いたOSSセキュリティ会議開催
米連邦政府は、昨年末に問題になった「Log4j」を契機に民間IT大手やオープンソース団体を招いたサイバーセキュリティ会議を開催した。Googleは会議後、オープンソースの資金調達と管理には政府と民間部門の協力が必要だと語った。(2022/1/14)

Fortnite、GeForce NOWのβ機能でiPhoneでのプレイが可能に
NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」のβ機能としてEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」のモバイル版の提供を開始する。これにより、いわゆる“Apple税”を巡る争いでAppleおよびGoogle Playストアから削除されたEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」をスマートフォンでプレイできる。(2022/1/14)

Googleさん:
Googleのスマートスピーカーがアップデートで使いにくく 特許問題のとばっちりで
「Google Home」アプリを最新版にすると、グループ化したスマートスピーカーの音量調節機能が不便になります。この機能が特許侵害だというSonosの訴えが認められたため。このまま使えなくなるのでしょうか。(2022/1/10)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第5回】
「Google Pixelbook Go」は仕事で使えるか? “Google純正Chromebook”の中身
「Chrome OS」の開発元であるGoogleが、自ら販売する「Google Pixelbook Go」。ビジネス向け「Chromebook」として、Google Pixelbook Goにはどのような特徴があるのか。簡潔に紹介する。(2022/1/9)

1月8日のGoogle Doodleはホーキング博士の声が人生を語る動画
Googleの検索トップページのロゴが1月8日、故スティーブン・ホーキング博士の80回目の誕生日を祝うものになった。クリックすると、博士が生前使っていた“声”によるナレーションの短い動画が始まる。(2022/1/8)

Google Docsユーザーは要注意 コメント機能を悪用したサイバー攻撃を観測
Google WorkspaceやGoogle Docsを使っている場合には注意が必要だ。送信元を隠してユーザーに悪意あるリンクを送付する方法が発見された。すでにこれを悪用したサイバー攻撃が確認されている。(2022/1/8)

Googleを特許侵害で提訴したSonosが勝訴 GoogleはNest端末の臨時対応を告知
Sonosが特許侵害でGoogleを提訴した裁判で、米ITCが最終判決を下した。Googleがスマートスピーカーに関する5つの特許を侵害しているという判断だ。Googleはユーザーに対し、「判決に対処するため、デバイスのセットアップ方法に変更を加えた」と告知した。(2022/1/7)

Google Chromeの最新バージョンがリリース 深刻度「緊急」の脆弱性を修正
Googleは最新バージョンの「Google Chrome」を配信した。深刻度が「緊急」(Critical)に分類される脆弱性が修正されている。迅速なアップデートの適用が求められる。(2022/1/7)

CES 2022:
Google、AndroidとWindows、スマートホームなどの連携機能を多数発表
GoogleはCES 2022に合わせ、「everything works better together on Android」な新機能を多数発表した。いずれも向こう数カ月中から年内実現の予定。一部のWindows PCで「Fast Pair」が利用可能になる。(2022/1/6)

APIセキュリティへの懸念【第1回】
大人気の「API」が抱える“危険”なセキュリティ問題とは?
企業がAPIを利用する機会が広がっている。その背景やセキュリティ面の懸念を、Googleのレポートに沿って解説する。(2022/1/6)

Google、セキュリティ企業Siemplifyを買収 クラウド事業に統合へ
Googleが「SOAR」を手掛けるセキュリティ企業Siemplifyを買収した。Google Cloudのセキュリティ部門に統合する。Siemplifyの直感的なプラットフォームで、企業の管理者はサイバー脅威に迅速かつ正確に対応できるとしている。(2022/1/5)

Pixelの1月月例更新開始 ただしPixel 6シリーズは除く
GoogleはPixelシリーズ対象の月例アップデートを公開した。脆弱性修正の他、緊急電話が発信できなくなる問題などに対処した。ただしPixel 6/6 Proの更新は1月下旬になる。(2022/1/5)

Androidの1月月例更新開始 「致命的」な1件含む35件の脆弱性修正
GoogleはAndroidの月例セキュリティアップデートをリリースした。「致命的」な1件を含む35件の脆弱性を修正した。(2022/1/5)

「Google Chrome 97」の安定版公開 危険度最高の脆弱性修正やデータ一挙消去ツール追加など
GoogleがWebブラウザの最新版「Chrome 97」をリリースした。危険度最高の1件を含む37件の脆弱性に対処した。訪問したWebサイトの権限をリセットし、データを一括削除する機能も追加された。(2022/1/5)

「Pixel 6/6 Pro」の12月更新一時停止 通話が切れるバグ発生のため
「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」の12月のソフトウェア更新の配信を一時停止したとGoogleが発表。バグがあったためで、このバグ修正を含む更新は1月下旬になるとしている。(2021/12/31)

2021年のデータ分析「3大ニーズ」とは?――Google Cloud調査
Google Cloudは2021年のデータ分析ニーズで顕著だった3つの要素を明らかにした。調査や開発、ビジネスモデルの構築など、幅広い用途を支えたそれらの中身とは。(2021/12/28)

Googleさん:
激動の2021年にGoogleはどう動いたか、振り返ってみた
2021年の終わりに、Google関連の出来事を振り返りました。コロナ禍でもスマートホームやスマートフォンの新製品をたくさん出し、規制当局の対応に追われた1年でした。(2021/12/28)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【前編】
Siemens Energyが「SAP ERP」をGCPに移行 その“エコ”な狙いとは
Siemens Energyはデータセンターの規模縮小を進めている。「SAP ERP」に加えて、製造部門やサプライチェーン部門に関連するデータを全て「Google Cloud Platform」に移行させる計画だ。その狙いは。(2021/12/27)

楽天モバイル、年末年始にキャリア決済で最大20%還元
楽天モバイルは、キャリア決済の利用で最大20%ポイント還元キャンペーンを開催。エントリーし、Google Play ストアやAndroidアプリ内での課金を初めて利用したユーザーが対象となる。期間は12月24日〜2022年1月31日9時59分。(2021/12/24)

今日のリサーチ:
「Google ビジネスプロフィール」の多店舗事業者における認知度は7割超――SO Technologies調査
多くの店舗を運営する事業者にとって「Google ビジネスプロフィール(旧Google マイビジネス)」は気になる存在になっている一方、運用には課題もあるようです。(2021/12/24)

CES 2022のリアル参加、Lenovo、Google、Waymo、Intel、GMなどもコロナでキャンセル
2022年1月5日からハイブリッド開催予定の「CES 2022」へのリアル参加キャンセルが相次いでいる。新たにLenovo、Google、Waymo、Intel、GM、AT&Tなどがキャンセルを表明した。主催するCTAはリアル会場のソーシャルディスタンスが保てるため「距離はあるが生産的なカンファレンスになる」としている。(2021/12/24)

Googleの“湯呑み型キーボード”に新バージョン 自作キーボードの標準的なマイコンボード「Pro Micro」採用
Google Japanが10月に公開した湯呑み型キーボード「Gboard 湯呑みバージョン」に、PCとの通信部品を変えた「Pro Microバージョン」が加わった。12月22日にGitHub上で設計図を公開した。(2021/12/23)

GoogleやFacebookの元幹部バーラ氏、新型コロナ検査キット販売企業のCEOに
Google、Xiaomi、Facebook(現Meta)の幹部を歴任したヒューゴ・バーラ氏が新型コロナ検査キットを手掛けるDetectのCEOに就任。FDAの緊急使用許可を取得した検査キットを15日に発売した。49ドルのキットはすぐに完売した。(2021/12/23)

2021年の最多トラフィックドメインはGoogleを抜いてTikTokに──Cloudflare調べ
CDN大手のCloudflareが、2021年に最もトラフィックが多かったのはTikTokだったと発表した。昨年7位だった同社はGoogleなどの米IT大手を一気に抜いた。(2021/12/22)

Google、「AndroidアプリをChromebookで使う人が50%増」
GoogleはChromebookでのAndroidアプリ利用が50%増えたと発表した。ChromebookではAndroid端末と「ニアバイシェア」でデータのやり取りが可能だ。(2021/12/21)

CIO Dive:
IaaS市場の熾烈な競争 マルチクラウド戦略を進めるGoogle Cloudに「勝ち筋」はあるか?
企業のクラウド利用が急増する昨今、IaaS市場をけん引するハイパースケーラーたちは、シェア拡大を目指して熾烈な競争を続けている。市場シェアではAWSやMicrosoft Azureの後手に回る「Google Cloud」に「勝ち筋」はあるか。(2021/12/20)

AlphabetのSidewalk Labs、Googleに吸収 CEOがALSで退任のため
Googleが2015年に立ち上げた都市生活改善企業Sidewalk Labsが終了し、Googleに吸収される。CEOのダン・ドクトロフ氏がALS(筋萎縮性側索硬化症)の可能性があると診断され、退任するためだ。(2021/12/17)

Innovative Tech:
テキストだけで、AIが3Dモデルを自動生成 米Googleなどの研究チームが開発
米Google Researchと米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、自然言語の記述のみからデジタル3Dオブジェクトを生成するZero-shot learningを使ったアプローチを提案。3Dの学習データを必要とせずに形状や色、スタイルを柔軟に制御する。(2021/12/17)

「Microsoft Loop」とは何か【後編】
「Microsoft Loop」はGoogleの“あれ”に類似? AI技術「Context IQ」とは?
専門家が「Microsoft Loop」に似ていると指摘するGoogleのツールとは何か。「Context IQ」とはどのような技術なのか。共同作業を支えるMicrosoftの製品・技術の“謎”に迫る。(2021/12/16)

キンドリルとGoogle Cloudがタッグ、GCPの活用でデータドリブン経営への変革を支援
キンドリルとGoogle Cloudは、企業のDX支援でパートナーシップを締結した。GCPのデータ、分析、AIソリューションなどを活用し、顧客企業の高度かつデータドリブンで持続可能なビジネスへの転換を支援する。(2021/12/15)

Google、「Android 12(Go Edition)」を2022年にリリース
Googleは「Android 12」のローエンド端末向けバージョン「Android 12(Go Edition)」を発表した。2022年中にリリースする計画だ。先代よりアプリ起動が30%速くなる他、Android 12の新機能も多数利用できる。(2021/12/15)

AI・機械学習のデータセット辞典:
SVHN:ストリートビューでの家の番地(数字)の画像データセット
データセット「SVHN」について説明。約10万枚(難易度が低いサンプルを含めると約63万枚)の「Googleストリートビューから切り抜いた家の番地における1文字分の数字」の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2021/12/16)

Googleがワイヤレス充電台「Pixel Stand」の第2世代を発売 急速充電対応で税込み9570円
Googleのワイヤレス充電対応のイヤフォン「Pixel Stand」の第2世代製品が12月14日に発売された。Pixel 6/6 Proの他、EEPに対応するQiデバイスにおいて急速充電を利用できることが特徴だ。(2021/12/14)

Google、Windows版「Google Playゲーム」アプリを2022年に提供へ
Googleは、2022年中にAndroid版ゲームハブアプリ「Google Playゲーム」のWindows版をリリースすると発表した。Windows搭載PCでAndroidゲームをプレイできるようになる。PCとスマートフォンやタブレットとでシームレスに続きをプレイできる。(2021/12/13)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Google、Microsoft、Adobe、IBM、Twitter なぜインド出身CEOはイケてるTech企業を導くのか?
その秘訣(ひけつ)はどこに? トップ企業の変革や成長を担うインド人CEOのパワーに迫る。(2021/12/13)

SDGs時代の企業IT【後編】
自社と顧客の脱炭素化を推進するGoogleのクラウド戦略
炭素排出量の削減は今後の企業価値に直結してくる。ITによる排出量の把握も必須になるだろう。Googleは炭素排出量を可視化し、排出量の削減を支援する機能を提供する。(2021/12/13)

石川温のスマホ業界新聞:
水平分業から変革を起こせたSnapdragonとAndroid――グーグルの垂直統合化にクアルコムは何を思う?
Qualcommが毎年開催しているイベント「Snapdragon Tech Summit」が今年も開催された。Googleのヒロシ・ロックハイマー氏も登壇したが、同社は「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」において自社開発のプロセッサを採用している。QualcommとGoogleの関係はこれからどうなっていくのだろうか?(2021/12/11)

「Google Play ゲーム」がWindows PCに対応 2022年から提供予定
GoogleがAndroid端末向けに提供しているアプリストア「Google Play ゲーム」が、2022年にWindows PCにも対応することが判明した。詳細は今後発表されるようだ。(2021/12/10)

実売6000円台のXiaomi「Mi スマートスピーカー」を試して分かったこと
シャオミ(Xiaomi)から、Google アシスタント対応のスマートスピーカーが登場した。税込みで実売6480円という手頃なモデルを使ってみた。(2021/12/10)

検索ランキングに“大谷旋風” GoogleでもYahoo!でも人物カテゴリーで1位に
「Yahoo!検索」で検索数が最も急上昇した人物や作品をランキング形式で表彰する「Yahoo!検索大賞2021」が公開された。大賞は大谷翔平選手で、Google検索ランキングの「話題の人」カテゴリーでも1位を獲得した。(2021/12/9)

2画面や大画面端末向け「Android 12L」の「Beta 1」リリース Pixel端末サポート
Googleが10月に発表した折りたたみやタブレットなど向けのアップデート「Android 12L」の「Beta 1」をリリースした。一部のPixel端末にもインストールできる。(2021/12/9)

ブロックチェーン技術でレジリエンスを強化するbotネット Googleが対策に乗り出し
Googleは大規模botネット「Glupteba」のテイクダウンオペレーションを実行している。同社はGluptebaの撲滅には技術的対応と法的措置双方のアプローチが必要だとし、ユーザー保護に取り組む姿勢を見せている。(2021/12/9)

2021年のGoogle検索急上昇ランキング 2位「大谷翔平」、3位「東京リベンジャーズ」
Google Japanが2021年のGoogle検索ランキングを発表した。20年と比較して21年中により多く検索されたキーワードを反映した「急上昇ランキング」では、「東京2020オリンピック」が1位となり、「大谷翔平」「東京リベンジャーズ」などが続いた。(2021/12/8)

「鬼滅の刃」がGoogle検索ランキングに入らなかった理由
Google Japanが「2021年Google検索ランキング」を発表した。しかし「鬼滅の刃」は「映画」カテゴリーにすらランクインしていない。なぜか。(2021/12/8)

Google、ブロックチェーン採用の悪質ボットネットGluptebaを妨害し、背後のロシア人を提訴
Googleは、悪質なボットネットGluptebaを破壊する措置を講じたと発表した。また、このボットネットを運営している2人のロシア人を提訴した。このボットネットはブロックチェーン技術で保護されているため、完全撲滅は難しいとしている。(2021/12/8)

「Pixel 3」以降でもボイレコの日本語文字起こしが使えるように
米Googleのスマホ「Pixel 6/6 Pro」向けに搭載していた一部機能を旧モデルにも展開する。ボイスレコーダーアプリの日本語文字起こし機能などがPixel 3以降でも使えるようになる。(2021/12/7)

Pixelの月例機能更新はセキュリティ以外でも82件 Pixel 6の指紋認証も改善
Googleが月例セキュリティ更新と共に、Pixelシリーズの機能の修正や改善のアップデートも実施する。「Pixel 6」シリーズの指紋認証の改善も含む。Pixel Standの位置合わせ改善など細かいものが全部で82件だ。(2021/12/7)

Google、Pixelの7つの新機能を「Feature Drops」として紹介
Googleは3カ月おきに発表する「Feature Drops」で、Pixelの7つの新機能を発表した。「この曲なに?」の手動検索や新壁紙などだ。「レコーダー」の日本語テキスト起こしが「Pixel 3」などにも対応した。(2021/12/7)

iOS端末でヘッドフォンから「Googleアシスタント」呼び出し不可に 12月7日から
12月7日から、iPhone/iPadと接続したイヤフォン/ヘッドフォンから米Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」を呼び出すことができなくなる。(2021/12/7)

Innovative Tech:
ビデオ会議のプロフィール写真を動かす技術 カメラオフでも誰を見ているか判別可能
米ニューヨーク大学と米メリーランド大学、米Googleの研究チームは、カメラをオフにしたビデオ会議で表示するプロフィール写真をアニメーション化する技術を開発。誰が誰を見ているかの視線移動をプロフィール写真でリアルタイムに反映する。(2021/12/7)

訓練なしにWebサイトを最大2倍速く読めるように Chrome用拡張機能を無償公開 日本ユニシス
日本ユニシスはがWebサイトの文字を読みやすくする「Google Chrome」用拡張機能プラグインを、2022年2月28日まで無償公開する。特別な訓練なしに文章を読むスピードが約1.5〜2倍に上がるとしている。(2021/12/6)

Googleを解雇されたAI倫理研究者、独自研究所DAIR設立 フォード財団などが支援
1年前にGoogleを突然解雇されたAI研究者のティムニット・ゲブル氏が独立したAI研究所DAIR(分散型AI研究所)を設立した。「AIの研究、開発、展開に対するビッグテックの広範な影響に対抗する」としている。(2021/12/3)

ASUS、設置場所に困らない省スペース設計の法人向けビデオ会議システム
ASUS JAPANは、省スペース筐体を採用した法人向けビデオ会議システム「ASUS - Google Meet hardware kit」を発表した。(2021/12/3)

Androidにこの冬追加予定の7つの新機能 BMWの「デジタル・キー」対応など
Googleは、Android端末で使えるようになる7つの新機能を紹介した。Googleアシスタントの「ファミリーベル」や新ウィジェットなどだ。BMWの「デジタル・キー」にも一部機種が対応する。(2021/12/3)

Google、2022年中に「Pixel Watch」(仮)発売か──Insider報道
Googleがオリジナルスマートウォッチを2022年中にも発売するとInsiderが複数の従業員の話に基づいて報じた。コード名「Rohan」の下、現在ドッグフーディング中という。(2021/12/3)

製造ITニュース:
製品の外観異常を判定するシステムに、AIモデル自動生成機能などを追加
沖電気工業は、映像AIを用いた「外観異常判定システム」にGoogle Cloudの「Visual Inspection AI」を組み合わせることで、AIによる学習モデルの自動生成と自律検査機能を追加した。(2021/12/2)

企業のタブレット活用は広まるのか
「Android 12L」と「iPad OS 15」がすごくてもタブレットが売れない理由
GoogleのタブレットOS「Android 12L」は、画面分割機能など大型ディスプレイでの利用を前提にした機能を豊富に搭載する。「iPad OS 15」との競争でタブレット市場は活性化するのか。アナリストは懐疑的だ。(2021/12/3)

バンキング型トロイの木馬が30万台以上のAndroidに感染か 国内金融機関も標的に
Androidを使っている場合、Google Play Store経由でインストールしたアプリであっても注意が必要だ。同ストアからインストールしたアプリを介して30万台以上のAndroidにトロイの木馬が感染したことが明らかになった。(2021/12/2)

組織に溝ができるリスクも 失敗しないハイブリッドワークのコツは
Googleの調査によると、ハイブリッドワークは、従業員のウェルビーイングにプラスの効果をもたらす一方、管理職と従業員との間に深刻なギャップを生じさせていることが分かった。ハイブリッドワークを成功に導く秘訣(ひけつ)とは?(2021/12/1)

Google、日本の公式Anroidアプリストアの「ベストアプリ 2021」と「ベストゲーム 2021」を発表
Googleは「Google Playストア」における2021年のベストアプリとベストゲームを国別に発表した。コロナ禍の影響もあり、ベストアプリはマンガアプリ「ピッコマ」が獲得した。(2021/11/30)

Googleが会話型AIを活用したビジネスチャットbotを提供開始
コロナ禍の影響で、企業とユーザがテキストメッセージでやりとりする機会が増えている。Googleがビジネスチャットを自動化するAIチャットサービスを提供開始した。(2021/11/29)

クラウドニュースフラッシュ
三菱重工がGoogle「Vertex AI」を選んだ理由 航空機製造でどう使っているのか
三菱重工業の航空機製造工場は、業務自動化のためにGoogle Cloud Platformの「Vertex AI」を採用した。同工場は機械学習をはじめとしたデータ活用にどう取り組んでいるのか。クラウドの主要なニュースを取り上げる。(2021/11/30)

MLBがGoogleと実現する試合データ活用【後編】
メジャーリーグが「AWS」ではなく「GCP」を使う理由
MLBはセンサーを活用して選手やボールの動きを追跡している。こうして得たデータの用途とは何か。データの処理と管理に「Google Cloud Platform」を使う理由とは。担当者に聞く。(2021/11/29)

Google、「プライバシーサンドボックス」で独立監視者任命を約束
英政府の競争規制当局CMAは、Googleから「プライバシーサンドボックス」に関する改善したコミットメントを受理したと発表した。独立した監視受託者の任命などが含まれる。CMAはこれについて12月半ばまで協議する。(2021/11/28)

「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」と「Tensor」の実力【後編】
Googleが「Pixel 6」で“脱Snapdragon”を決めた理由 専門家からは疑問も
Googleはスマートフォン「Pixel 6」で、SoCを従来モデルに搭載してきた「Snapdragon」から、独自開発の「Google Tensor」に置き換えた。同社が明かしたその理由に対して、疑問の声を上げる専門家がいる。(2021/11/28)

Googleさん:
タチコマのように並列化し進化する、 Google親会社の日常家事ロボット
多くの企業が「メタバース」を喧伝する中、Googleの親会社はロボット事業をXから独立させました。AIを駆使し、タチコマのように並列化することで、汎用ロボット開発の可能性が開けたそうです。(2021/11/27)

名刺作成サービス「Sansan名刺メーカー」単独利用可能に Google Workspaceにも対応
 Sansanは11月26日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオプション機能として提供している「Sansan名刺メーカー」を単独サービスとして提供すると発表した。これにより「Sansan」を導入しなくても「Sansan名刺メーカー」の利用が可能となる。(2021/11/27)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(57):
「A15 Bionic」はシリコンパズル、常に改良目指すApple
今回は、2021年9月24日に発売されたAppleの「iPhone 13」シリーズの内部の詳細を取り上げたい。その他、「Google Pixel 6 Pro」についても少し触れる。(2021/11/29)

Tech TIPS:
ひと手間増えたぞ、Windows 11のデフォルトブラウザ変更
Windows 11では、デフォルトのWebブラウザがMicrosoft Edgeになっている。さらに、Google ChromeやMozilla Firefoxなどの他のWebブラウザに変更するのも面倒になっている。デフォルトを、Microsoft Edgeから他のWebブラウザに変更する方法を紹介しよう。(2021/11/26)

「Pixel 6 Pro」のカメラは20倍ズームと画像処理がすごい! iPhone 13 Proとの画質比較も
今のスマホカメラの高画質を支えている「コンピュテーショナルフォトグラフィー」(演算処理)の雄といえば、Googleである。そのGoogleが独自に開発したプロセッサを搭載した「Google Pixel 6 Pro」のカメラは、すごいズームと魅力的な画像処理機能を備えているのだ。(2021/11/23)

Pixel 6が「技適不適合等」リスト入り 一部のデュアルSIM環境で緊急通報できない恐れ
総務省は、「技術基準への不適合等」の事例に米Googleのスマートフォン「Pixel 6」を追加した。米AppleのiPhone 13などで発生している、デュアルSIMの一部構成で緊急通報が出来ない問題がPixel 6でも発生するという。(2021/11/22)

総務省、グーグルのPixel 6を「技適不適合」へ 緊急通報で不具合
グーグルの最新スマートフォン「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」にて、緊急通報ができない不具合があることが分かった。(2021/11/22)

Googleの親会社Alphabet、「X」のロボット部門を「Everyday Robots」としてスピンアウト
Alphabetはムーンショット部門「X」のロボット事業を「Everyday Robots」としてスピンアウトした。既にプロトタイプ100体以上がGoogleのキャンパスを動き回っている。人間には簡単でもロボットには難しい日常業務を機械学習でで習得中だ。(2021/11/21)

暫定対応策あり:
Pixel 6/Pixel 6 ProでデュアルSIMを使うと「緊急通報」できない可能性 ソフトウェア更新で解決予定
Googleのスマートフォン「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」において、デュアルSIMを有効化した上で一定条件を満たすユーザーにおいて緊急通報が正常に行えない不具合が判明した。当面の間は緊急通報時に設定変更をする必要がある。(2021/11/19)

退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング」 3位「A.T.カーニー」、2位「グーグル」、1位は?
オープンワークは2018年1月〜21年10月の間に集まった4691社15万3302件のクチコミを元に、ランキングを作成した。(2021/11/19)

Google、「Pixel 6」シリーズの充電が遅いという苦情に公式説明
「Pixel 6」シリーズの充電速度が遅いという苦情を受け、Googleが充電方法について説明した。バッテリー寿命を延ばすため、バッテリーレベルが低い間は急速に充電し、フル充電に近づくと電力を徐々に減少させているとしている。(2021/11/19)

Google、充電スタンド「Pixel Stand(2nd gen)」の予約開始
Googleが「Pixel 6」シリーズと同時に発表した充電スタンド「Pixel Stand(2nd gen)」の予約がようやく開始された。発送は12月14日〜となっている。価格は9570円で、Pixel 6 Proは23Wで無線充電できる。(2021/11/19)

Google、「Pixel 6」シリーズの指紋認証問題を改善するアップデート
「認証が遅い」と苦情のあった「Pixel 6」シリーズに、指紋センサーの改善を含むアップデートが配信される。すべての取り扱いキャリア端末とロック解除モデルにロールアウト中だ。(2021/11/18)

Google Chromeの最新バージョンが公開 7件の「重要」な脆弱性を修正
Googleは最新バージョンの「Google Chrome version 96.0.4664.45」を配信し、深刻度「重要」(High)に該当する7件の脆弱性を修正した。(2021/11/17)

ルノーもファーストユーザー
Googleのデジタルツイン技術はサプライチェーンの課題を解決できるのか
Googleはサプライチェーンをデジタルツイン化する技術で製造業や小売業の課題を解決しようとしている。サプライチェーンには今どのような課題があり、それがどう改善するのだろうか。(2021/11/17)

Mobile Weekly Top10:
Pixel 6シリーズの指紋認証は遅い?/2024年1月から契約更新できないプランが出るかもしれない件
Googleのスマートフォン「Pixel 6シリーズ」において、指紋認証が「遅い」「通らない」という指摘が相次いでいます。本件に関連して、Googleデバイスの公式Twitterアカウントがその理由をリプライで解説しました。(2021/11/16)

Googleさん:
メタバースを声高にうたわなくてもGoogleは静かに進む
Meta(Facebook)の「メタバース」宣言に続いてMicrosoft、Niantic、Unity、Qualcommなどが一斉にこのバズワードを掲げる中、VRもARも手掛けてきたGoogleの動きは?(2021/11/12)

Social Media Today:
Googleの新しい検索アルゴリズム「MUM」で何が変わる?
視覚的な検索を強化。SEOの観点から留意すべきこととは?(2021/11/12)

Appleが9月に修正したCatalinaの脆弱性は香港市民への攻撃に悪用されていたとGoogle
GoogleのセキュリティチームTAGは、Appleが9月に修正したCatalinaのゼロデイ脆弱性について報告した。国家の支援を受ける犯罪者がこの脆弱性を悪用し、香港市民を攻撃していたとしている。(2021/11/12)

+Style、最大128GBのmicroSDカードに対応したセキュリティカメラとホームカメラを発売
+Style(プラススタイル)が、「+Style セキュリティカメラ」と「+Style ホームカメラ」を発売した。最大128GBのmicroSDカードに対応し、Google アシスタントやAmazon Alexaとも連携する。(2021/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。