「アプリケーション開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

Javaの10個のメリット【第2回】
「Java」は学びやすいって本当? 使われる納得の訳
「Java」は企業におけるアプリケーション開発の中心的存在だ。Javaのさまざまなメリットのうち、「性能」「習得難易度」の2つを取り上げる。(2024/2/21)

スマートビル:
オープン化で次世代の「ビルOS」構築 パナソニックと福岡地所が実証実験
パナソニック エレクトリックワークス社と福岡地所は、福岡市内で「次世代オープンビルプラットフォーム(ビルOS)」の実証実験を行っている。ビルOSを活用して管理スタッフの位置情報データAPIを生成。このデータをもとに業務管理アプリを開発して有効性を検証する。建物内の設備や人などの情報を統一的なAPIにより外部に提供する、新たな建物モデルの構築を進める。(2024/2/19)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

オープンソースツール「localllm」を利用:
Google、GPUを使わずCPUだけで生成AIアプリを開発する方法を解説
Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。(2024/2/13)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第4回】
「ローコード開発」の価値はユーザー次第 “隠れた才能”は誰?
ITに詳しくない従業員でもアプリケーションを開発できるようになるローコード/ノーコード開発ツールに、企業は期待を寄せている。自社のニーズを見失わずに、ローコード/ノーコード開発ツールを使いこなすには。(2024/2/13)

スマートビル:
スマートビル事業の拡大へ、エクシオグループがホテルOSや独自BASを持つ「X1Studio」と提携
エクシオグループは、IoTテクノロジーデザインやソフトウェアアプリケーションの開発を手掛けるX1Studioと、データセンターやスマートビルの事業拡大を目的に業務提携を締結した。(2024/2/7)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第3回】
「ローコード/ノーコード」の真の目的とは? 会社を変える“市民開発者”たち
事業部門の従業員がアプリケーションを開発できるようになることを期待して、企業はローコード/ノーコード開発ツールに目を向けている。メリットはそれだけではない。実際の導入事例を交えて説明する。(2024/2/6)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルがEUでサイドローディングの導入を渋々了承――日本は欧州が失敗してから導入しても遅くないはず
Appleが、iOS/iPadOSの新バージョンでEU(欧州連合)地域においてサードパーティーの「ストアアプリ」を介したアプリのインストールに対応する。いわゆる「サイドローディング」を事実上容認することになるが、仕組み上「超大手」のアプリ開発者でないとメリットを得られない。果たしてうまく行くのだろうか?(2024/2/4)

PythonとJavaScriptをサポート:
生成AIアプリ開発フレームワーク「LangChain」、安定版(v0.1.0)を公開
LangChainプロジェクトは、LLMアプリケーションを開発するためのオープンソースフレームワークである「Langchain」の安定版(v0.1.0)を公開した。(2024/1/29)

ユースケースごとの向き、不向きはあるのか:
Webアプリ開発における「MERN」スタックとは? 「MEAN」との違いは?
Web開発プロジェクトでは、適切なテクノロジースタックを選定することが極めて重要なステップになる。Web開発プロジェクトではMERNとMEANのどちらかを選ぶのが一般的だ。どちらを選ぶのが最適なのか。(2024/1/18)

ローコードで簡単に業務改善
英銀行が「ローコード」でアプリ開発 “うれしい成果”を生んだ方法とは?
英国の銀行Shawbrook Bankは、ローコード開発によってビジネスプロセス変革に取り組んだ。その具体的な方法と成果を解説する。(2024/1/17)

現場管理:
建設現場の巡回中に安全看板を作成できるアプリを開発 西松建設とクェスタ
西松建設はクェスタと共同で、建設現場の巡回中に携帯端末から安全看板を作成できるアプリを開発した。看板の印刷、指示書の作成時間を半減するとともに、設置忘れも防ぐ。(2024/1/17)

Apple Vision Pro向けアプリ開発ガイドライン公開 「AR/VR/XR/MRアプリと呼ぶなかれ」
Appleは、空間コンピューティングヘッドセット「Apple Vision Pro」向けアプリストアの開発者向けガイドラインを公開した。アプリは「空間コンピューティングアプリ」と呼び、AR/VR/XR/MRアプリと呼んではならないとしている。(2024/1/10)

クラウドでのシステム構築を成功させるには【後編】
クラウドネイティブな「ローコード開発」とは? リフト&シフトは駄目なのか?
クラウドアプリ開発を成功に導くためには、「クラウドネイティブ」の原則を実践することが効果的だ。押さえるべきポイントを紹介する。(2024/1/9)

問題点がメリットを上回るケースも:
開発者が注意すべき「マイクロサービスの問題点」、そのトップ10を解説
TechTagetは、「マイクロサービスの問題点」に関する記事を公開した。多くのメリットが得られるマイクロサービスだが、管理やコスト、デバッグの難易度などアプリケーション開発者が注意すべき点も多いという。(2024/1/5)

習うより慣れてほしい!:
PR:生成AIサービスも提供する「AWS」を初心者が学ぶには? “中の人”が教えるオススメ学習法
サーバやストレージ、モダンアプリケーション開発、さらには生成AIまでをカバーしているAWS。2023年12月時点で約250もの機能、サービスを提供しているAWSを一から学ぶにはどうすればよいのか。AWSトレーニングサービス本部のマネージャーにオススメの学習方法を聞いた。(2024/1/5)

CEプロジェクトに関わる開発者は440万人:
コンシューマーエレクトロニクスを支えるソフトウェア開発者、その動向を探る
SlashDataが発表した調査レポート「State of the Developer Nation 25th Edition」は、コンシューマーエレクトロニクスの分野におけるアプリケーション開発者について、経験や他部門との関わりを比較することで、彼らのプロフィールを探ったものだ。本記事ではレポートの内容を紹介する。(2023/12/27)

エッジコンピューティング:
軌道上衛星におけるエッジコンピューティングの実証に合意
Space CompassとMicrosoftは共同で、軌道上衛星のコンピューティング環境で動作するソフトウェアの開発と実証に取り組む。地球上の特定場所における船舶を、衛星からリアルタイムに検知するアプリケーションを開発する。(2023/12/26)

マテリアルズインフォマティクス:
レゾナックが量子化学計算に比べて数千倍速く物性を予測可能なアプリを開発
レゾナックは、ディープラーニング技術を用いたAIと膨大な蓄積データを用いるケモインフォマティクスアプリを独自開発し、運用を開始した。(2023/12/22)

Apple、アプリ開発者向けサブスク料金割引機能のテスト開始
Appleは、アプリ開発者向けにサブスク料金割引をユーザーにオファーできる「contingent price」のテストを開始した。1月に詳細を発表する計画。(2023/12/18)

製造ITニュース:
「S/4HANA」のデータ活用した生成AI開発にも対応、SAPが新ツール提供開始
SAPジャパンは2023年11月28日、生成AI(人工知能)アプリケーションの開発者を支援するツールなどを新たに発表した。アプリケーションの統合開発環境に、生成AIアシスタントによるアプリケーションの開発支援機能を搭載するなどした。(2023/12/11)

AIでローコード/ノーコード開発ツールはどう変わるか【後編】
「AI」で便利になるローコード/ノーコード開発ツール 何ができる?
ローコード/ノーコード開発ツールは、開発者ではないエンドユーザーでもアプリケーション開発を可能にする。さらにAI技術を組み込むことで、そのメリットはどう広がるのか。(2023/12/8)

製造ITニュース:
OKI、エッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリの開発ツールを提供
OKIは、ロボットやさまざまなエッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリケーションの開発ツール「ROMBOX SDK」を提供する。同社のリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」と連携して活用できる。(2023/12/7)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(3):
T3 Stackに新たなORMの選択肢Drizzleが登場、Prismaよりも先鋭的?
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第3回はT3 Stackで選択できるORM、Drizzle-ORMについて解説する。(2024/1/23)

生成AIにも(当然)対応:
Oracle Database 23cは「開発者に寄り添う」? 開発総責任者に聞いた
「Oracle Database 23c」が正式にリリースされた。この最新版Oracle Databaseは、アプリケーション開発をシンプルにすることがテーマなのだという。どういうことなのかを、開発総責任者に聞いた。(2023/11/30)

伊藤忠グループから生成AIを学ぶ教育サービス 1人当たり7万1500円
伊藤忠グループのCTCテクノロジーが、生成AIを活用したアプリ開発の教育サービスを始めると発表した。料金は1人当たり7万1500円(税込)。(2023/11/22)

ドローン:
国産ドローン「SOTEN」の拡張性を高めるオープンなSDKを共同開発
フィックスターズは、ドローンの拡張性を高めるオープンなソフトウェア開発キットの開発に向けてACSLと協業する。両社が人材や技術などを相互に提供し、実用性の高いアプリケーション開発のための環境整備を共同で進める。(2023/11/22)

ノーコードの進化:
“アプリ開発民主化時代”がすぐそこに 世界で注目を集めるBubbleの取り組み
「IT人材不足」などを解決するとして注目を集めるノーコードツール。その中でも特に有名なのがBubbleだ。本稿では同社のユーザーカンファレンスで語られた「ノーコードの未来」を紹介する。(2023/11/20)

システムテストや統合テストとどう違うのか:
DevOpsチームとQAチームが注目 CIとCDの間にある「CT」とは
CI/CDはアプリケーションの開発とリリース、改善のサイクルを高速化する。この「開発すること」と「リリースすること」の間には「品質を保つこと」という重要な要素が隠れている。本稿は、品質を高く保つために有効な「継続的テスト」(CT)について解説する。(2023/11/20)

AWS、生成AIアプリの開発を体験できる「Party Rock」公開 プロンプトで指示するだけ
米Amazon Web Servicesが、生成AIを活用したアプリの作成をプログラミングなしで体験できるWebサイト「Party Rock」を公開した。(2023/11/17)

オンプレミスでの生成AIアプリ開発を容易に:
VMwareが生成AI関連でGoogle Cloudと共同発表、AlloyDBをオンプレミスでサービス化
VMwareとGoogle Cloudは、「企業のオンプレミスでの生成AI活用を容易にする」として、協業を発表した。AlloyDBのAI関連機能を生かしたアプリ開発を、IT管理者、データ管理者、開発チームが連携して迅速に進められるという。(2023/11/13)

「コンテナに対応した仮想アシスタントは実は少ない」:
Dockerが生成AI競争に参戦 有識者が「可能性を感じるが拡張は必要」と指摘する要素とは?
TechTargetは、Dockerの生成AIに関する記事を公開した。Dockerは、LLMと「Docker AI」を使用するアプリケーション開発に役立つ“事前構築済みのツールセット”を携えて、生成AIという時流に乗り込もうとしているという。(2023/11/9)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
JavaScriptの代わりでも後継でもない「TypeScript」の“真の役割”
「JavaScript」と「TypeScript」は、Webアプリケーション開発に欠かせないコンピュータ言語だ。両者の共通点や違い、お互いに対する役割とは何か。(2023/11/9)

TVer、生年月や性別などの情報を漏えい 個人の特定につながる情報は含まれず
「TVer」は、ユーザーの生年月や、性別などの情報を誤って広告企業(外部)へ提供していたことを明らかにした。TVerは、民放のテレビ番組を配信するサービス。情報の漏えいは、アプリ開発における人為的なミスが原因という。(2023/10/27)

「最高の開発者体験」の実現に向けて:
PR:Spring Boot 2系のOSS版サポート終了を、モダンなアプリ開発環境を手に入れる“絶好のチャンス”とするための選択肢とは
JavaとSpring Bootの進化は止まらない。Spring Boot 2系のOSS版サポート終了を、モダンなアプリケーション開発・運用を加速する“絶好のチャンス”として生かすにはどうすればよいのか。その決断をするのは今だ。(2023/10/24)

「Neo4j」「LangChain」「Ollama」とともに発表:
Docker、生成AIアプリの開発環境構築を容易にする「GenAI Stack」を発表
Dockerは「GenAI Stack」を発表した。生成AIによるアプリケーション開発に必要な開発環境が、Dockerコンテナを通じて連携可能な状態で提供されるものだ。「GenAI Stack」の概要や入手方法などを紹介する。(2023/10/25)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(1):
RustでWebアプリの実装にチャレンジしてみよう【準備編】
Rustを使った「Webアプリ」の開発はどのようなものになるのでしょうか? 本連載のスタートとなる今回は、アプリ開発の下準備として、Rustの現状を踏まえた連載の目的を紹介し、Webアプリ開発環境の構築を通じて、Rustのプロジェクト管理の基本をおさらいします。(2023/10/20)

「相談を待っているだけでは駄目」:
導入で得られたのは「2つの効果」と「2つの教訓」 JALが模索する“事業部門を巻き込んだ業務アプリ開発の最適解”とは
ローコード/ノーコード開発ツールにメリットがあることは言うまでもないが、IT部門にとって気になるのが「導入しても活用できるのか、しっかりと定着するのか」といった点だ。導入しても、いつも同じ人が開発していたり(属人化)、業務に合わず使われなくなったり(陳腐化)するのでは意味がない。ではIT部門として、どういったアプローチを採るべきなのか。(2023/9/27)

セキュリティインシデントの原因となる「安全ではないAPI」をどう減らすか:
アプリケーション開発で「APIセキュリティ」を考慮すべき理由
ビジネスニーズを満たすために、APIを活用する機会は増している。だが、セキュリティのツール、プロセス、スキルセットはAPIの活用に追い付いていない。企業のAPIセキュリティについて調査したEnterprise Strategy Groupでシニアアナリストのメリンダ・マークス氏に話を聞いた。(2023/9/26)

JavaScriptとTypeScriptの違い【第6回】
TypeScriptがいくら便利でも「JavaScript」がなくならないのはなぜ?
Webアプリケーション開発の手段として広く浸透している「JavaScript」。その代替や、より優れた選択肢として「TypeScript」を捉えることは、必ずしも正しくない。両者の“真の関係性”とは。(2023/9/24)

JavaScriptとTypeScriptの違い【第5回】
JavaScriptで消耗した人が「TypeScript」を使いたくなる6つの理由
Webアプリケーション開発に広く使われている「JavaScript」。その不足点を補うことを目指して生まれた「TypeScript」は、機能面においてどのようなメリットを持つのか。(2023/9/17)

Salesforceが「Einstein」の次世代版を発表 ユーザーによるAIアプリ開発が可能に
SalesforceはCRMの課題解決に向けたAI「Einstein」の次世代版と関連サービスを発表した。顧客のAIによる業務利用を推進し、新しいCRM体験を創出する狙いがある。(2023/9/15)

VR/AR/MRニュース:
ARを用いて実物と3Dモデルの形状差分をリアルタイムに表示
アビストは、ARを用いてリアルタイムに形状差分を表示できるアプリケーションを開発した。iPad ProのLiDAR機能を使って実物の製品を認識させ、3D CADモデルと高精度に重ね合わせることで形状の差異を認識できる。(2023/9/13)

開発から公開までに3年、何に取り組んでいたのか:
GitHubが「GitHub Copilot」開発で得た教訓、LLMアプリケーション開発のベストプラクティスとは
GitHubは、「GitHub Copilot」の開発から公開における同社の経験を振り返り、個人と企業の両方に大きな価値を提供するLLM(大規模言語モデル)アプリケーションの開発に役立つ教訓として紹介した。(2023/9/12)

アプリがどれだけビジネスに貢献するかの判断指標になる:
頭の片隅に置いておきたい アプリ開発を成功させる「10のメトリクス」
ポール・ナシャワティ氏はWebメディア「TechTarget」にて、アプリケーションのパフォーマンスを測定する10の指標(メトリクス)について解説した。同氏は「アプリケーションの成功は、適切なメトリクスの選択にかかっている」と語る。(2023/9/12)

製造ITニュース:
より誰もがアプリ開発に参加できる環境を、Mendixがローコード基盤の新版公開
アプリケーションのローコード開発プラットフォームを展開するMendixは新バージョンである「Mendix10」の機能を発表した。(2023/9/11)

人工知能ニュース:
Metaの大規模言語モデルを活用してエッジデバイス向け生成AIを開発
MediaTekは、Metaの大規模言語モデル「Llama 2」を同社の最新APUやNeuroPilot AI Platformと連携させ、エッジデバイス用AIアプリケーションの開発に活用する。(2023/9/5)

アプリ開発の認証基盤で変わるトレンド
IDaaSの一歩先を行く「認証基盤」 押さえるべき4要素とそれを満たす選択肢とは
認証基盤の実装はアプリケーション開発の中でも面倒な部分であり、いかに手間なくセキュリティを強化するかが大きな課題となっている。そこで導入が進んでいるのがIDaaSだが、その選定の際にはどのようなポイントを押さえるべきか。(2023/9/6)

現場管理:
NTT Comと竹中工務店、清水建設が労働時間を3割削減する「施工管理DX」へ 年度内に業務アプリを順次外販
NTTコミュニケーションズと竹中工務店、清水建設の3社は、施工管理で扱われるデータの粒度を標準化し、工程や作業調整、日報などの各種業務アプリの開発に、2023年度内の販売展開も視野に入れ着手した。(2023/8/29)

JavaScriptとTypeScriptの違い【第2回】
「JavaScript」はいつ、なぜ生まれた? “大人気言語”の知られざる歴史
Webアプリケーション開発において不可欠な存在となった「JavaScript」。その誕生の背景には何があったのか。JavaScriptの歴史を振り返ろう。(2023/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。