「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

車内の子ども置き去りを防ぐ「こまもり」、オートバックスで独占先行販売
オートバックスセブンは、車内の子ども置き去り事故を防ぐ「こまもり」を独占先行販売。ビーコン(デバイス)とスマートフォンを連動させ、置き去りの危険性を検知するとアプリが警告音とメッセージで知らせる。(2024/5/27)

オンラインで即時発行できる「エディオンカード」提供 最大5000ポイント還元も
エディオンと三井住友カードは、オンラインで即時発行が可能な「エディオンカード」を発行。最短5分で自身のスマホやアプリなどの操作でカード番号を確認でき、当面はWebかつ新規入会のみ受け付ける。(2024/5/27)

2028年の売上額は7兆円超え:
生成AIのアプリ組み込み、サイバーセキュリティへの投資が継続 IDCが国内ソフトウェア市場を予測
IDC Japanは、国内ソフトウェア市場の実績と予測を発表した。2023年の売上額は対2022年比で9.5%増の4兆6824億8200万円。また、AIプラットフォームが高成長しており、対2022年比で58.8%増加していた。(2024/5/27)

Android版「YouTube Music」にAI鼻歌検索機能
Googleの「YouTube Music」のAndroidアプリで、鼻歌検索が可能になった。Google検索とYouTubeアプリでは既に利用可能な機能だが、プレイリスト登録などで便利だ。(2024/5/26)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか
KDDIが、AndroidスマートフォンにおいてGoogleの「Googleメッセージ」をSMS/RCSアプリとして標準採用することを決めた。KDDIといえば、NTTドコモやソフトバンクと共通のRCSサービス「+メッセージ」を主導してきた立場なのだが、旗振り役がハシゴを外すという展開は、どうなのだろうか。(2024/5/26)

SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、NAS機能付きTVレコーダー「nasne」のうち、自社製のもののサポート業務を終了することになった。これに伴い、同社製nasne向けのアプリ類も2027年7月末をもって一部機能が利用できなくなる。とりためた番組は、バッファロー製の「nasne」にダビングすることで移行可能だ。(2024/5/24)

車載ソフトウェア:
SDV開発を推進する車載Linuxプラットフォームの最新バージョンを発表
Linux Foundationは、最新版のAGLプラットフォーム「Unified Code Base(UCB) 17.0」をリリースしたと発表した。クラウドネイティブ機能やRISC-Vアーキテクチャ、Flutterベースのアプリケーションを追加している。(2024/5/24)

メルカリ「価格決めずに」出品できる機能追加 背景に出品者のストレス
フリマアプリ大手のメルカリは5月22日、新機能「価格なし出品」の提供を開始した。商品の価格を決めなくても出品できる機能で、価格設定や価格交渉に関するユーザーの課題を解消する狙いがある。(2024/5/24)

スクエニ、スマホアプリ「ドラゴンクエストけしケシ!」もサービス終了へ リリースから2年半
スクウェア・エニックスは23日、スマートフォン向けアプリ「ドラゴンクエストけしケシ!」のサービスを7月31日をもって終了すると発表した。(2024/5/23)

スマホアプリ「ドラゴンクエスト チャンピオンズ」が終了へ 開始から1年未満で発表
スクウェア・エニックスは、スマートフォン向けアプリ「ドラゴンクエスト チャンピオンズ」(iOS/Android)のサービスを7月30日で終了すると発表した。(2024/5/23)

PayPayカード、最短1分でApple Payへ設定可能に カード情報の入力が不要に
PayPayカードを最短1分でApple Payへ設定可能に。Apple Payへの設定が、PayPayアプリ内で完結する。カード情報の入力が不要になり、より簡単に設定できるという。(2024/5/23)

“AIにおけるWin32”を提供:
「Copilot+ PC(そしてWindows)はAIアプリケーション開発の強力なプラットフォーム」、ナデラCEOがBuildで説明
Microsoftは、Copilot+ PCで進化するWindowsが生成AI戦略における重要な柱であることを、Microsoft Buildで強調した。Windows Copilot Runtimeでローカル生成AIアプリ開発のためのAPI群を順次リリースする。(2024/5/23)

AEON Payで請求書払いが可能に コンビニなどへ出向かずに済む
イオンの決済サービス「AEON Pay」が請求書払いに対応した。請求書に記載のバーコードか二次元コードの読み取りと支払いがアプリで完結する。コンビニなどへ出向かずに公共料金を支払える。(2024/5/23)

BTS擁するHYBE発 1億DL超“推し活”アプリ「Weverse」がエンタメの常識を覆すワケ
(2024/5/23)

「ユーザーが価値を感じる機能」に注力する手法:
テスト駆動でもデータ駆動でもない 「機能駆動開発」とは何か
TechTargetは「機能駆動型開発」に関する記事を公開した。機能駆動型開発は、アプリケーションの機能を中心にプロジェクトを構成することでアジャイルの原則を開発プラクティスに持ち込む。(2024/5/23)

メンテナンスコストを削減するサーバ&OS選定のポイント:
PR:メーカー成功事例から探る、医療・産業機器のサーバ&OS運用コストの削減方法
昨今多くの産業機器がサーバと組み合わせて利用されているが、課題となるのがOS更新によるアプリケーション検証など、納品した後のメンテナンスコストだ。製品の付加価値向上とコスト削減を両立させるサーバとOSの活用方法を紹介する。(2024/5/21)

プロに学ぶ「第三者検証」のすすめ
「バグを憎んで人を憎まず」 安全安心なシステムやアプリの作り方
日々多くのデジタルコンテンツが生み出される今日。セキュリティやバグなどの品質に関わるリスクを減らし、ユーザーに快適に利用してもらえるようにするために企業が取るべきアクションとは。第三者検証の必要性と可能性を考える。(2024/5/23)

PayPay、5月15日発生の障害は「データチェックの高負荷」が原因 サイバー攻撃は否定
PayPayは、2024年5月15日に発生した障害に関して報告。ユーザーのアプリと決済システムの間にある中継サーバーでのデータチェックが高負荷となり、アプリの機能処理に影響が発生したため一部ユーザーが利用できなくなったという。(2024/5/22)

スタバ、「App Clip」を導入 「会員登録・アプリ」不要でレジに並ばず購入可能に
スターバックス コーヒー ジャパンは、Appleが提供する「App Clip」を東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、愛知県の約1000店舗に導入する。(2024/5/22)

スターバックスのモバイルオーダー、会員登録やアプリ不要に Apple「App Clip」導入で
スターバックス コーヒー ジャパンは5月22日から、会員登録などをせずに「Mobile Order & Pay」(モバイルオーダー&ペイ)を利用できるようにする。従来は会員登録やアプリのインストールが必要だった。Appleの「App Clip」を導入することで、iPhoneのカメラで店舗のApp Clipコードを読み込むだけで注文可能になる。(2024/5/21)

15日のPayPay大規模障害は「サイバー攻撃によるものではない」 原因は?
PayPayは5月15日昼に起きた大規模障害について、原因の調査結果を発表した。サイバー攻撃によるものではなく「ユーザーのアプリと決済システムの間にある、中継サーバでのデータチェックが高負荷となり、アプリの機能処理に影響が発生した」(同社)ことによる障害だったという。(2024/5/21)

スタバ、iPhoneで店頭のコードを読むとレジに並ばず購入可能に 会員登録やアプリも不要 アップルの「App Clip」導入で
スターバックス コーヒー ジャパンは、東京や大阪などの約1000店舗で、22日から米Appleの「App Clip」を導入すると発表した。(2024/5/21)

スマホアプリ「テイルズ オブ ザ レイズ」がサービス終了へ 7年の歴史に幕 今後はオフライン版を提供
バンダイナムコエンターテインメントは、スマートフォン向けアプリ「テイルズ オブ ザ レイズ」のサービスを7月23日で終了すると発表した。(2024/5/21)

GUIテストの自動化:
PR:手間もコストもかかるGUIのテストはどうすれば自動化できるのか
GUIを搭載するアプリケーションや機器の市場が拡大し、GUIのテストの効率化がソフトウェア開発者の課題になっている。そこで役立つのが、GUIテストの自動化が可能なQt Groupの「Squish」(スクイッシュ)だ。(2024/5/21)

「GU感謝祭」5月24日スタート シャーリングTなど夏のトレンドアイテムが感謝価格で登場
アプリ会員向けのクーポン配布も。(2024/5/20)

遠隔臨場:
遠隔臨場用アプリケーションとウェアラブルカメラが連携 ブレのないスムーズな現場確認が実現
ザクティの業務用ウェアラブルカメラと、建設システムの建設業向け遠隔臨場用アプリケーション「遠隔臨場 SiteLive」が連携を開始する。遠隔臨場での効率性や快適性の向上に寄与する。(2024/5/20)

愚痴を書いて消してスッキリ スマホアプリ「愚痴フリー」がストレス解消に良さそう
キラキラしたエフェクトが書いた愚痴を浄化。(2024/5/20)

スタバでシステム障害 モバイルオーダーなど使えず【復旧済み】
スターバックス コーヒー ジャパンは5月20日、システム障害により、スマートフォンアプリから商品を注文できるモバイルオーダーなどが利用できない状態だと発表した。(2024/5/20)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト
脆弱性診断の内製化を阻む3つの壁を解消、失敗/成功事例に学ぶ実践のポイント
サイバー攻撃のリスクが高まる昨今、WebサイトやWebアプリケーションに対する脆弱性診断の重要性が高まっている。しかし、脆弱性診断を外注するとなると費用も期間もかかり過ぎてしまう。そこで注目されているのが、脆弱性診断の内製化だ。(2024/5/20)

「標準搭載してほしい」 写真のタテ・ヨコをAIが自動で修正するiOSアプリがあまりに便利と話題
カメラロール内の写真を一括で処理できます。(2024/5/18)

LINEの「スタンプアレンジ機能」、履歴からの送信が可能に アレンジしやすいスタンプ特集も
コミュニケーションアプリ「LINE」内で提供開始した「スタンプアレンジ機能」で、履歴からの送信が可能に。一度アレンジして送信したスタンプはトークの履歴タブに自動で保存され、履歴タブから再度使うことができる。(2024/5/17)

さらばTwitter……Web版のURL、ついに「x.com」に 青い鳥の名残消える
アプリではx.comになっていましたが、Web版はtwitter.comのままになっていました。(2024/5/17)

Nothing、全オーディオ製品へChatGPTを統合 Nothingスマホとペアリングで直接対話が可能に
英Nothing Technologyは、全オーディオ製品へChatGPTを統合。5月21日のNothing Xアプリのアップデートを通じて利用可能となり、NothingのスマートフォンとペアリングするとChatGPTと直接対話できるようになる。(2024/5/17)

現場管理:
工事写真の撮影/管理を効率化するアプリをアドバンスト・メディアが開発
アドバンスト・メディアは、画像/文字/音声認識を活用して配筋写真撮影の事前準備を省力化するアプリ「AmiVoice 配筋TORUZO」に新機能を追加し、建設工事全般の写真管理を効率化するアプリ「AmiVoice 写真TORUZO」を開発した。(2024/5/17)

緑内障の早期発見へゲームアプリと医療行為を連動 東北大などが日本初の試み
失明率の高い緑内障の早期発見・治療を可能にするため、東北大と仙台放送、日本生命、仙台市は16日、視野をチェックできるスマートフォン用のゲームアプリ「メテオブラスター」VR版と移動眼科検診を連動させた取り組みを5月からスタートすると発表した。ゲームアプリと医療行為を一体化させるのは日本初の試みという。(2024/5/17)

Threads、往年のTweetDeck的なフィード(タイムライン)のテストを開始
MetaはSNS「Threads」のWebアプリで、TweetDeck(現XPro)のようなUIのテストを開始した。「おすすめ」や検索、興味のあるトピックをカラムにして固定できる。(2024/5/17)

ブラウザだけでフルスタックのアプリ開発を開始できる:
Google、WebベースIDE「Project IDX」のβ版を提供開始
Googleは、さまざまなプラットフォームにわたって迅速、簡単にアプリケーションを構築、展開できるWebベースの統合開発環境「Project IDX」のβ版を提供開始した。(2024/5/17)

Googleに聞く「Google メッセージ」日本展開の意義 AppleのRCS対応は「非常に楽しみにしている」
Googleが「Google メッセージ」日本導入を発表。既にサービス自体は始めていたが、同アプリが標準搭載されている端末はPixelシリーズなどの一部にとどまっていた。今後は、KDDIが販売する端末にGoogleメッセージをプリインストールし、日本での普及を加速させていく構えだ。(2024/5/16)

すかいらーくグループ対象店舗で「楽天ポイント」が2倍たまるキャンペーン 5月23日から
楽天ペイメントは、5月23日から「楽天ポイントカード」と「すかいらーくアプリ」のポイントバーコードを両方提示すると楽天ポイントが2倍になるキャンペーンを開催。期間は6月30日まで。(2024/5/16)

38歳独身のイケメンアナ、マッチングアプリの“なりすまし”に注意喚起 「きちんと出会いたい方々にも失礼」と苦言呈する
「写真が私でも、私ではないです」(2024/5/16)

ClaudeのiOSアプリを発表したAnthropic、Instagram創業者のクリーガー氏をCPOに迎える
Anthropicは、Instagramの共同創業者、マイク・クリーガー氏をCPO(最高製品責任者)として迎えると発表した。クリーガー氏はInstagram退社後、AI採用SNSを立ち上げたが2月にYahooに売却した。(2024/5/16)

iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay on iPhone」開始 クレカやApple Payで決済
Squareは、事業者向けに「iPhoneのタッチ決済(Tap to Pay on iPhone)」の提供を開始。iPhoneとiOSアプリ「Square POSレジ」をインストールすれば、タッチ決済対応のクレジットカードなどを利用できる。(2024/5/16)

KDDIが「Google メッセージ」をAndroid端末に採用 「RCSの普及とユーザー体験向上を目指す」
KDDIが5月16日、「Google メッセージ」をAndroid端末の標準アプリとして追加採用することを発表した。Googleが表明しているグローバル標準のRCSの取り組みに賛同し、AI技術なども活用しながらユーザー体験向上を目指すとしている。Android端末への採用時期は、あらためて告知する。(2024/5/16)

「夜の薬は飲んだわよね?」 かあちゃんがしつこく聞いてくるアラームアプリが便利そう
決めた通りに飲むとオカンが褒めてくれます。(2024/5/17)

2台のPCを“直結”して高速データ転送と画面共有を実現――Intelが「Thunderbolt Share」を発表 対応製品は2024年後半に登場予定
Intelが、2台のThunderbolt 4/5対応PCを直結して「高速データ転送」と「キーボード/マウス/画面共有」を行えるアプリを提供する。利用には、アプリのライセンスを持つPC、または周辺機器を用意する必要がある。(2024/5/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(8):
RustとDioxusでSPAを新バージョンに対応させよう
第8回では、2024年3月末のDioxus 0.5リリースに合わせて、機能変更のポイントをWebプラットフォームに絞って紹介し、第7回で作成したアプリをバージョン0.5対応となるように修正します。(2024/5/16)

無料なのに高機能、カメラアプリ「Blackmagic Camera」のAndroid版を見てきた 対応スマホは?
豪Blackmagic Designの無料カメラアプリ「Blackmagic Camera」。5月15日から16日にかけて、同社の日本法人が開催する自社イベント「BLACKMAGIC DAY」にて、Android版を展示中だ。もともとは「2024 NAB Show」でお披露目したもので、日本での公開は今回が初という。(2024/5/15)

偽造マイナ問題、カードの目視確認→IC読み取りで対策 河野大臣「スマホ用IC読み取りアプリを検討」
河野太郎デジタル大臣は記者会見で、スマートフォンでマイナンバーカードのICチップを読み取り、本人確認ができるアプリの開発を検討していると述べた。目視ではなく、ICチップの読み取りによる本人確認を推進することで、偽造カードの利用を防止する。(2024/5/15)

スマホでゲームを選んで音質設定できるSteelSeriesの最新ヘッドセットが登場 「Arctis Nova 5」が24日に発売
スマートフォンアプリ「Arctis Nova 5 専用アプリ」と連携するSteelSeriesの最新ヘッドセットが24日に発売する。(2024/5/15)

現場管理:
施工管理アプリ「ミライ工事DX」にアルコールチェックと運転日報の新機能、JPTS
J-POWERテレコミュニケーションサービスは、ミライ工事とともに、施工管理アプリ「ミライ工事DX」にアルコールチェックと運転日報の新機能を開発した。(2024/5/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。